D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校・大学・社会人野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





早実(東京)清宮幸太郎内野手(3年)がセンバツ初戦。「3番一塁」で先発出場。甲子園には早朝から大勢のファンが詰めかけた。 第1打席は1回1死一塁で迎えた。初球126キロのスライダーを痛烈なセンター右へのヒット。一、三塁とチャンスをつ…

  甲子園


早実(東京)清宮幸太郎内野手(3年)が初戦。第2試合で明徳義塾(高知)と対戦。延長10回の末、5−4で勝った。清宮は第1打席で痛烈な中前安打を放つなど4打数1安打1四球。高校通算80号本塁打は2回戦に持ち越しとなった。 清宮全本塁打デ…

  速報します


東海大福岡にアクシデントが起こった。 1−1の7回表、右ファウルゾーンへの大飛球を追った、東海大福岡の清水雄大内野手(3年)と佐田健介内野手(3年)と前原生弥外野手(3年)が交錯。前原が捕球していたが、清水が右手親指と左膝を負傷。大…


東海大福岡が、9回サヨナラ勝ちで前回出場以来、32年ぶりの勝利を収めた。 同点で迎えた9回1死一、二塁から橋本尚樹内野手(3年)が遊撃へのゴロ。一瞬、併殺と思われたが、相手二塁手が一塁へ悪送球。その間に二塁走者が一気にサヨナラのホー…

  甲子園


昨年春夏甲子園4強の秀岳館(熊本)が、自慢の打線を爆発させて圧勝発進した。3回に1点を先制すると5回には3点を追加し、なおも2死満塁から幸地竜弥捕手(3年)が左翼へ満塁本塁打を放って一挙7得点。12安打11得点で悲願の初優勝へ好スター…


第89回選抜高校野球大会に出場する静岡が、今日24日(第5日)第3試合(午後2時開始予定)で不来方(岩手)との対戦を迎える。先発濃厚の左腕エース池谷蒼大投手(3年)は23日、大阪市内で最終調整。同校の前エースで15年センバツ8強に導い…

  選抜高校野球


2年ぶり12度目出場の仙台育英(宮城)が、昨秋の北信越王者・福井工大福井に4−6で敗れた。佐藤由規投手(現ヤクルト由規)を擁した07年春以来10年ぶりの初戦敗退。それ以降の春2回、夏6回の甲子園はすべて初戦突破していた。エース左腕・長…

  甲子園


東北勢最後の出番となる不来方(こずかた、岩手)が23日、兵庫・尼崎市内で今日24日の静岡戦に向けて2時間ほどシートノックなどで最終調整した。シート打撃で本塁打を放ち、幸先良く初戦を迎えるエース兼4番打者の小比類巻圭汰主将(3年)は「誰…


早実(東京)の清宮幸太郎内野手(3年)がセンバツ高校野球で24日、明徳義塾との1回戦に臨む。 清宮は、10日の組み合わせ抽選会で名将・馬淵監督率いる明徳義塾のイメージを聞かれ「センスのある選手がたくさんいるイメージと松井さんのやつ(…

  松井秀喜


早実(東京)の清宮幸太郎内野手(3年)がセンバツ高校野球で24日、明徳義塾との1回戦に臨む。 ◆1年夏(2015年)の甲子園での清宮 準決勝までの全5試合に「3番・一塁」でスタメン出場し、全試合で安打を放った。打率4割7分4厘(19…

  甲子園


高田商OBで元DeNAの三浦大輔氏(43=日刊スポーツ評論家)が声援を送った。 甲子園で高校野球を観戦したのは高3の夏、野球部を引退して以来。「アルプスで応援した時、当時に戻ったような気がした。(試合中に)校歌を聞いてゾクッとした」…


史上5校目の夏春連覇に挑む作新学院(栃木)が好発進した。エース左腕の大関秀太郎投手(3年)が7回5安打無失点の快投。12安打を放ち、48年ぶり出場の帝京五(愛媛)に9−1で快勝した。 6回2死満塁のピンチ、大関はあの夏を思い返した。…


早実(東京)の清宮幸太郎内野手(3年)が、今日24日の明徳義塾戦に向け万全の状態に仕上げた。23日、兵庫・尼崎市内で練習し、シート打撃では12打席で2本塁打。中堅スコアボードに直撃する1発を放ち、野村との特打では32スイングで8本の柵…


夏春連覇に挑む作新学院(栃木)が、48年ぶり出場の帝京五(愛媛)に9−1で快勝した。 帝京五の元ロッテ小林昭則監督(49)が完敗を悔やんだ。3点を追う2回1死一、三塁で初球にスクイズ敢行も、打者が空振りし得点できず。「まず1点の気持…


秀岳館の広部就平主将(3年)が4打数2安打の活躍で勝利に貢献した。チームも12安打11得点を奪い初戦快勝。 「1発は打てませんでしたが自分の打撃はできました。みんな調子いいのでこのまま優勝を狙いたい」と声をはずませた。


高田商OB三浦大輔氏(43=日刊スポーツ評論家)が見守る中、三浦氏の遠縁・三浦育真内野手(3年)が聖地に立った。 5回に代打で出場し四球、三振。第3打席に代打を送られたが「足がガタガタしていて、その結果のフォアボールはよかった」と緊…


元ロッテ橋本将氏(40)を叔父に持つ篠崎康捕手(3年)が、2安打で気を吐いた。 2回の初打席で一、二塁間を破り、9回の第4打席も右前打。堀内大暉外野手(3年)の適時二塁打で、学校として2度目の甲子園出場で初のホームを踏んだ。 橋本…


秀岳館・半情冬馬内野手(3年)が先制打を含む5打数2安打3打点の活躍でリードオフマンの役割を果たした。 両チーム無得点で迎えた3回無死三塁。1番の半情が先制の右前適時打を放ち打線に勢いをつけた。 「持ち味の強打の秀岳館が出せた。ま…


福井工大福井(福井)が仙台育英(宮城)に逆転勝ちした。4回に左翼席へ同点2ランを放った山岸は「2点先行されていたし、なんとか打ちたいと思っていた。速球をしっかりたたけた」。昨秋北信越大会でサイクル安打を記録した力を発揮した。 摺石投…


作新学院(栃木)が、史上5校目の夏春連覇へ向けて好スタートを切った。 エース左腕の大関秀太郎投手(3年)が7回5安打無失点。1四球と制球もさえた。「まだ3ボールになる場面もあるのでしっかり修正したい。すべて守備に助けられました」と言…


昨夏に全国制覇した作新学院(栃木)のほか、秀岳館(熊本)福井工大福井が2回戦に進出した。 史上5校目の夏春連覇に挑む作新学院は序盤から打線がつながり、48年ぶり出場の帝京五(愛媛)に9−1で快勝した。 昨年は春夏とも4強入りした秀…


秀岳館・鍛治舎巧監督(65)が12安打11得点の圧勝発進に手応えを感じていた。 特に5回には7番幸地が満塁本塁打を放つなど打者12人を送り込み、5安打を集中。この回一挙7得点を奪い試合を決定づけた。 「相手投手に序盤は低めのチェン…


早実(東京)の清宮幸太郎内野手(3年)が23日、兵庫・尼崎市内で練習し、24日に行われる明徳義塾(高知)戦に備えた。 シート打撃では12打席に立ち、2本塁打をマーク。中堅バックスクリーンに直撃する1発を放った。野村大樹内野手(2年)…


作新学院(栃木)が帝京五(愛媛)に快勝し、史上5校目の夏春連覇へ好スタートを切った。 1回表、4番中島淳内野手(3年)の適時三塁打などで3点を先制。3、4回に2点ずつを奪うと終盤にも加点した。 守っては先発の大関秀太郎投手(3年)…


高田商(奈良)が昨春ベスト4の秀岳館(熊本)に屈した。 4回までなんとか1点に抑えていたが、5回表に先発の古川響輝投手(3年)の四球に、守備の乱れも重なり7失点。7番の幸地竜弥捕手(3年)には満塁弾を許した。6回裏には山崎智也内野手…



選抜高校野球大会速報




スポンサードリンク




*話題の一冊

松本太陽 (著), 山田真衣佳 (イラスト) /松本山雅FCあるある

監督、選手、OBはもちろん、サポーター気質やスタジアム、松本という街にまつわるネタまで、松本山雅のすべてをカバー。納得の大ネタから、サポ心をくすぐるマニアックネタまで、全224本を怒濤の大放出!ドラマ満載「山雅劇場」をギュッと凝縮!








1234567891011121314151617


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加