D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校・大学・社会人野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





前橋育英(群馬)皆川喬涼外野手(3年)がスーパーキャッチと好リリーフで勝利に貢献した。 「3番中堅」で先発出場。5回表、中村・岡本の飛球をバックしてジャンピングキャッチ。6回には先発の丸山が先頭打者に安打を許すと2番手で登板。140…


21世紀枠で出場の多治見(岐阜)と中村(高知)が相次いで敗れた。 第2試合に登場した多治見(岐阜)は甲子園で春夏優勝経験のある報徳学園(兵庫)と対戦。本塁打を含む21安打を浴び0−21で大敗した。 第3試合には40年ぶり出場の中…

  甲子園


今センバツ限りで勇退する永田裕治監督(53)率いる報徳学園が21点の大勝で初戦を制した。 永田監督は「最高です。選手に感謝しかない」と喜んだ。 打線が21安打、2回の打者一巡など止まらなかった。9回に大会第5号となる本塁打を放った…


21世紀枠の多治見(岐阜)が21安打を浴び、21失点で完敗した。 0−2の3回には3失策も絡み、打者12人6安打で8点を奪われる猛攻にあった。先発のエース河地京太投手(3年)、柘植慶司投手(2年)、前田歩夢投手(2年)の継投で報徳学…


02年のセンバツ大会を制した報徳学園(兵庫)の優勝メンバーが20日、母校の応援に駆けつけ、アルプススタンドから声援を送った。 今センバツを最後に永田裕治監督(53)が勇退することを発表。恩師の有終の美を願って、声を張り続けた。元日本…


高岡商(富山)が延長戦の末、盛岡大付(岩手)にサヨナラ負けした。 試合中に軽い熱中症にかかり、途中で退いた土合慎之輔投手(3年)中村昂央内野手(2年)が試合後、大会本部を通じてコメントを発表した。2人ともベンチ裏でアイシングなどを受…


21日の第3日で創志学園(岡山)と対戦する福岡大大濠ナインが20日、西宮市内のグラウンドで約2時間の練習を行った。 守備、打撃練習の後、シート打撃で初戦の前の最終調整を終えた。カギとなるエース右腕、プロ注目の三浦銀二投手(3年)もブ…


盛岡大付(岩手)がサヨナラ勝ちした。8−9で迎えた延長10回裏、無死二、三塁から2番林一樹外野手(3年)が中前に逆転の2点サヨナラ打を放った。 攻めた。この回先頭の本塁打と三塁打を放っていた9番松田が四球で出塁。するとベンチは代走三…


第89回選抜高校野球大会が19日、甲子園で開幕した。静岡ナインは観客約4万2000人が見守る中、開会式で堂々と行進した。 「イチ、ニー!」。かけ声を張り上げた竹内奎人投手(3年)には特別な思いがあった。三塁側スタンドで祖父村串泰司さ…


履正社(大阪)の2番溝辺が猛攻を呼ぶ勝ち越し打を放った。 9回2死二塁、岡部のスライダーをとらえて左前に適時打。そこから一挙7得点した。決勝打に「クリーンアップが活躍しなかったんで、こういう時に自分が活躍できてうれしい」と喜んだ。優…


春夏通じて初出場の呉(広島)が劇的な延長勝利で開幕勝利を飾った。第89回選抜高校野球大会は19日、甲子園球場で32校が出場して開幕。呉は延長12回、6−5で至学館(愛知)を下し、2回戦に進んだ。9回に2点差を追いつき、12回は守備の乱…


開会式では不来方を卒業したばかりの竹内菜緒さん(18)が君が代を独唱した。「みんなベストのプレーができるように、祈りながら歌いました」。 昨年の全日本学生音楽コンクール全国大会の声楽部門(高校の部)で1位に輝き、大役を任された。目の…


仙台育英(宮城)主将の西巻賢二内野手(3年)が旗を持ち、入場行進した。1年夏以来2度目の開会式に「思ったより観客が入っていたので緊張した」と振り返った。 22日の福井工大福井との初戦に向けての準備は万全だ。VTRを見て既に研究済みで…


第89回選抜高校野球が19日、甲子園球場で開幕した。明日21日に高崎健康福祉大高崎(群馬)と1回戦を戦う札幌第一(北海道)の4番・高階成雲(なぐも)左翼手(3年)は、開会式後に大阪・箕面市内で行った練習で柵越えを連発。今季の練習試合で…


履正社(大阪)が日大三(東京)の「ドクターK」桜井周斗投手(3年)打ちで豪快に発進した。通算49本塁打の安田尚憲内野手(3年)が3三振を喫しながら、9回に勝利をグッと呼び込む左越え適時二塁打を放った。5回には石田龍史外野手(3年)が大…


日大三(東京)の「ドクターK」桜井周斗投手(3年)は、13三振を奪いながら敗れた。宝刀スライダーがさえ、履正社の3番安田から3三振、4番若林は4打席連続の空振り三振に仕留めた。しかし、主軸を抑えた一方で、9番西山に連続二塁打を打たれ、…


昨年の覇者、智弁学園(奈良)は松本竜也投手(3年)が熊本工を3安打完封した。 右足を引きずりながらエース松本が熊本工打線を3安打、12奪三振で完封した。「最少失点に抑えようと思って投げていったら、思った以上にいいピッチングが出来まし…


智弁学園・西岡寿透(3年)が、先制打を含む3安打2打点の活躍で2回戦進出に貢献した。 「打席(1打席目)に入る前に顔が固かったので、若林にほっぺたをつねってもらった。最初は『笑かして』って言ったんですけど、おもしろくなくって。左ほほ…


甲子園球場で32校が出場して開幕し、史上3校目の春連覇に挑む智弁学園(奈良)と、履正社(大阪)呉(広島)が2回戦に進んだ。 智弁学園は序盤から得点を積み重ね、エース松本が熊本工を3安打に抑えて9−0で完封した。 昨秋の明治神宮大会…

  センバツ


熊本工のプロ注目右腕、山口翔投手(3年)は、初戦敗退に悔しさをにじませた。 この日の最速148キロをマークしながら、四球からリズムを崩し、自らの暴投や味方の失策に加え、相手の機動力にかく乱され、1被弾を含め12安打9失点に終わった。…


史上3校目のセンバツ連覇を狙う智弁学園(奈良)が、昨年同様エースの完封で発進した。 1月の練習中に右膝を痛め、調整が遅れていたエース松本竜也(3年)が先発。5回2死まで相手打線を無安打に抑え、足の不安を感じさせない投球を続けた。昨年…


日大三(東京)が履正社(大阪)に逆転負けを喫した試合で、珍事があった。 9回表の履正社の攻撃。日大三の投手の交代で、日大三・桜井周斗投手(3年)が四球を出した後、中堅に回り岡部仁投手(同)にマウンドを譲った。 その後、3番安田の場…


選手10人で初出場の不来方(こずかた、岩手)が、参加32チーム中で一番大きな拍手を受けて入場行進した。 旗を持って10人の先頭を切って行進した小比類巻圭汰主将(3年)は「緊張したけど楽しめた。秋と変わらず全力で楽しくプレーするのが第…


「1番・投手」での先発が濃厚な前橋育英・丸山和郁(3年)が19日、初戦の20日中村(高知)戦に向け、日本ハム大谷級のインパクトある活躍を誓った。 昨秋の大会で背番号「1」を背負った吉沢が負傷でベンチを外れ、センバツから背番号1に変更…


優勝候補対決は、7点差で履正社に軍配が上がった。序盤は日大三・桜井周斗投手(3年)のスライダーに苦しんだが、5回に1番石田龍史外野手(3年)が逆転の3ランを放った。 ドラフト候補の3番安田尚憲内野手(3年)は「今までで一番いいスライ…



選抜高校野球大会速報




スポンサードリンク




*注目のタイトル

高橋 大輔/誰も知らない高橋大輔 [DVD]

ケガとの戦い、モチベーションの低下、コーチとの軋轢と復縁、若いライバルの台頭・・・。関西を拠点に、世界のトップを歩んできた高橋大輔の、誰も知らない、誰も見たことのない姿を映したドキュメンタリー。2014年4月12日に関西地区で放送されるや、他地区での放送や再放送などの問い合わせが殺到したドキュメンタリー番組が、ファン待望のDVD化決定! 放送されなかった2013全日本フィギュア選手権演技終了後や代表発表前後のインタビューが収録されたディレクターズカット版。10月14日に現役引退を発表した会見の模様を緊急収録!








1234567891011121314151617


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加