D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 交通と宿泊 | 全国の天気予報

最新スポーツニュース   【高校野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツ

総合|スポーツ五輪|ゴルフ|サッカー|プロ野球|大リーグ|高校野球|大相撲|サンスポ|スポニチ




センバツ目指し秋季九州大会が開幕。明豊(大分)神村学園(鹿児島)延岡学園(宮崎)大崎(長崎)が8強入りを決めた。 九州大会組み合わせ 常総学院−東海大甲府ほか/関東大会速報 東海大菅生−桜美林ほか/東京大会速報 中京大中京−三重ほか/東…


昨秋近畿大会準優勝の大阪桐蔭(大阪1位)が逆転勝ちで、2年連続の決勝に進出した。 2点を追う6回に、元U15日本代表の6番花田旭(あさひ)外野手(2年)が逆転満塁弾。17年秋以来、3年ぶりの近畿王者に王手をかけた。 追う展開となった。京…


関東第一の市川祐投手(2年)が、日野打線を1失点に抑え4年ぶりの秋8強進出に貢献した。 修正力が光った。本調子に遠く、決め球となるような球もなかったという。それでも「全ての球種を使って相手に絞らせないということを意識していました」と慌て…


最速152キロ右腕・小園健太投手(2年)擁する市和歌山は、7安打しながらも好機での1本が遠く、決勝進出はならなかった。小園は5回からマウンドに上がり、4回を1安打6奪三振と好救援。味方の援護を待ったが、6回の1点のみにとどまった。 翌日…


智弁学園(奈良)が、今大会初登板の小畠一心投手(2年)の完投勝利で決勝進出を決めた。 背番号「10」のWエース小畠が市和歌山打線を9回7安打1失点に抑えた。これまでも習得しようとしていたツーシームを奈良大会の決勝前日の10月3日から本格…


東海大菅生の2世選手が8回コールド勝ちに貢献した。5番三塁で先発出場した小池祐吏内野手(1年)は、DeNA小池正晃ファーム外野守備走塁コーチ(40)を父に持つ。5回無死三塁の場面で左翼フェンス直撃の適時二塁打を放った。「父からは『思いっ…


明豊(大分)が「寮長」の代打決勝三塁打で初戦を突破した。 1−1で迎えた9回表1死一、二塁。代打で登場した米田友内野手(2年)が右中間へ勝ち越しの2点三塁打を放った。 夏まではレギュラーだったが公式戦での適時失策などもあり新チームでは控…


恐怖のリードオフマンが打線に火を付けた。日大二の杉山大知外野手(2年)が2本塁打を含む5打数4安打3打点の活躍で打線を活性化。2年連続の秋8強入りに導いた。 電光石火の先制点だった。初回先頭、2球目を迷いなく振り抜いた。左翼ネット中段に…

  杉山愛


「常総学院・島田直也」が甲子園に帰ってくる。87年に甲子園を沸かせた元プロ野球の島田直也監督(50)率いる常総学院(茨城)が、秋本璃空投手(2年)の好投と17安打9得点の攻撃で木更津総合(千葉)を圧倒し4強に進出。島田常総としては初、チ…

  プロ野球 タバコ 関係


専大北上(岩手)が1−0で羽黒(山形)を破り、8年ぶり2度目の優勝を果たした。小5からバッテリーを組む左腕・佐藤瑠聖(るいせい)と菊池恋(れん)捕手(ともに2年)が、息ぴったりに相手打線を5安打9奪三振で完封。今夏の東北独自大会に続く「…


東海大相模(神奈川)は、石田隼都投手(2年)が完投するも、最後に力尽きた。9回、四球で走者を出してから2安打を浴びた。「流れを悪くした。しっかり締められなかったのは自分のミス」。 今夏に甲子園を経験したエースは「これから無駄な1日をなく…

  甲子園


3種の新球をマスターし進化を図る。ドラフト会議で日本ハム5位指名を受けた苫小牧中央の根本悠楓投手(17)が一夜明けた27日、早くもプロ入りに向けた準備を始めた。「プロでは小さく動く変化球が有効。そういうボールを使えるようになりたい」とカ…

  ドラフト会議


恩師の教えを生かした。高崎健康福祉大高崎(群馬)の主将で4番、小沢周平二塁手(2年)は「佐野さんには『調子が悪い時は、低くなって平行に振れ』と言われてました。最近、状態が良くなかったので、それを思い出しました」と、うれしそうに明かした。…


専大松戸(千葉)はロッテ・横山陸人投手の弟分が4強入りの原動力となった。右腕エースの深沢鳳介投手(2年)が5安打無四球完封。 横山と同じ中学から入学し、2年上の横山と同じようにサイドスローに変え、成長のきっかけをつかんだ。この日も丁寧に…


鎌倉学園(神奈川)は52年ぶりのセンバツ出場が遠のいた。専大松戸・深沢を打ちあぐね、5安打無得点で敗れた。 6点を追う7回2死から連打と敵失で満塁とし、次打者は右中間へ大飛球。だが、右翼手の好捕に阻まれた。サザンオールスターズ桑田佳祐の…

  桑田真澄


専大北上(岩手)が1−0で羽黒(山形)を破り、8年ぶり2度目の優勝を果たした。小5からバッテリーを組む左腕・佐藤瑠聖(るいせい)と菊池恋(れん)捕手(ともに2年)が、息ぴったりに相手打線を5安打9奪三振で完封。今夏の東北独自大会に続く「…


ソフトバンクから1位指名された花咲徳栄・井上朋也内野手(17)が27日、加須市内の同校で指名あいさつを受けた。永井智浩編成育成本部長兼スカウト育成部長から帽子をかぶせてもらうと「小さい頃から憧れだったプロ野球選手の帽子をかぶらせてもらっ…

  プロ野球 タバコ 関係


来春センバツ目指す秋季関東大会は準々決勝4試合。常総学院(茨城)東海大甲府(山梨)専大松戸(千葉)高崎健康福祉大高崎(群馬)が4強入りを決めセンバツへ出場へ大きく前進した。 関東大会組み合わせ 常総学院(茨城2位)9−1木更津総合(千葉…


東海大甲府がサヨナラ勝利で東海大相模とのタテジマ対決を制し、5年ぶりのセンバツ出場をほぼ確実とした。 東海大甲府は1点ビハインドで迎えた9回裏。1死一塁から猪ノ口絢太外野手(1年)の左前打で一、二塁とすると、久井竣也内野手(2年)が外の…


高崎健康福祉大高崎(群馬)が8回コールドで国学院栃木を下し、4強に進んだ。来春センバツ出場を濃厚とした。 序盤は走者を出しながらも点が取れなかったが、4回に1点を先制した。先頭の森川が二塁打を放ち、送って1死三塁。ここで、綱川の三ゴロに…


学生野球は新型コロナウイルスの影響で春、夏の甲子園大会や大学選手権など数多くの主要大会が中止に追い込まれた。高校野球の代替試合では甲子園出場の夢を絶たれた最上級生を優先起用するチームが多く、下級生は逆風に立たされていたが、畔柳亨丞(くろ…

  甲子園


縁が夢につながった。高校通算34本塁打の明石商・来田涼斗外野手(3年)は、同じ関西のオリックスから3位指名を受け「ここからが勝負だという気持ちです」と表情を引き締めた。 オリックスは憧れのチームだった。小学1年の5月。家族とほっともっと…

  プロ野球 タバコ 関係


明石商(兵庫)の最速151キロ右腕・中森俊介投手がロッテから2位で、左の強打者・来田涼斗外野手(ともに3年)は地元オリックスから3位で指名された。 ◇ ◇ ◇ ▽明石商・狭間善徳監督(目を少し赤くし)「上位で2人とも指名し…


中日は26日に都内で行われたドラフト会議で、中京大中京の154キロ右腕・高橋宏斗投手(3年)をドラフト1位で一本釣りした。 高橋は名古屋市内の同校で会見し、西武松坂の「松坂世代」に象徴される世代NO・1投手を志した。18年の大阪桐蔭・根…

  松坂 中日 退団理由


ロッテから2位指名を受けた最速151キロ右腕の明石商・中森俊介投手(3年)は「このまま呼ばれないんじゃないかと不安でした。ホッとしています」と吐露。緊張と戦い終え、少しだけ表情を緩ませた。 プロ野球選手になる。それは自身の夢でもあり、約…

  プロ野球 タバコ 関係



スポンサードリンク




注目のタイトル

高畑勲 (監督)/かぐや姫の物語 [Blu-ray]

竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に成長したかぐや姫。求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜に月へ去ってしまう…彼女は何故地球にやってきて、月に帰ってしまう事になったのか。かぐや姫の“罪”とは一体何だったのか。スタジオジブリと高畑勲監督が、日本最古の物語『かぐや姫』に隠された“真実”を描く。



D-web ランキング ベスト

ベストセラー 人を動かす 文庫版 D・カーネギー
音楽 【メーカー特典あり】 馬と鹿 ) ) 米津玄師
DVD 5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019

ニュース
スポーツ 勝みなみがー10で単独首位キープ 渋野は予選落ち
芸能 伊藤健太郎容疑者「気動転しパニック」現場立ち去り

旬の話題 さらば青春の光




123


Copyright © 2020 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル