D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校・大学・社会人野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





清宮幸太郎内野手(3年)擁する早実など18校が出場する春季関東大会(20日開幕)で「清宮シフト」が敷かれることが1日、分かった。 当初の1つの案は、早実が埼玉2位と対戦する予定の21日の2回戦は11時30分開始の水戸市民球場だったが…


早実・清宮幸太郎内野手が4月30日の練習試合で3本塁打を放ち高校通算本塁打を88号に伸ばした。清宮の本塁打一覧と、主な高校通算本塁打一覧は以下の通り。 4回表早実1死一、二塁、高校通算80号となる3点本塁打を放つ清宮(撮影・河野匠) …

  84発全データ他


4月1日付で浜松開誠館野球部(静岡)の非常勤コーチに就任した、元DeNA内野手の中村紀洋氏(43)が1日、浜松市内の同校で就任会見に臨んだ。 −あいさつ 中村氏 これから子どもたちの夢に向かって自分の経験をもとに、子どもたちをサポ…


コールド負け寸前から大逆転劇が起きた。清水桜が丘が、終盤の猛攻で13−12で昨夏甲子園出場の常葉大菊川を退けた。7点差の7回裏、0点で抑えられると試合終了だったが一挙8点を獲得。8回表に再逆転されるも同裏に追いつき、9回裏にサヨナラ勝…

  甲子園


今春のセンバツに出場した静岡が、8−0の7回コールドで富士市立を破り、8年連続51度目の夏のシード権を獲得した。センバツ前、不調に苦しんだ竹内奎人投手(3年)が先発し、5回を1安打無四球4三振で無失点。「右のエース」の復活で、静岡が2…


佐渡島からプロ大注目の怪腕が現れた。佐渡・菊地大稀(たいき)投手(3年)がプロ8球団のスカウトの前で、自己最速を更新する143キロをマーク。7安打5失点(自責2)ながら東京学館新潟から10三振を奪い、公式戦初完投を勝利で飾った。 一…


昨秋Vの第1シード日本文理は1−7の劣勢から逆転勝ち。5回2死二、三塁から救援した左腕・新谷晴(はると)投手(2年)が4回1/3を1失点、8三振を奪って新発田農の勢いを止め、10−7と苦しみながらも初戦を突破した。 日本文理の大井道…


日本ハム中田が、今秋ドラフト最上位候補の早実・清宮幸太郎内野手(3年)を絶賛した。4月30日、都内で行われた宮崎大宮との練習試合で、清宮が2戦3本塁打をマーク。右翼場外への3発目が、自身の高校通算87号を超える88号となったことを伝え…


日本ハム中田翔内野手(28)が、今秋ドラフト最上位候補の早実・清宮幸太郎内野手(3年)を絶賛した。 この日、都内で行われた宮崎大宮との練習試合で、清宮が2戦3本塁打をマーク。右翼場外への3発目が、自身の高校通算87号を超える88号と…


東海大相模が7−3で桐光学園を退け関東大会出場を決めた。 初回に森下翔太外野手(2年)の犠飛で先制し、3回にも3連打で2点を追加。5回無死一、二塁では、森下が捕球したかに思われた左中間への打球を巡って微妙な判定があったが、その裏に自…


岡田龍生(たつお)監督(55)率いる履正社(大阪)が高槻北(大阪)に7回コールド勝ちした。5回から登板した岡田龍生(りゅうい)投手(2年)は、失策から1失点したものの、3回を無安打に抑えた。 岡田は「ストライク先行でリズムを崩さない…


今春のセンバツに選手10人で出場した不来方(こずかた)が新入部員を加えたベンチ入り17人で試合に臨んだが、敗者復活1回戦で敗れた。春の県大会(5月19日開幕)出場を逃し、センバツ以降の公式戦わずか2試合のみで夏本番を戦うことになった。…


高校野球春季神奈川大会準決勝と千葉大会準々決勝。神奈川は横浜と東海大相模が決勝進出を果たし関東大会出場を決めた。千葉は木更津総合、千葉敬愛、検見川、専大松戸が4強入りした。 神奈川準決勝 チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計…

  高校野球速報中


星槎のドラフト候補右腕、本田仁海投手(3年)が横浜戦で先発し敗れた。 7回を投げ13安打を打たれ10失点(自責9)。初回に集中打を浴び3点を奪われると、4回にも3安打と四球、味方失策などで4点を奪われた。 本田は「高めに浮いたとこ…


横浜が星槎を7回コールドで下し2年連続の関東大会出場を決めた。 ドラフト候補の増田珠外野手(3年)が、初回の先制タイムリー含む2安打1打点挙げた。 宣言通り、星槎のドラフト候補右腕の本田を打った。「真っすぐもスライダーもどっちも打…


張本勲氏が30日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。27日に史上初めてナイターで行われた高校野球春季東京大会決勝戦についてコメントした。 試合は乱打戦の末、延長12回、18−17で早実が日大三にサヨナラ勝ちした。 「無茶…


プロ注目の関東第一・高橋晴投手(3年)が早実・清宮幸太郎内野手(3年)のすごみを語った。29日、都内のグラウンドで行われた練習試合で清宮に高校通算85号を浴びた。2点リードの6回2死一、三塁から左中間へ。昨年4月の練習試合に続く被弾。…


智弁和歌山が初芝橋本(和歌山)との接戦を制した。 先発の北拓海投手(3年)は7回に1死満塁のピンチで降板するも、6回まで2安打の好投を見せた。北は「蔵野の言う通りに投げました」と捕手の蔵野真隆(3年)に信頼を置く。 今月から専任コ…


今春のセンバツに選手10人で出場した不来方(こずかた)が、新入部員を加えたベンチ入り17人で臨んだ春初戦で、平館にサヨナラ負けを喫した。 エース小比類巻圭汰主将(3年)に代わり舟山純平投手(3年)が先発。4−4の9回2死一、三塁、相…


神村学園が鹿児島実との鹿児島対決を制し、10季ぶり3度目の優勝を果たした。 1回に島中の適時打などで2点を先制。3回にも1点を加え、先発の青柳が5安打1失点で完投した。 鹿児島実は4回に西の適時打で1点を返したがその後は好機を生か…


ともに今春センバツに出場した早実と日大三が春の東京チャンピオンを目指し決勝戦で激突。延長12回、18−17で早実がサヨナラ勝ちした。早実・清宮幸太郎内野手は2本塁打を放った。当初の予定を変更し神宮球場で史上初のナイターで開催。2万人の…

  詳細


高校硬式野球で「東北初」の女性監督が誕生した。今春から宮城・涌谷に阿部奈央監督(25)が就任。父輝昭さん(56=石巻北監督)の影響で幼い頃から野球に親しみ、高校時代(石巻)は男子部員に交じり、硬球を追いかけた。初采配となった22日の春…


早実・清宮幸太郎内野手(3年)が2打席連発となる高校通算83号、84号を放ち、チームを秋春の東京大会連覇に導いた。好敵手の日大三を、延長12回の末、18−17のサヨナラ勝ちで退けた。春の優勝は荒木大輔を擁した82年以来、35年ぶり9回…

  斎藤佑樹


早実・清宮幸太郎内野手(3年)が2打席連発となる高校通算83号、84号を放ち、チームを秋春の東京大会連覇に導いた。好敵手の日大三を、延長12回の末、18−17のサヨナラ勝ちで退けた。春の優勝は荒木大輔を擁した82年以来、35年ぶり9回…


早実・清宮幸太郎内野手(3年)が2打席連発となる高校通算83号、84号を放ち、チームを秋春の東京大会連覇に導いた。好敵手の日大三を、延長12回の末、18−17のサヨナラ勝ちで退けた。春の優勝は荒木大輔を擁した82年以来、35年ぶり9回…



選抜高校野球大会速報




スポンサードリンク




*注目のタイトル

藤 圭子/GOLDEN☆BEST

現在では宇多田ヒカルのお母さんとして有名なシンガー、藤圭子の全盛期の代表曲ばかりを集めたベスト・アルバム。1969年のデビュー曲「新宿の女」や「圭子の夢は夜ひらく」といった大ヒット・シングルが聴ける。








123456789


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加