D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校・大学・社会人野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





剛腕が名誉挽回のマウンドに臨む。全国高校野球選手権新潟代表の日本文理は、17日の2回戦で夏準V2回の強豪・仙台育英(宮城)と対戦する。1回戦の鳴門渦潮戦(12日)で先発した最速148キロ右腕鈴木裕太投手(2年)は14日、兵庫・鳴尾浜臨…


8年ぶり11度目出場の青森山田が、背番号10の先発右腕斉藤勇太(3年)の公式戦初完投で08年以来9年ぶりの勝利を手にした。斉藤勇は10安打を浴びながら2失点に抑え、彦根東(滋賀)を下し初戦を突破した。地元チームとの対戦で、観衆はこの日…


盛岡大付(岩手)、三浦瑞樹投手(3年)の出番が来る。チームは16日、全国高校野球選手権の2回戦で松商学園(長野)と顔を合わせる。松商学園が左打者5人をそろえるため、1回戦で登板のなかった背番号10の左腕が先発することが濃厚。14日は西…


早実・清宮がいない、履正社・安田がいない、だから好選手が少ない、というのが今大会を覆う空気だが、予想外に好選手が多かった。まずネット裏に陣取るスカウトを喜ばせたのが広陵(広島)中村奨成捕手(3年)と北海(南北海道)阪口皓亮投手(3年)…


14日の大会第7日を終えて37本塁打は、大会記録を更新するペースだ。 すでに昨年の大会総本塁打数に並んでおり、このままのペースで行くと68本。06年の大会最多本塁打60本を超える。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「好投手と言われる選手…


彦根東(滋賀)は甲子園2勝はならなかったが、粘りを見せた。 5点を追う9回2死。8回守備から途中出場の仲川が左翼席へソロを放った。「打った時から記憶がない。大歓声で気付いた」と人生初の本塁打に仰天。昨夏に右肘を手術し半年間走ることし…


東海大菅生(西東京)は松本健吾投手(3年)が完投し、元中日の若林弘泰監督(51)に甲子園初勝利をプレゼント。東京勢は夏通算170勝目を挙げた。 背番号「1」は、威風堂々と腕を振った。9回、先頭から連打を浴びたが、東海大菅生・松本は冷…


神村学園(鹿児島)9番の中里が座禅パワーでサヨナラ勝利を呼び込んだ。 2−2の9回1死二、三塁。試合中にベンチ裏で座禅を組み「何も考えず無で打った」。5球目を強振、三塁内野安打で勝負を決めた。中里は8回途中から救援登板し、9回2死か…


「青森山田のキン肉マン」がパワーを証明した。青森山田・中沢樹希也外野手(2年)が2打席連続の本塁打を放ち、彦根東(滋賀)に快勝。12日の神戸国際大付(兵庫)谷口嘉紀外野手(2年)から、3日連続で2打席連続本塁打が生まれた。 甲子園フ…


済美(愛媛)は亀岡京平内野手(3年)が、今大会3本目となる1試合2発でベスト16入りを決めた。 済美の3番亀岡が2アーチで、勝利を呼び込んだ。「甲子園は思ったよりも、打球が飛ぶ。(甲子園で)1本は打ちたいと思っていたけど、3本は予想…


15日に甲子園球場で予定されていた第99回全国高校野球選手権大会第8日は、天候状況悪化のため午前6時5分に中止が決定した。16日に順延となる。 前橋育英(群馬)−明徳義塾(高知)など2回戦4試合が予定されていた。大会は順延となり、決…


第99回全国高校野球選手権大会は15日、第8日の2回戦4試合が行われる。 <見どころ> ▽2回戦 【第1試合(8:00)盛岡大付(岩手)−松商学園(長野)】 1回戦で作新学院の夏2連覇を阻止した盛岡大付のエース右腕平松と機動力野球が…


津田学園のエース水谷翼主将(3年)が7回途中、7安打7失点でマウンドを降りた。初回に2四球から1点を許したものの、3回までは無安打投球。2失点と粘っていた7回2死走者なしから、四球をきっかけに集中打を浴びた。 「自分がどれだけ粘れる…


甲子園で行われている第99回全国高校野球選手権は14日、出場49チームがすべて初戦を終えた。登板した106人の球速を甲子園のスピードガンなどでチェック。150キロを超えた投手はいなかった。これは14年以来3年ぶり。最速は北海・阪口晧亮…


済美が破壊的パワーを見せつけ、3回戦進出を決めた。3番亀岡京平内野手(3年)が1−0の4回裏、先頭打者で左中間にソロ本塁打。さらに、5−0とした7回裏2死二塁にはダメ押し2ランを中越えにたたき込んだ。1回戦でも1発を放っており、2試合…


19年前の京都成章の全国準V世代がアルプススタンドで声をからした。当時の主将を務めた沢井芳信さん(36)は「甲子園で成章のユニホームを見ることができてうれしい。悔いのないようにやって欲しい」とエールを送った。 98年夏の決勝では、怪…


済美の「怪力3番」亀岡京平(3年)が1試合2本塁打の活躍で16強入りに貢献した。 1点リードの4回に外角低めの直球を左越えに運ぶ今大会2号ソロ。続く7回にも内角高めの直球を詰まりながらも、強引にバックスクリーン左にたたき込む3号2ラ…


ニッカンスポーツ・コムでは甲子園日記と題し、球児の熱い夏、感動の場面を写真で振り返る。 大会7日目 サヨナラ明暗 ◇第1試合:神村学園3−2京都成章 京都成章対神村学園 ナインに指示を出す神村学園・小田監督(撮影・田崎高広) 京都成章…


彦根東(滋賀)が終盤の猛追も及ばず、青森山田に敗れた。4回に打者一巡の攻撃で4点を失うなど5回までに6失点の苦しい展開。それでも彦根東ナインは「笑顔で楽しもう」と声を掛け合い、笑顔を忘れなかった。 8回に1点をかえした。9回2死、8…


第99回全国高校野球選手権大会は11日、第4日の2回戦4試合が行われ、神村学園(鹿児島)、東海大菅生(西東京)、青森山田、済美(愛媛)が3回戦進出した。 第1試合は神村学園が9回サヨナラで5年ぶり夏1勝。19年ぶり出場の京都成章は9…


済美(愛媛)が津田学園(三重)を破り、4年ぶりの3回戦進出を決めた。 済美は初回、2四球と内野ゴロで、ノーヒットのまま先制した。 4回、済美が追加点を挙げる。先頭の3番亀岡京平内野手(3年)がソロ本塁打。亀岡は愛媛大会決勝、甲子園…


49代表で一番最後に登場した青森山田は、7番中沢樹希也外野手(2年)が2打席連発の本塁打を放ち、夏甲子園9年ぶりの勝利に導いた。 4回1死一塁、真ん中に甘く入ってきた変化球を振り抜き、左翼席に突き刺した。 続く5回には直球をバック…


東海大菅生(西東京)松本健吾投手(3年)が9回1失点で完投し、元中日の若林弘泰監督(51)に甲子園初勝利を贈った。 尻上がりに調子を上げ、スプリットを武器に7奪三振。安定した投球と適時打でベスト16入りに貢献した。西東京大会では高校…


高岡商(富山)は1−11と大差をつけられて敗戦した。 この日先発した土合伸之輔投手(3年)は「全国のレベルの高さを知れた。疲れもあったが、集中できていた。全国の舞台はスキを逃してくれなかった」と悔やんだ。 2番手でマウンドにあがっ…


青森山田は7番中沢の2打席連続本塁打などで夏甲子園9年ぶりの勝利を挙げた。3回戦ではベスト8をかけ、東海大菅生と対戦する。 49代表、最後の登場となった青森山田は8年ぶりの夏甲子園。3回に先手を取った。1死から1番相坂が右二塁打を放…



選抜高校野球大会速報




スポンサードリンク




*話題の一冊

元川 悦子 (著) /勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ

山雅スタイル―松本のフットボールは、観るものを熱くさせ、明日への活力をあたえてくれる。そのスタイルはいかにして築き上げられたのか。真実に迫るのは松本出身のサッカージャーナリスト・元川悦子。J2昇格からわずか3年でJ1挑戦に至った「奇跡の軌跡」を追う―。


カレンダーランキング 女性タレント

9位 石原さとみ カレンダー 2015年






1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加