D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校・大学・社会人野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





早実・清宮幸太郎内野手(3年)が2打席連発となる高校通算83号、84号を放ち、チームを秋春の東京大会連覇に導いた。好敵手の日大三を、延長12回の末、18−17のサヨナラ勝ちで退けた。春の優勝は荒木大輔を擁した82年以来、35年ぶり9回…


早実・清宮幸太郎内野手(3年)が、高校通算83号と84号を放ち、チームを35年ぶり9回目の優勝に導いた。1点リードの8回1死一塁、右翼席最上段への特大アーチをかけると、逆転され3点を追う9回の打席では中越えに同点3ラン。試合は延長12…


昨秋東京大会決勝のリベンジマッチに挑んだ日大三が再び、サヨナラ負けを喫した。5点を追う9回に7点を奪ったがその裏、早実・清宮の2打席連続本塁打などで同点に追い付かれた。 10、11回は両軍無得点も、12回裏にサヨナラ負け。4番「デカ…


早実・野村大樹内野手(2年)が2本塁打を放った。 1回に高校通算27号となる2ラン。5回にも2ランを放ち通算本塁打を28本に伸ばした。 「1本目は(高めの)ボール球だったと思いますが上からうまくたたけました。良いホームランだったと…


早実が延長12回、4時間2分に及ぶ壮絶な打撃戦を制し18−17でサヨナラ勝ちし優勝した。清宮幸太郎内野手(3年)は8回と9回に2打席連続アーチを神宮の夜空に架け2万観衆を沸かせた。 清宮幸太郎内野手の一問一答は以下の通り。 −延長…


ともにセンバツ出場の早実と日大三が決勝戦で激突し、早実が延長12回の打撃戦を制し、35年ぶり春の東京王者に輝いた。12回裏、野田がサヨナラ打を放った。 当初の予定を変更し神宮球場で史上初のナイターで開催され2万人の観衆が集まった。注…


高校球界屈指のスラッガー、東京・早実の清宮幸太郎内野手が、春季東京大会決勝の日大三戦(神宮)に出場した。 集客増が見込まれることで、当初は23日に神宮第2球場でデーゲームとして行われる予定だった決勝は神宮球場での試合に変更された。 …


神村学園は11安打と打線がつながり、7得点でコールドゲーム勝ち。1回に5番島中、6番田中祐の連続適時打などで3点を先取し「よく打ってくれた。流れをつかめた」と小田監督は目を細めた。 相手の4失策に対して無失策と持ち味の堅守が光った。…


鹿児島実が強豪秀岳館に競り勝った。 3年生右腕の先発渡辺は9安打ながら無四球2失点で完投。宮下監督は「同点後も慌てず、精神的に落ち着いてきた」と背番号10の成長に目を見張った。 昨夏の秀岳館との練習試合は0−7で完敗した。だが、渡…


鹿児島実と神村学園(鹿児島)が勝った。鹿児島実は12季ぶり、神村学園は10季ぶりの決勝進出。鹿児島勢による決勝は2002年春の鹿児島実と樟南の対戦以来となった。 準々決勝でセンバツ8強の福岡大大濠を破った鹿児島実は、センバツ4強の秀…


史上初のナイター決勝へヒートアップしている。開門、開場時間は予定の午後5時から1時間20分早まり、3時40分だった。 東京都高野連関係者は「前回、試合開始までに入れない方がいたので早めました。東都(連盟)さんに最大限、配慮していただ…


元ロッテ選手が、新潟県内初の「元プロ」学校職員のコーチとして指導に励んでいる。投手と内野手としてロッテでプレーした飯田雅司氏(39)が4月に、昨夏ベスト4に進出した加茂暁星のコーチに就任した。同校の事務職員、選手寮の舎監(寮長)として…


「清宮フィーバー」が、史上初のナイター決勝を盛り上げる。春季高校野球東京都大会の決勝が、今日27日の午後6時から神宮で行われる。清宮幸太郎内野手(3年)率いる早実は、超異例の態勢で「デカプリオ」こと金成麗生内野手(3年)擁する日大三と…


近鉄、中日、横浜などで活躍した中村紀洋氏(43)が高校野球のコーチに就任したことが分かった。浜松開誠館(静岡)が26日、発表した。 同校の佐野心監督(元中日)とプロ入りが同じ91年ドラフトで、打診を受けたという。中村氏は「監督とのご…


春季高校野球静岡県大会が29日に開幕する。初出場の下田(東部5位)は、29日の1回戦で駿河総合(中部5位)と対戦。エースで4番の露木省吾投手(3年)が投打でフル回転を誓う。 下田の大黒柱・露木が、ブルペンで熱のこもった投球を繰り返す…

  大黒将志


第56回春季全道高校野球の地区予選組み合わせ抽選会が25日、全道10地区のトップを切って札幌で行われた。17年ぶり3度目の全道大会進出を狙う北広島は、5月11日に札幌南陵と対戦する。PL学園で前田健太(29=ドジャース)らを指導した林…


名将率いる星槎が快進撃だ。25日、春季高校野球神奈川大会準々決勝2試合が行われ、星槎が昨秋県大会覇者の慶応を3−1で破った。今秋ドラフト候補で最速146キロ右腕の本田仁海投手(3年)が6安打11奪三振1失点完投。同校初の4強へ導いた。…


横浜が、ドラフト候補の増田珠外野手(3年)の通算24号場外2ランなどで平塚学園に6回コールド勝ちした。 初回、1番に座った万波中正外野手(2年)の三塁打を皮切りに2点を先制。5回に一挙6安打を集中させ4点を奪うと、6回に増田の左翼場…


星槎が慶応を下し初の4強入りを決めた。ドラフト候補の本田仁海投手(3年)が6安打完投。12球団のスカウトが集結する中、真っすぐとスライダーを決め球に11三振を奪った。 本田は「慶応は去年の秋の王者。勝てたことは自信になりました」と笑…


八戸工大一の古屋敷匠真投手(3年)がドラフト候補の片りんを見せた。八戸学院光星を相手に3点リードの9回に登板。無死満塁のピンチを招き1点こそ失ったが、この日最速147キロの直球を武器に2個の三振を奪った。県大会につながる八戸地区予選(…


公式戦で初めて背番号1を付けた秀岳館の川端健斗投手(3年)は「それなりの自覚を持って投げきろう」と13奪三振で初完封し8強入りに貢献した。 7安打6四死球と走者を背負うも、後半は「打たせて取ろう」と切り替えたことが功を奏した。 セ…


秀岳館(熊本)、美里工(沖縄)などが準々決勝に進み、ベスト8が出そろった。 センバツ大会4強の秀岳館は7−0で西日本短大付(福岡)に、九産大九州(福岡)は7−1で佐賀北に大勝した。鹿児島実は日南学園(宮崎)を2−0で破った。地元沖縄…


熊本工は山口翔投手(3年)が2回に149キロを記録するなど自慢の速球が光った。 しかし、打線が6安打1得点と機能せず惜敗。安田監督は「打てないですね。投手が頑張ったので奮起しないと」と苦笑いで頭をかいた。 山口は1回から140キロ…


桐光学園の“リトル松井”が4回4安打2奪三振無失点で公式戦デビューした。 冨田はマウンドで胸を張り、左腕から縦スライダーを繰り出す。手本は1試合22奪三振の甲子園記録を持つOBの楽天松井裕。169センチ、66キロとまだ小柄な1年生。…

  甲子園


さあ早実撃破だ! 日大三の「デカプリオ」こと金成麗生内野手(3年)が、高校通算23号となる先制2ランを含む3安打4打点の大活躍。昨秋の東京大会決勝で敗れた早実とのリベンジマッチに駒を進めた。チームは2年ぶり19回目の関東大会(5月20…



選抜高校野球大会速報




スポンサードリンク




*注目のタイトル

ドキュメンタリー/NHKスペシャル横綱 千代の富士 前人未到1045勝の記録 [DVD]

時時代を超えて人々の心に残る名作ドキュメンタリーを収めたシリーズの「横綱 千代の富士」編。数々の逆境を乗り越えて力士の頂点に君臨した昭和最後の大横綱・千代の富士。彼の土俵人生を、貴ノ花親子との宿命の対決などの映像を交えながら綴る。1991年5月19日 NHK総合で放送。


カレンダーランキング スポーツ

3位 阪神タイガース 2017年 カレンダー 壁掛け A2 CL-530

今年も新たな気持ちで、阪神タイガースの応援がんばります!優勝




123456789


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加