D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【プロ野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





ソフトバンクが延長の末、日本ハムに敗れた。0−2で迎えた8回に柳田が同点2ランを放ち、延長戦に持ち込んだが、10回に森が中田に3ランを献上。打線はその裏2点を返したものの、あと1本が出なかった。 工藤公康監督(53)は「あそこで2点…


日本ハムが延長戦を制して連敗を10で止めた。延長10回に中田翔内野手(28)の1号3ランが飛び出し、長かった暗いトンネルを脱出した。 先発加藤が7回無失点と粘り、9回と延長10回は増井が踏ん張った。打線も4番が期待する働きを見せてく…


日本ハム中田翔内野手(28)がチームの連敗を「10」で止めた。 延長10回2死一、二塁で、左中間へ決勝の1号3ランを放った。「僕自身のバッティングも見てもらった通り(調子が悪い)。試合を決めるバッティングは出来ないと決めつけていたけ…


阪神が序盤のリードを守り、DeNAを撃破。巨人を抜き、2位に浮上した。 初回に4連打で3点を先制。7回には初スタメンのエリック・キャンベル内野手(30)が来日初タイムリーを放った。試合後の金本知憲監督(49)の談話は以下の通り。 …


阪神エリック・キャンベル内野手(30)が来日初スタメンで初タイムリーを放った。 「5番一塁」で先発出場し3回には左翼へ初安打を放った。迎えた7回2死三塁、田中健のカーブを左前適時打にした。代走の荒木郁也内野手(29)と交代しベンチに…


オリックスが今季初のサヨナラ勝ちで3連勝とし、貯金を今季最多8と増やした。 9回2死二塁で、代打小谷野の三塁内野安打に、三塁手中村が一塁悪送球する失策が重なって決勝点が生まれた。 ボテボテのゴロで全力疾走が生きた小谷野は「みんなの…


阪神の守護神を務めるラファエル・ドリス投手(29)が月間10セーブに達し、藤川、呉昇桓に並ぶ球団最多記録になった。 3点リードの9回に登板。3者から落差の激しいフォークで空振り三振を奪う圧巻の投球だった。お立ち台では「とにかく各バッ…


広島が0封リレーで勝ち、4カードぶりの勝ち越しを決めた。 先発大瀬良に今季初勝利となる勝ち星がつき、攻撃陣もワンチャンスをものにした。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。 −大瀬良の好投 緒方監督 中盤、4、5、…


【セ・リーグ】 ◆広島大瀬良724日ぶり勝利、巨人宮国2敗目 <広島1−0巨人>◇27日◇マツダスタジアム 序盤3回まで投手戦。3年ぶり先発の巨人宮国は1回の1安打のみ3回無失点。今季未勝利の広島大瀬良も3回1安打無失点。 広島は5…


10連敗中の日本ハムは3回までソフトバンクのバンデンハークに無安打無得点に抑えられた。3回を終わって両軍ともに無得点。 バンデンハークは6回まで日本ハム打線を無安打0封。加藤もホークス打線を6回まで3安打無失点に抑えた。 日本ハム…


日本ハムの先発、加藤貴之投手(24)が好投も、今季2勝目を逃した。 ソフトバンク・バンデンハークと投手戦を繰り広げ、走者を背負っても落ち着いた投球で失点を防いだ。我慢しながら、味方の援護を待ち、7回にレアードの5号2ランで先制点をプ…


日本ハムのブランドン・レアード内野手(29)が7回、先制5号2ランを放った。 無死二塁の場面で右中間のテラス席へ、ライナー性の打球を運んだ。直前に中田がチーム初安打となる二塁打を放ち、重苦しい空気を一掃していた。先発加藤も6回まで無…


巨人宮国椋丞投手(25)が3シーズンぶりの先発登板で好投した。6回を投げ、被安打3、1失点。6奪三振、無四球の81球でまとめた。 味方の援護がなく勝ち星は逃したが「いい感じで試合に入ることができた。テンポよく投げられた要因だと思う」…


阪神は1回無死二、三塁、3番糸井の右前2点打で先制。DeNAは4点を追う3回、4番筒香の中前適時打で反撃した。 DeNAは3点を追う5回、4番筒香が今季1号ソロ。阪神先発藤浪は制球に苦しみ、5回2失点で降板した。 阪神は7回にキャ…


ヤクルトが今季3度目の0封負けで再び最下位に落ちた。 今季初先発で5回を投げた原樹理投手(23)が1敗目。味方の失策も絡み、初回にいきなり3安打2失点(自責1)と立ち上がりに苦戦した。打線の援護はなかったが、2回以降は無安打に抑え「…


中日が2度目の完封勝ちで、2度目のカード勝ち越しを決めた。ヤクルトと入れ替わり、再び最下位を脱した。 又吉の快投がすべてだった。7回無失点で初回の2点を守り抜いた。三ツ間、田島とつなぎ、サイド右腕3人によるめずらしいリレーでヤクルト…


序盤3回まで投手戦。3年ぶり先発の巨人宮国は1回の1安打のみ3回無失点。今季未勝利の広島大瀬良も3回1安打無失点。 広島は5回、松山とエルドレッドの連打から1死一、三塁とし、会沢の左犠飛で先制した。巨人は大瀬良の前に6回まで無得点。…


オリックスは1回に今季初登板の十亀から1点を先制。1死から連打と四球で満塁として、中島が押し出し四球を選んだ。 オリックスは4回、駿太の適時二塁打で2点目。西武は6回に1死二、三塁から中村の三塁線を破る二塁打で同点とした。 オリッ…


26日DeNA戦の雨天中止を受けて、スライド先発した阪神藤浪晋太郎投手(23)が5回5安打2失点で降板した。 失点はいずれも4番筒香によるものだった。3回に中前適時打、5回にはセンターへ本塁打を許した。 インフルエンザを発症し16…


広島会沢翼捕手(29)が5回に先制犠飛を打ち上げた。 両軍無得点の5回。松山竜平外野手(32)とブラッド・エルドレッド内野手(36)の連打から1死一、三塁とすると、前日26日決勝打の会沢はスライダーをたたいて左翼定位置付近へ飛球を打…


広島大瀬良大地投手(25)がピンチを切り抜けた。 1点リードの7回。四球と味方の失策で1死二、三塁のピンチを招いた。代打亀井の打球は、左中間の浅い飛球。それでもタッチアップした三塁走者重信を左翼松山がワンバウンド送球でタッチアウト。…


中日は1回に大島とビシエドの左前適時打で2点を先制した。ヤクルトは中日又吉の前に3回まで3安打無得点。 中日は先制した1回以降、打線がつながらずに追加点ならず。ヤクルトは6回2死三塁の好機も3番山田が捕邪飛に倒れ無得点。 ヤクルト…


中日又吉克樹投手(26)が7回無失点の好投で、先発プロ初勝利を挙げた。4年目のサイド右腕は昨年までリリーフ専門。198試合目での先発勝利だった。 防御率を0・88まで下げて、リーグトップを守った。序盤から快調で、6回2死三塁も山田を…


日大が勝ち点を2に伸ばした試合をベンチで見ていたのが女子マネジャーの佐々木杏海さん(4年・日大鶴ケ丘)。「感動しました。選手がこうして声を出しているのをじかに聞けました」と話した。東都大学リーグ1部では1996年に駒大の女子マネジャー…


阪神上本博紀内野手(30)が追加点の適時打を放った。2回2死二、三塁の好機で井納の直球を右前へ運んだ。 「追加点のほしい場面でまわってきた打席でしたし、追い込まれてしまったのですが少し逆方向に意識を置いて、打ち返すことができました」…


 プロ野球速報 (日刊スポーツ


  試合スコア速報・リアルタイム速報

  勝敗表 / 対戦成績 / 個人成績

  日程・結果



スポンサードリンク




*話題の一冊

ネイマール/ネイマール: 父の教え、僕の生きかた (一般書)

父は息子のためにすべてを捧げ、息子は父の信頼に全身で応えた―ブラジルの至宝、22年の軌跡。初公開!「秘蔵ショット」カラー32ページ付き。








123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100101102103104105106107108


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加