D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校・大学・社会人野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





前日に降雨ノーゲームで再試合となった準々決勝最後のカードは、帯広大谷が武修館を8−1と8回コールドで下し、初陣4強を決めた。全道大会初登板の山本奏瑠(かなる)投手(2年)が、8回無四球、6安打1失点と好投した。4投手を駆使して勝ち上が…


通算100号にあと4本に迫る清宮幸太郎内野手(3年)擁する早実が参加する愛知県での招待試合が今日3日、刈谷球場で行われる。 試合開始は午前9時半からだが、同球場では早朝から「清宮フィーバー」で盛り上がり。午前5時50分に開門し、開門…


前日1日の降雨ノーゲームとなった準々決勝は、帯広大谷が武修館を下し初出場で4強入りを果たした。 8回コールドで再試合を制した。小刻みに得点を重ねて6回までに6点。8回は1死満塁から野選と暴投で2点を奪い7点差をつけた。先発した山本奏…


春季高校野球北信越大会(3日開幕=ハードオフ新潟ほか)の公式練習が1日、行われた。初戦で啓新(福井1位)と対戦する関根学園(新潟3位)は、トップバッターでハードオフスタジアム新潟に登場。1時間の割り当て時間を守備練習に費やした。190…


第64回春季高校野球東北大会組み合わせ抽選会(8日開幕、宮城・石巻市民球場ほか)が1日、仙台市内で行われた。 センバツ出場の仙台育英(宮城)と聖光学院(福島)が、9日の初戦(2回戦)で激突する。仙台育英・西巻賢二主将(3年)が空いて…


第64回春季高校野球東北大会組み合わせ抽選会(8日開幕、宮城・石巻市民球場ほか)が1日、仙台市内で行われた。高校通算46本塁打を誇る園部佳太主将(3年、内野手)を擁するいわき光洋(福島)は久慈(岩手)と激突する。今春わずか3カ月で20…


駒大苫小牧が今春のセンバツ出場の札幌第一を14−4の7回コールドで下し、15年以来2年ぶりに4強入りした。昨秋は13季ぶりに室蘭地区予選で敗退。どん底からはい上がり、4年ぶりの春王者へあと2勝とした。 駒大苫小牧が、昨秋の王者を一気…


新宿(東京)が、OBで中日元球団代表の井手峻氏(73)を外部コーチに招聘(しょうへい)したことが1日、分かった。 井手氏は東大で投手として活躍し、66年2次ドラフトで中日3位入団。投手、外野手としてプレーし、76年現役引退後はコーチ…


駒大苫小牧が今春センバツ出場の札幌第一を破り、2年ぶりの4強入りを決めた。 6−4で迎えた7回に7安打2四球で打者一巡の猛攻。相手失策も絡みこの回一挙8点を挙げ、7回コールドで昨秋の北海道大会優勝校を退けた。2安打3打点の1番柏倉祐…


函館大有斗が逆転勝ちで優勝した11年以来の4強入りを果たした。 3回に先制を許すが7回までに同点に。8回無死三塁、2番鈴木日向右翼手(3年)の右前適時打で勝ち越した。 エース成田佑太郎(3年)は北照打線に9安打2奪三振2失点で完投…


武修館が北広島に10−9で競り勝ち、12年以来5年ぶりに春全道で白星を挙げた。主将の文入(ふみいり)魁斗捕手(3年)が3回にランニング本塁打を放ち2打点、弟の彪我(ひょうが)右翼手(2年)が途中出場で1安打1打点、9回に好守を見せるな…


稚内大谷は4−2で札幌日大に逆転勝ち。昨秋の北海道大会準決勝で敗れた相手にリベンジを果たし、22年ぶりの4強入りを決めた。 エース正岡翔也(3年)が初戦の旭川実戦に続いて2失点で完投した。奪三振は1つだったが、打たせて取る投球で札幌…


帯広大谷が春の北海道大会初陣で初勝利を挙げた。 3回に相手の失策などで2得点。4回2死満塁では4番宇野僚真主将(3年)が右翼越えに走者一掃の3点適時打を放ちリードを広げた。13年夏に甲子園に出場しているが、春の全道大会は今回が初出場…

  甲子園


3年ぶり5度目出場の武修館が接戦を制し、12年以来5年ぶりに初戦を突破した。 5−6の6回1死満塁から4番石橋翔(2年)の2点適時右前打などで5点を奪い逆転した。 4打数4安打の戸井啓太遊撃手(3年)は「自分のスイングができた。接…


駒大苫小牧は安田匠吾三塁手(3年)の公式戦初本塁打を口火に、3−1で東海大札幌に逆転勝ちした。 駒大苫小牧の安田匠が、0−1の5回無死から公式戦1号となる同点ソロを放ち、逆転勝利につなげた。「最初の打席でボールを見過ぎて三振したので…


明桜は決勝で能代松陽に4−3で逆転勝ち。9年ぶり13度目の春制覇を果たした。 昨夏まで帝京三(山梨)を指揮し、今春就任したばかりの輿石重弘監督(54)が2000年春の関東大会初優勝以来の胴上げを受けた。準決勝に続き山口航輝が3連投と…


ともに春の東北大会初出場をかけた3位決定戦は、角館が10−3の8回コールドで快勝し、県勢最後の「東北手形」をものにした。公式戦初先発の5番・鈴木雄悟外野手(2年)が4安打3打点と活躍。現チームになって公式戦最多20安打の猛攻を見せた。…


5年連続15度目の出場の駒大苫小牧が3−1で、東海大札幌を下した。 4回に先制点を許すも、5回に5番安田匠吾三塁手(3年)の右越えソロ本塁打で同点。6回にも安打と失策を絡めて2点を挙げた。 投げては6回から救援したエース右腕、工藤…


東北の2番杉沢龍内野手(2年)が、本塁打を含む3安打5打点の活躍で、チームを7大会ぶり24度目の優勝に導いた。 1点リードを奪った3回2死二塁から「ストレートが来たら打とうと思っていた」と、2球目の内角高めの速球を捉えて右翼スタンド…


今春のセンバツに出場した札幌第一がコールド勝利で発進した。 0−0の2回に4連打で一気に4得点をマークした。6−0の8回は5番高階成雲左翼手(3年)の2ランも飛び出し5得点。試合を決めた。投げてはエース冨樫颯大(3年)が5安打7奪三…


3年ぶり33度目出場の函館大有斗が、延長10回サヨナラ勝ちを収めた。 1−9と8点ビハインドで迎えた6回に、5番浅井佑太の右越え2ランなどで7点を返し、7回に1点、9回に1点を返して追い付いた。延長10回1死満塁から、7番今遼斗(2…


開幕試合で、昨夏、秋と2季連続で全道大会準優勝の札幌日大が、猛打で鵡川を13−9と逆転で下し初戦を突破した。2回に0−7と大きく離されたが、敗色濃厚な状況から18安打13点の猛攻で逆転し、昨秋8強の難敵を倒した。 あきらめない姿勢が…


北照がエース佐藤脩晟(3年)の好投で、春は15年以来2年ぶりに初戦突破を果たした。 先発した佐藤脩は、9三振1失点で完投。「最初は緊張したが、ストレートで押すという、自分が思っていたような投球ができた」と喜んだ。 上林弘樹監督(3…


昨秋の北海道大会4強の稚内大谷が競り勝ち、春は11年以来6年ぶりに初戦を突破した。 2点をリードされるも、6回に相手失策や6番福田悠太中堅手の左翼線三塁打などで、一気に3点を返し逆転した。 2回に主将の上川原丈登遊撃手(3年)が三…


開幕戦は昨秋の北海道大会準Vの札幌日大が7点差をひっくり返す大逆転で鵡川を破った。両チーム合わせて27安打の乱打戦を制し、2年ぶりに初戦突破した。 0−0の2回に失策が絡み7失点するがその直後から反撃。6回に同点に追いつくと、8回無…



選抜高校野球大会速報




スポンサードリンク




*注目のタイトル

忌野 清志郎/忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館

2008年2月10日に日本武道館で行なわれた忌野清志郎 & NICE MIDDLE With NEW BLUE DAY HORNS Plus 仲井戸“CHABO”麗市による「完全復活祭 日本武道館」の模様を収録。RCサクセション時代の名曲も含む、約3時間に及ぶライヴを完全収録した作品。


カレンダーランキング スポーツ

7位 ハイキュー! ! 万年スコアボードジオラマカレンダー

「ハイキュー! ! 」 からカワイイ万年ジオラマカレンダーが登場! ! マスコットが全部で13体&ジオラマフィギュアがついた超豪華版! ! …




12345678910


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加