D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 交通と宿泊 | 全国の天気予報

最新スポーツニュース   【高校野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツ

総合|スポーツ五輪|ゴルフ|サッカー|プロ野球|大リーグ|高校野球|大相撲|サンスポ|スポニチ




今夏の岩手大会決勝の再戦で、大船渡が花巻東に4−17の6回コールド負けを喫し、夏のリベンジはならなかった。夏は「6番遊撃」で主力だった吉田昂生内野手(2年)は「先輩たちの思いも背負って勝ちたい気持ちだったが、一番は楽しもうと決めていた。…


京都府立山城高(京都市北区)の硬式野球部で、監督の男性教諭(59)が2年生の男子部員を平手で複数回たたく体罰をしていたことが18日、府教育委員会への取材で分かった。部員にけがはないという。 府教委によると、監督は8月25日、前日の守備練…


163キロより甲子園23K! ネット連動企画「みんなの総選挙」第13弾は「ドラフト1位で指名したい選手は?」です。日刊スポーツWebサイトで投票を募ったところ、星稜・奥川恭伸投手(3年)が、有効投票数(690)の50%超の353票を獲得…

  甲子園


高校生のプロ志望届提出者一覧。ドラフト会議は10月17日に行われる。志望届を提出していない選手はドラフト会議でプロ球団から指名を受けられない。17日現在74人。提出期限は10月3日まで。随時更新。 大学生プロ志望届提出者一覧 北海道 小…


由利は逆境に強い。秋田南を8−5で破り、初の秋4強を決めた。打線は6回裏1死まで無安打、安打数は4対14と大差をつけられた。それでも4番の佐藤哲矢捕手(2年)が4打点で反撃の口火を切り、ピンチの場面で投手を務める「二刀流」で勝利をつかん…


札幌日大が初戦から3戦連続でコールド勝ちを収めた。札幌藻岩を相手に初回5点、2回4点と序盤から突き放した。 背番号10の5番新谷涼太右翼手(2年)は先制打を含めて2安打2打点。16日に行った父和彦さん(49)とのシャトル打ちやバッティン…


札幌国際情報が18年ぶりに秋の全道進出を果たした。札幌光星に1−4の5回、2四球に4安打を絡めて4点を奪い逆転した。 今夏の南大会準V右腕、原田航介(2年)が9回13安打6失点。序盤は直球が思うように走らず先制されてしまうが、中盤以降は…


能代松陽が秋田に競り勝ち4強入り。1年生左腕・大高勇心が6失点(自責2)も完投した。「一番重い初回に失点してしまったが、仲間の声かけで踏ん張れた。まだ甘い球が多いので、投げるたびに成長したい」。 打っては5−6の7回、小野凌太朗内野手(…

  小野伸二


背番号11の右腕明桜・長尾光(2年)が7球種を操り、2失点完投した。直球も自己最速を2キロ更新する144キロを記録し、打撃でも2回の先制適時打に加え、3回にも左犠飛。 今春の東北大会、今夏の秋田大会決勝でいずれも敗れているだけに「けん制…


停電ショックを吹き払う快投だ。札幌地区で、東海大札幌が立命館慶祥を7−0の8回コールドで下し、3年ぶりの秋全道大会切符をつかんだ。台風15号の影響で停電が続く千葉・君津市出身の右腕エース、上村塁(2年)が8回を5安打4奪三振無失点で抑え…

  台風 停電


秋田商が9−1の7回コールドで、今夏2回戦で敗れた能代に雪辱した。今夏も登板したエース右腕・石川陸斗(2年)が3安打10奪三振1失点(自責0)で無四球完投。打撃でも5回裏に左越え3ランを放つなど、投打で準決勝進出を導いた。明桜、由利、能…


東北学院榴ケ岡・日ケ久保温(はる)投手(2年)が7回2失点(自責0)と好投し、打っても2安打1打点と活躍した。 2回は3者連続三振に抑えるなど計10奪三振。次戦19日の仙台商との準々決勝に向けて「今日のようなピッチングを続けたい」と調整…


仙台城南・鈴木一(はじめ)内野手(2年)が9回1死満塁で右中間にサヨナラ打を放った。 内角直球を捉えた瞬間は「外野の頭を抜けてくれ」という一心でベースを回った。県大会前に調子を落とし、背番号が3から14に変わったが、「信じて使ってくれた…


夏甲子園8強の仙台育英が聖和学園を7回コールドの11−2で下し、宿敵・東北との準々決勝(19日)へ駒を進めた。先発の左腕・笹倉世凪(1年)が自らのバットで逆転劇を演じた。 初回立ち上がりは2安打と四球で2死満塁のピンチを招き、内野安打で…

  甲子園


日本高野連は17日、プロ志望届提出者の掲載を同連盟ホームページで更新。新たに八戸学院光星・武岡龍世ら15人が追加された。これで計74人となった。 志望届は、夏の甲子園決勝翌日の8月23日に受け付け開始。10月17日に開催されるNPBのド…


山形城北が逆転勝ちで、2年連続の東北大会に向けて発進した。2点を先取されたが1回裏に打者一巡で6得点。右翼で先発し、3回から2番手で救援したエース左腕・押切晃志郎(2年)が7回を公式戦自己最多の8奪三振、1安打無失点に抑えて逃げ切った。…

  新庄剛志


履正社が16日、秋季近畿地区大会大阪府予選で明星を13−3の5回コールドで下し、3回戦に進出した。初回に3ランで先制されたが、打線が10安打を放って圧倒した。 「7番左翼」で初先発して3打数3安打の両井大貴外野手(2年)の父伸博さんは、…


由利が逆転勝利で8強入りした。6回まで毎回得点圏に走者を進めたが、あと1本が出ず。それでも守備固めで入った工藤大輝外野手(1年)が8回に決勝2点打を放った。 「打撃にはそこまで自信がなく、他の選手が打って自分が打てない焦りもあった。つな…


昨秋4強の秋田が湯沢翔北と延長15回タイブレークの死闘を8−6で制し、逆転で8強入りした。一打同点の走者を置いた最終回の守りでは、佐藤頼(らい)内野手(1年)が二直を好捕。二塁送球で飛び出した走者を刺し、値千金の併殺を完成させた。また右…


室蘭地区は、鵡川が今夏まで8季連続道大会出場の駒大苫小牧に延長10回の末2−1で競り勝ち、3年ぶり8度目の秋全道大会進出を決めた。 8月19日に亡くなった佐藤茂富元監督(享年79)のもと02年センバツに初出場した際も、前年01年秋の地区…


北海道栄が北海道大谷室蘭を7回コールドで下し、18年夏以来4季ぶりの道大会進出を決めた。 同点の5回1死二塁、主将の伊藤海音(しおん)遊撃手(2年)が勝ち越しの左越え適時二塁打を放つと、この回は一挙7点を奪い突き放した。決勝打含む3安打…


北照が小樽地区2回戦で岩内に敗れ、夏春連続甲子園出場が絶望的になった。 公式戦初先発の左腕エース大畑佳介(2年)が5安打6失点で5回途中降板。「味方が(4回に)点を取ってくれたので力が入って高めに入ってしまった」と反省。上林弘樹監督(4…

  甲子園


岩内が夏の甲子園に出場した北照を8−6で破り金星を挙げた。 7−6の9回表2死二塁から8点目となる左越え二塁打を放ち、9回に登板して試合を締めた脇田悠暉二塁手(2年)は「この試合がヤマ場だと思っていた。北照を倒した勢いに乗って全道を狙っ…


札幌地区は札幌山の手が札幌静修を2−1で下し、2年ぶり3度目の秋全道大会進出を決めた。左腕エース佐藤爽(2年)がお灸(きゅう)効果で、7安打4四死球1失点で完投。低めにスライダーが決まり、9個の三振を奪った。「夏は自分が投げて負けたので…


昨秋全道覇者・札幌大谷が3年連続で地区を突破した。3番佐野翔騎郎右翼手(2年)が3安打3打点と活躍。初回は無死一、三塁で右翼に先制の適時二塁打、7回1死には変化球を右中間に運び、2戦連発となるソロ本塁打を放った。 「目標としている自分の…



スポンサードリンク




注目のタイトル

二階堂ふみ (出演), GACKT (出演), 武内英樹 (監督) /翔んで埼玉 通常版 [DVD]

埼玉県の農道を1台のワンボックスカーがある家族を乗せて、東京に向かって走っている。カーラジオからは、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」に続き、DJが語る埼玉にまつわる都市伝説が流れ始める。その昔、埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受けていた。通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた…!



D-web ランキング ベスト

ベストセラー 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記
音楽 【メーカー特典あり】 馬と鹿 ) ) 米津玄師
DVD 5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019

ニュース 増税まで2週間、今買わなくていいものは 駆け込む前に
スポーツ 奥川が過半数超え/ドラフト1位で指名したい選手は
芸能 視聴率鬼門の近現代 大河で渋沢の時代どう描くか鍵

旬の話題 加藤浩次 得意技 CM




1234


Copyright © 2019 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル