D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【高校・大学・社会人野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





静高(静岡2位)が、0−13の7回コールドで至学館(愛知1位)に大敗し、秋春連覇を逃した。昨秋東海大会決勝と同じカードで、至学館に雪辱を果たされた。 先発のエース池谷蒼大投手(3年)が4回4失点。2番手の竹内奎人投手(3年)も2回1…


創立10年目の大船渡東が、強豪・花巻東を6−4で下し、初の東北大会出場を決めた。2−4で迎えた6回表に6安打で4点を奪い逆転に成功すると、2番手の佐藤飛勇(3年)が、5回を投げ強力打線を散発2安打で無失点に抑え、番狂わせを演出した。 …


東北の布施東壱(とうい)捕手(3年)が2試合連続本塁打を放ち、チームを2年連続の決勝、東北大会(6月8日開幕、宮城)出場に導いた。公式戦初めて4番に座り、2点リードの5回1死二塁から、右翼ポール際に今大会4試合目で3本目のアーチをかけ…


第56回春季全道高校野球が今日29日、札幌円山で開幕する。名寄地区から2年連続で出場する稚内大谷は、初日の1回戦で旭川実と対戦する。4月の練習試合で9回7失点したエース正岡翔也(3年)は、バレーボールのアタックを意識した投球フォームに…


島人(しまんちゅ)の野球ファンに、感謝のアーチを届けた。早実(東京)の清宮幸太郎内野手(3年)が、沖縄での招待試合の美来工科戦で高校通算96号を放った。5点ビハインドの8回2死二、三塁、右翼の防球ネット最上部に直撃する推定130メート…


彦根東(滋賀)の秀才左腕が、龍谷大平安を2安打に抑えた。 先発の増居翔太投手(2年)が9回2安打2失点で完投した。2回には連続四球から2点を失ったが、その後は落ち着いた投球で失点を許さなかった。増居は「甘いところに投げると打たれるの…


2年ぶり19度目出場の静岡(静岡2位)が、至学館(愛知1位)に7回コールドで完敗した。 昨秋の東海大会決勝と同一カード。当時は静岡が5−1で勝利したが、ひと冬を越えてたくましさを増した至学館打線に、静高の2枚看板がつかまった。先発の…


連覇を狙う東陵が、昨春と同じ準決勝で仙台育英を撃破し、決勝に進出して2年連続の東北大会(6月8日開幕、宮城)出場を決めた。 エース右腕の佐藤瑞輝(3年)が完封目前の9回に1点を失ったが、被安打8で完投した。「去年の春も育英に準決勝に…


東北の2代目「メガネッシュ」、2年生左腕古川原将真が3安打14奪三振の完封で、チームを2年連続の決勝、東北大会(6月8日開幕、宮城)に導いた。 この日午前5時に起床し「朝の目覚めが良かった。今日はすっきりしていて朝から、いけると思っ…


智弁和歌山が大阪桐蔭に敗れ、4強入りを逃した。 最初の打者を失策で出塁させるなど、2回までに3失策と序盤に守備のミスが相次いだ。高嶋仁監督(70)は「ミスしたら日本一のチームに負けますよ。力持っとる子はいるけど、よう出ない」と苦笑い…


今春センバツで優勝した大阪桐蔭が智弁和歌山を6−3で破り4強入りした。 1、2回に2点ずつを奪い主導権を握りエース徳山壮磨投手が自らのバント処理のミスなどで3失点も4安打に抑え完投した。 徳山は「自分のストレートが相手打線に通用し…


美来工科のエース・山内慧投手(3年)が、早実の強力打線を相手に8回1失点の好投でチームを勝利に導いた。 最速140キロの直球、カットボール、チェンジアップ、スプリットを交え、6回まで毎回の7奪三振を含むノーヒット投球。7回に雪山、清…


近畿大会第2日は1回戦残り2試合。彦根東(滋賀1位)−龍谷大平安(京都1位)、大阪桐蔭(大阪1位)−智弁和歌山(和歌山1位)。彦根東とセンバツ優勝の大阪桐蔭が準決勝進出を決めた。 第2試合:大阪桐蔭6−3智弁和歌山 チーム 1 2 3…

  春季近畿大会詳細


龍谷大平安(京都)が彦根東(滋賀)に敗れ、1回戦で姿を消した。 彦根東の先発増居翔太投手(3年)の前にわずか2安打に抑えられた。2回に1点を勝ち越されたあとも、3回に2死二塁、7回に2死二、三塁の好機をつくるもあと1本が出なかった。…


早実・清宮幸太郎内野手(3年)が、特大の96号3ランを放った。 沖縄県の招待試合で美来工科と対戦。1打席目は1回1死一塁から、美来工科のエース・山内慧投手(3年)の変化球を三飛。第2打席は右飛。第3打席で右前安打を放つと、8回2死二…


彦根東(滋賀)が龍谷大平安(京都)を3−2で破り4強入りした。 1回に2点を先制。2回表に同点に追いつかれたがその裏、スクイズ(内野安打)で勝ち越し。1点リードを先発した2年生左腕、増居翔太投手が守って逃げ切った。 増居は強打の龍…


仙台育英の西巻賢二主将(3年)が公式戦初先発を完封で飾り、4強入りを呼び込んだ。遊撃手が本職の右腕は、石巻工を5安打に封じ込めた。1番打者を務める打撃では初回、左翼スタンドに先頭打者本塁打。意外にも公式戦初アーチと、初ものづくしの勝利…


青森山田が150キロ右腕の八戸工大一・古屋敷匠真(3年)を攻略し、決勝進出を決めた。 青森山田が4−2で八戸工大一を下した。これで秋春連続Vに王手をかけ、2年ぶり16度目の東北大会出場を決めた。プロ注目の150キロ右腕、八戸工大一・…


今春センバツで初のベスト8に進出した盛岡大付が、花巻東を3−2で下し、6年連続13回目の東北大会出場を決めた。センバツ以来の先発マウンドとなったエース三浦瑞樹投手(3年)が、花巻東打線を7安打2失点に抑えての完投勝利。岩手頂上対決を制…


早実・清宮幸太郎内野手の高校全本塁打データ。5月28日の沖縄招待試合・美来工科戦で通算96号を放った。 4回表早実1死一、二塁、高校通算80号となる3点本塁打を放つ清宮(撮影・河野匠) ◆15年 号 月 ・ 日 試合 相手 打点 方向…

  95発全データ他



選抜高校野球大会速報




スポンサードリンク




*話題の一冊

元川 悦子 (著) /勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ

山雅スタイル―松本のフットボールは、観るものを熱くさせ、明日への活力をあたえてくれる。そのスタイルはいかにして築き上げられたのか。真実に迫るのは松本出身のサッカージャーナリスト・元川悦子。J2昇格からわずか3年でJ1挑戦に至った「奇跡の軌跡」を追う―。


カレンダーランキング スポーツ

15位 ラグビー日本代表オフィシャル 2017年 カレンダー 壁掛け

cJapan Rugby Football Union. All rights reserved.※写真は実際の商品と異なる場合があります。 ※都合により、 …




12345678910


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加