D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツ

総合|スポーツ五輪|ゴルフ|サッカー|プロ野球|大リーグ|高校野球|大相撲|サンスポ|スポニチ




新潟南は長岡に5−0で勝ち、02年夏以来の県8強入りを決めた。エース清水響介投手(2年)が被安打2の10奪三振の完封投球を演じた。準々決勝は19日にハードオフ新潟で再開する。 マウンドで清水が笑みを浮かべた。表情を崩しながらの「リラック…


空知、名寄、釧根の3地区で代表決定戦が行われ、空知は滝川西が延長10回9−7で深川西を下し、甲子園に出場した昨夏以来4季ぶり道大会出場を決めた。9回に追い付かれるも、10回2死満塁で、1年生の工藤拓真右翼手が決勝の満塁本塁打を放ち、勝利…

  甲子園


光南がエース投入で流れを変え、郡山に5−3で逆転勝ちした。1−3の7回から、背番号1の金沢翔太(2年)が遊撃からマウンドに回った。 金沢は終盤3回を3安打無失点で相手攻撃を断つと、打線は8、9回に計7安打。同点の9回は1死一、三塁で3番…


大船渡(岩手)のエース右腕・佐々木朗希投手(2年)が16日、秋季高校野球岩手県大会1回戦で、自己最速を3キロ上回る157キロを記録した。1回裏2死満塁、2−2から二ゴロでピンチを脱した外角直球だった。「比較的、調子が良かった。歓声が上が…


大船渡のエース右腕・佐々木朗希投手(2年)が、自己最速を3キロ更新する157キロをマークした。 1回裏2死満塁のピンチに、157キロの直球で二ゴロに抑えた。2回裏には、球場表示で163キロ。超満員の観客からは「こりゃあ、うそだろ」。15…


“ミラクル・カナノウ”再び! 今夏の甲子園で準優勝に輝いた金足農が、甲子園帰り初戦で鮮やかな逆転勝ちで初戦を突破した。 5−6の9回2死満塁から4番嶋崎響己内野手(2年)が逆転の2点中前適時打を放った。「打った球はストレート。真ん中低め…

  甲子園 ラッキーゾーン


今夏甲子園に出場した慶応が13安打の猛攻で、桐光学園に7回コールド勝ちした。 慶応が、桐光学園の先発左腕・冨田を初回から打った。2死から2番本間が遊撃内野安打で出塁すると、4連打で3点を先制。2回にも2死満塁から4番広瀬が走者一掃の適時…


大船渡のエース右腕・佐々木朗希投手(2年)が、自己最速を3キロ更新する157キロをマークした。 1回裏2死満塁のピンチに、157キロの直球で二ゴロ。「今日は比較的、調子が良かった。歓声があがったので(自己最速を)更新したのかなと思いまし…


新グラウンドへの感謝を結果で表した。気仙沼向洋(宮城)が9回の逆転劇で、5−4で利府に勝利。春秋を通じて、6年ぶりの県大会勝利を挙げた。 思わぬ形で勝利が転がり込んだ。1点を追う9回は2死一塁から、利府の守備陣が連続失策。決勝点は二、三…


小樽地区の代表決定戦で、今夏の甲子園に出場した北照が小樽潮陵を4−0で下し、2年連続39度目の全道大会出場を決めた。5回1死三塁で、9番伊藤陸主将(2年)が先制の中前適時打。今大会9打席目での初安打が決勝打となり「何とか打撃で1つ結果を…


今夏の甲子園大会で史上初となる2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭が15日、新チーム初戦の秋季近畿地区大会大阪府予選1回戦(豊中ローズ球場)に臨み、堺工科に17−0で5回コールド勝ちした。 公式戦初出場の3番西野力矢内野手(1年)が1回に…

  大阪桐蔭 新星誕生


秋田南が7−0で7回コールド勝ちし、初戦を突破した。3−0で迎えた7回裏、寺門亮太外野手(1年)の左翼線適時二塁打や敵失で3点を加点すると、2死満塁から岩沢利樹内野手(1年)が適時打を放って、試合を決めた。 岩沢は2回裏に左犠飛で先制点…


今夏の甲子園で史上初となる2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭が、新チームとして初戦に挑み、5回コールド発進した。 公式戦初出場の3番西野力矢内野手(1年)が、初回1死一塁の第1打席で左翼ポール際へ2ラン。続く3回無死満塁で迎えた第2打席…

  大阪桐蔭 史上初


東海大相模が“雨ニモマケズ”7回コールド勝ちを収めた。 雨のため試合開始が予定より約3時間遅れた。しかし、初回1番の遠藤成三塁手(2年)の四球を皮切りに無安打で先制点を奪うと、4回に再び遠藤の2ランなどで5点を追加した。 公式戦3本目の…


今夏の甲子園出場校、中越(新潟)の坂井翔太遊撃手(3年)が14日、プロ志望届を提出した。走攻守そろった好素材としてプロから注目されてきた。12球団すべてOKで、育成指名でも受け入れる構え。決意を固めて、10月25日のドラフト会議に備える…

  甲子園 ラッキーゾーン


東北(宮城)の杉沢龍内野手(3年)が東北福祉大(仙台6大学)に合格していたことが14日、分かった。 左打ちの遊撃手で通算本塁打は40本を超える。今春の東北大会では4本塁打をマーク。準決勝の八戸学院光星(青森)戦では3発のアーチをかけて、…


秋季秋田県大会が開幕し、出場19校が開会式に参加した。 今夏の甲子園で準優勝した金足農の新主将・船木弦外野手(2年)らも堂々と行進。エース吉田輝星投手(3年)から背番号1を引き継いだ関悠人投手(2年)は「吉田さんのあとでプレッシャーは、…


北海道胆振東部地震で甚大な被害を受けた北海道・むかわ町の鵡川は初戦で敗退した。 同点の4回、相手に打者一巡の攻撃を許して5失点とリードを広げられた。最終回は2死一、三塁から1点を返すが逆転はならなかった。メンバーは攻守交代などでチームの…

  北海道 天気


札幌白石の増田隼汰一塁手(2年)が度重なるアクシデントに見舞われながら、最後まで戦い抜いた。2回途中の守備で右腕周辺にハチが来たため「振り払ったと思ったが。気づいたら腕に止まられ、刺されていた」という。すぐに審判に申し出て9分間、患部を…


札幌大谷が札幌白石に5回コールド勝ちし、北海道大会出場一番乗りを決めた。打線が爆発し、長打5本を含む17安打21得点。5番の石鳥亮中堅手(2年)は2回1死満塁で中越え満塁本塁打を放つなど、1人で4安打放ち、7打点を挙げた。 石鳥は「春、…


新潟大会は16強が出そろった。村上桜ケ丘は新津に8−1の7回コールド勝ちした。公式戦デビュー戦だった菅原岳心三塁手(1年)が大量得点の口火を切った。2回2死二塁に先制の左中間二塁打を放ち、チームを乗せた。新潟は新発田商に7−3。3−3の…


秋季高校野球の東北6県各県大会が、今日14日の福島を皮切りに開幕する。明日15日開幕の秋田県大会では、「輝星から本塁打を打った男」田口駿介主将(2年)がチームを引っ張る能代に注目だ。今夏の県大会3回戦で、甲子園準Vに輝いた金足農エース吉…

  甲子園 ラッキーゾーン


日本高野連は13日、新たなプロ志望届提出者を発表した。 高校通算58発の花咲徳栄(埼玉)野村佑希内野手(3年)は昨夏の甲子園は4番として埼玉県勢の初優勝に貢献。今夏はエースで4番を務め甲子園で2戦連続本塁打を放った。プロでは内野手で勝負…


第71回秋季高校野球静岡県大会(15日開幕)に25年ぶり6度目出場の星陵(東部5位)は、1回戦で浜松市立(西部3位)と対する。3番捕手の望月彩豊(あやと)主将(2年)を中心に強化してきた打撃力を発揮し、まずは県1勝を目指す。 両翼98メ…


南支部の新潟県大会出場校8校が出そろった。長岡大手は高田北城に11−1の5回コールド勝ち。2−1で迎えた5回は無死のまま、大量9点をもぎ取った。9−1の無死満塁でコールドを決める2点中前打を放った和田森蒼左翼手(2年)は、この回2安打。…



スポンサードリンク




*注目のタイトル

高橋 大輔/誰も知らない高橋大輔 [DVD]

ケガとの戦い、モチベーションの低下、コーチとの軋轢と復縁、若いライバルの台頭・・・。関西を拠点に、世界のトップを歩んできた高橋大輔の、誰も知らない、誰も見たことのない姿を映したドキュメンタリー。2014年4月12日に関西地区で放送されるや、他地区での放送や再放送などの問い合わせが殺到したドキュメンタリー番組が、ファン待望のDVD化決定! 放送されなかった2013全日本フィギュア選手権演技終了後や代表発表前後のインタビューが収録されたディレクターズカット版。10月14日に現役引退を発表した会見の模様を緊急収録!



カレンダーランキング 女性タレント

11位 トライエックス 仲村美海 2019年 カレンダー CL-226 壁掛け B2

2019年版カレンダーです※サイズは使用時のサイズとなります。 ※掲載の写真は現物が異なる場合があります。 ※都合により、 タイトル・価格・仕様が変更になる場合、 …




123


Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加