D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校・大学・社会人野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





今秋のドラフト候補の履正社(大阪)・安田尚憲内野手(3年)は3打数無安打1四球だった。 「インコースのストレートにつまるなど、自分のスイングができなかった」と呉(広島)のエース池田吏輝投手(3年)の好投に苦しんだ。「なかなか相手投手…


盛岡大付(岩手)が前年優勝の智弁学園(奈良)を破り、春夏通じて初の8強入りを果たした。 5回まで0−0の投手戦。6回、林一樹外野手(3年)、大里昂生内野手(3年)の連続二塁打で先制。7回に3点を奪うと8回にも1点を加えダメを押した。…


履正社(大阪)が初回の1点を守り抜き、呉(広島)に完封勝ちした。エース竹田祐投手(3年)がわずか2安打しか許さなかった。 最後の打者を三振に抑え雄たけびをあげた竹田は「気分はすごくいいです。すごくうれしかったんで声が出てしまった」と…


大阪桐蔭のエース徳山壮磨(3年)が7回2安打無失点と好投した。許した安打は、5番の荒武悠大内野手(3年)に打たれた2本だけ。 安打と2四死球による5回1死満塁も、後続を断って無失点で切り抜けた。昨年は1回戦・土佐(高知)戦で、先発の…


初出場の呉(広島)が優勝候補の履正社(大阪)相手に大健闘した。 無失策の堅い守りに支えられて、エースの池田吏輝投手(3年)が8回6安打1失点と好投。1回2死二塁で履正社の4番若林に適時二塁打を許したが、池田は「思ったより打たれなかっ…


優勝候補の一角、履正社(大阪)が1−0で呉(広島)を破りベスト8一番乗りを果たした。 1回に若林将平外野手(3年)の適時打で挙げた1点をエース竹田祐投手(3年)が2安打完封の好投で守りきった。竹田は最速140キロ直球を低めに集め奪三…


中学時代はスキーのチャンピオンとしても注目された大阪桐蔭の2年生、根尾昂(あきら)外野手が、2点適時打で甲子園にデビューした。 「5番・遊撃」で先発出場。初回、4番の山本ダンテ武蔵外野手(3年)が押し出し四球を選んで先制し、なおも無…

  甲子園


宇部鴻城(山口)が、力の差を痛感して初戦敗退した。 大阪桐蔭との初戦で1回に大量5失点。先発の早稲田玲生投手(3年)が1死も取れず打者5人に2安打2四球など5失点で1回途中降板。わずか21球で終わった。「気持ちの面で攻められなかった…


2年ぶり16度目出場の静岡が12−3で、21世紀枠の不来方(岩手)に快勝した。先発の左腕エース池谷蒼大投手(3年)が7回を6安打9三振1失点と好投。打線も先発全員16安打を記録した。同校は春通算10勝目で、県勢の春夏甲子園通算140勝…


センバツ1回戦を突破した静岡のアルプス席では、同校史上初の女性応援団長、香焼(こうたき)梨沙さん(2年)が、伝統の座って指揮するスタイルで役割を果たした。県内からバス18台で甲子園に駆けつけた生徒や父母会、一般ファン、現地関係者ら一塁…


21世紀枠で初出場の不来方(こずかた、岩手)が静岡に3−12と打ち込まれ、初戦で敗退した。初回にエース兼4番打者の小比類巻圭汰主将(3年)の中越え二塁打で先制したが、その裏に自身のバント処理のミスから5点を失うなど16安打12失点。練…


21世紀枠で初出場の不来方(こずかた、岩手)が静岡に3−12と打ち込まれ、初戦で敗退した。 不来方の三塁側アルプススタンドでは、約500人の応援団が試合を盛り上げた。学校のある矢巾町からバス16台で生徒、保護者ら約330人がかけつけ…


「神ってる」東海大福岡が、甲子園でも奇跡を起こした。同点で迎えた9回1死一、二塁から併殺かと思われた直後に相手悪送球でサヨナラ勝ち。エース安田大将(だいすけ)投手(3年)が9回4安打1失点、奪三振0の完投劇でミラクルを呼んだ。福岡勢同…


東海大福岡が9回敵失でのサヨナラ勝ちで、32年ぶりのセンバツ勝利を手にした。先発した横手投げエース安田は4安打1失点、三振0で16飛球アウトで勝利に貢献した。「打者が考える時間がないようにテンポ良く投げることを心がけた。三振を取りにい…


清宮率いる「ミラクル早実」が難敵を打ち破った。早実(東京)が延長10回の末、明徳義塾(高知)に5−4で逆転勝ち。2点を追う9回2死一、二塁で主将の3番清宮幸太郎内野手(3年)が四球を選び満塁とすると、野村大樹内野手(2年)の押し出し四…


甲子園歴代5位48勝の明徳義塾(高知)馬淵史郎監督(61)が「こんな負けは初めて」と天を仰いだ。堅守を誇る明徳義塾が、あと1死からの守りのほころびで敗れた。「負けるたびにいろんな経験をさせてくれる。甲子園という場所は…」と虚空をにらみ…


2年ぶり16度目出場の静岡が、春通算10勝目を飾った。 1回表に1点を先制されたが、その裏に打者一巡の猛攻で5点を奪い逆転。その後も攻撃の手を緩めず先発全員の16安打で、21世紀枠の注目校を退けた。 小柳廉主将(3年)は「初回がバ…


「恐怖の9番」早実(東京)野田優人内野手(2年)が決勝打含む3安打4打点と大暴れした。 2回の第1打席で右前打を、7回には右中間へ三塁打を放ち、延長10回に勝ち越しの中前打。3安打すべて適時打を放った。 激闘を制しお立ち台に上がる…


早実(東京)静岡、東海大福岡が2回戦に進出した。 早実は2点を追う9回、内野ゴロと押し出し四球で同点とすると、10回2死三塁から野田の中前適時打で勝ち越し、明徳義塾(高知)に5−4で逆転勝ちした。 静岡は序盤から打線がつながり16…


21世紀枠で初出場の不来方(こずかた、岩手)が、さわやかに散った。 岩手県勢のセンバツワーストとなる12失点を喫したが、初回に4番・小比類巻圭汰投手(3年)の中越え二塁打で先制するなど9安打。練習の9割を打撃に費やしてきた小山健人監…


選手10人、21世紀枠で初出場の不来方(こずかた=岩手)が静岡に3−12で敗れた。これで今大会に出場した21世紀枠3校がすべて初戦で姿を消した。 すでに多治見(岐阜)が報徳学園(兵庫)に0−21、中村(高知)は前橋育英(群馬)に1−…


早実(東京)・清宮幸太郎内野手(3年)が、仲間が体現した「ザ・早実」野球に胸を熱くした。 2点ビハインドの9回、和泉実監督(55)から「山があれば谷もある。試合が動いたから、まだチャンスある」とゲキを飛ばされ、清宮も「自分たちに今で…


神戸国際大付(兵庫)が接戦の末、サヨナラ負けした。 黒田倭人(やまと)投手(3年)が8回まで1失点と粘ったが、9回先頭打者を四球で出塁させると、最後は併殺を狙った後藤貴大内野手(3年)の一塁への悪送球で走者が生還した。あっけない幕切…


甲子園48勝の明徳義塾(高知)・馬淵史郎監督(61)が逆転負けに天を仰いだ。 初回に3点を先制し、8回に4番の谷合悠斗外野手(2年)のソロでダメを押したかに見えた終盤。だが9回に併殺崩れで1点差に迫られ、なおも2死一塁でエース北本佑…


明徳義塾(高知)があとアウト1つのところから痛恨の失策で勝利を逃した。 4−2で9回へ。1点差に迫られなおも2死一塁。投手の北本が早実・横山を投ゴロに仕留めたがこれをファンブル。すぐに拾って投げようとしたが手につかず一、二塁に。ここ…



選抜高校野球大会速報




スポンサードリンク




*話題の一冊

反町康治 (著)/RESPECT 監督の仕事と視点

地方の新興クラブを率い、新たな舞台に導く―。知将が描き発信するサッカー論と指導者論、成長の軌跡と地域への思い。松本山雅FCの監督就任以来発し続ける信濃毎日新聞への寄稿、待望の単行本化で全国へ発信!各シーズンの公式戦戦績・選手一覧付き。








1234567891011121314151617


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加