D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツ

総合|スポーツ五輪|ゴルフ|サッカー|プロ野球|大リーグ|高校野球|大相撲|サンスポ|スポニチ




西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県で、当初7日の予定より10日ずれ込んで広島大会が開幕した。被害の大きい呉地区でも1回戦が開催。第1試合は呉宮原が5回コールドで音戸・大柿を下した。 主将の藤原大輔投手(3年)は先制の右翼ランニング…


春夏連続の甲子園出場を目指す駒大苫小牧が接戦を制し、初戦を突破した。 0−1の4回1死二、三塁から救援したエース大西海翔(3年)が後続を断つと、直後の5回に打線が2点を返し逆転した。 8回に2−2に追いつかれたが、9回2死満塁で2…


帯広大谷は1年生左腕、木島広輔の好投で2年連続で初戦突破を果たした。 先発した背番号17は5回無失点。直球とカーブのコンビネーションで強力打線が持ち味の士別翔雲を4安打に抑えた。打線は小刻みに得点を刻み8回までに7得点を奪い、コール…


第100回全国高校野球選手権記念大会の関連イベント「第100回つなぐ始球式始球式リレー」が、西千葉大会3回戦の第1試合開始前に行われ、習志野OBで第49回大会(1967年)の優勝投手、同校監督としても第57回大会(1975年)に全国制…


2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)が、四条畷に7回コールド勝ちし、北大阪大会初戦(2回戦)を突破した。今秋ドラフト1位候補の4番・藤原恭大外野手(3年)が2回、快足を生かした二塁打から、根尾昂内野手(3年)の中前打で激走し先制…


部員間の暴力が発覚し、春の地区大会を辞退した酒田南(山形)のエース左腕・阿部雄大(3年)が鶴岡高専を相手に5回ノーヒットを達成し、初戦を突破した。昨秋の東北大会準々決勝以来、274日ぶりとなる公式戦登板に「緊張して硬くなっていた。スト…


県岐阜商−大垣西戦で、球審が自らの誤審に「ごめんなさい」と謝る珍しいシーンが起こった。 県岐阜商1点リードの3回2死二、三塁で市川幹也外野手(3年)が放った一塁への低いライナー性の打球を巡って、一塁塁審はセーフの判定。だが、球審はア…


母校の県岐阜商に、指導者として戻った鍛治舎巧監督(67)が夏の初陣を白星で飾った。2回、大垣西に3点を先制されたが、直後に4点を奪って逆転。その後は毎回得点し、7回コールド勝ちを決めた。「指導者として、グラウンドで母校の校歌を聞くのは…


<高校野球東兵庫大会:県伊丹5−0神戸商>◇16日◇2回戦◇明石トーカロ球場 オールドファンには注目のカードだった。明石トーカロ球場の第2試合、神戸商−県伊丹。第1回の地方大会に出場した伝統校同士の戦いは、県伊丹に軍配が上がった。 …


能代松陽165センチエース左腕の佐藤開陸(かいり=3年)は「技巧派」で甲子園切符をつかむ。前日15日に150キロをマークした金足農の吉田輝星(こうせい)投手(3年)と対照的な投球内容で好発進。5回途中から登板し、最速140キロの直球と…


錦城学園・石野田拓斗投手(3年)が初先発初完封で初戦を突破した。 初回に先頭を失策で出したが、その後は危なげない投球。四死球ゼロの制球力を見せ、大事な初戦で初完封をやってのけた。野球部の3年生で唯一特進クラスに所属する179センチの…


3年生の右腕トリオが9回18Kの奪三振ショーを披露した。東北学院が亘理を7−0で下し、快勝発進した。3投手が3安打無四球で、二塁も踏ませず無失点リレー。先発の大沼昌平が5回1安打10K、2番手でエースの加賀谷光汰朗が2回無安打5Kと、…


南福岡では公立校の香椎が初の甲子園まであと2とした。昨年秋、今年春と2度負けた久留米商相手に壮絶な打撃戦の末に打ち勝ってリベンジに成功した。記念大会の南福岡大会とはいえ、唯一残った公立校が創部初の4強。無印軍団が暑い夏の主役となる。 …


湖西が逆転勝ちで2年連続の3回戦進出を決めた。吉原工に5−4。プロ注目右腕の水野喬日(もとか=3年)は、2点リードの6回に4安打を浴び、ミスも絡んで3失点。それでも、7回無死満塁のチャンスを作ると、2番尾崎和哉(2年)が内角高めの直球…


今春16強の科学技術が、8−7のサヨナラで静清を破り、2010年以来8年ぶりの3回戦進出を決めた。2回を終わって7−0も、ジワジワと追い上げられて8回表に同点にされた。しかし、9回裏に静清エース田中優吾投手(3年)を攻略。最後は代走で…


北北海道大会では、3季通じて道大会初出場の紋別が6−4で岩見沢農を振り切り、北大会初白星を挙げた。 創立12年目の紋別が初勝利を飾った。初めて旭川スタルヒンに校歌を響かせると、ぎこちない足取りでスタンドに向かい「よくやったぞー!」と…


長岡大手は14本の長短打で分水に10−0の5回コールド勝ちした。石黒壮真一塁手(3年)が2本の三塁打を放って、4打点の大暴れ。菊地剛琉(たける)三塁手(3年)はサイクル安打王手の活躍だった。大量リードに、参考ながら2投手の継投で準完全…


南北海道大会は、北海道栄が6−1で函館大有斗を下し、3年連続の8強進出を決めた。181センチのプロ注目エース、才木海翔(3年)が9回1失点、10奪三振の完投で、夏の甲子園7度出場の難敵を倒した。 北海道栄の才木が帽子を飛ばし、笑顔を…


西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県で17日、第100回全国高校野球選手権大会への出場を懸けた広島大会が開幕し、三次市のみよし運動公園野球場で開会式が行われた。道路の寸断などライフラインへの影響が大きく、当初の予定から10日ずれ込み、…


青藍泰斗・落合孝稀記録員(3年)は悲しみを乗り越えた。高1秋には、父卓さんががんのため43歳の若さで他界した。小1で野球を始めた時、所属した小山クラブは父が監督だった。野球といえば父。それだけに最愛の父の死は衝撃だった。次第に野球を続…


3時間8分の激戦。タイブレーク寸前となる延長12回の戦いを終え、整列する両軍ナイン−。敵味方なく誰よりハグと握手を求められたのが、勝った土浦湖北の身長152・3センチ、彦坂健斗右翼手(3年)だった。180センチ超の選手の間に入ると、同…


川口市立(南埼玉)が、7−4で埼玉栄に勝利した。先発したサイドスロー星山祥輝投手(3年)が9回9安打4失点(自責2)と粘りの力投。今秋ドラフト候補の米倉貫太投手(3年)を擁する埼玉栄に競り勝った。OBの巨人斎藤雅樹投手総合コーチ(53…


8年ぶりの夏の甲子園を目指す報徳学園(東兵庫)が、伊丹西に7回コールド勝ちした。阪神糸井のはとこに当たる糸井辰徳外野手(3年)が「5番・右翼」で先発出場し、初回から3打席連続適時打で3打点。超人のDNAを感じさせる活躍に「調子はいい感…


藤沢翔陵(南神奈川)が、第2シードの日大藤沢を撃破した。3−5で迎えた9回、粘りを見せた。1点を返し1死二塁、羽立和輝内野手(3年)が膝元のスライダーに食らいついて二塁打を放ち同点。さらに2死二塁で、宮川勇汰捕手(3年)が高めの直球を…


拓大紅陵(東千葉)の勝利を女子マネジャーが支えている。猛暑が続く関東地区。この日、市原市の最高気温は32度。関係者によると、グラウンドは40度近くになっていたという。そんな中、選手たちは暑さをものともせず元気に走り回り7回コールドで勝…



スポンサードリンク




*注目のタイトル

ドキュメンタリー/NHK特集 江夏の21球 [DVD]

時代を超えて人々の心に残る名作ドキュメンタリーを収めたシリーズの「江夏の21球」編。昭和54年の日本シリーズ、広島対近鉄の優勝をかけた第7戦の9回裏。近鉄の無死満塁のチャンスを抑えた広島・江夏の21球を分析し、選手間での駆け引きを解き明かす。1983年1月24日 NHK総合で放送。



カレンダーランキング スポーツ

13位 中田翔(北海道日本ハムファイターズ) 2018年 カレンダー 壁掛け B3

昨シーズン、 110打点を挙げ自身2度目の打点王に輝いた中田選手。 日本ハムファイターズの“チームの顔"として活躍する勇姿を綴ったカレンダー。 …




12345678910


Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加