D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【プロ野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツ

総合|スポーツ五輪|ゴルフ|サッカー|プロ野球|大リーグ|高校野球|大相撲|サンスポ|スポニチ




交流戦首位のヤクルトは、終盤にリリーフ陣が乱れて大敗した。4点を追う5回に青木宣親外野手の2点適時二塁打と代打荒木貴裕内野手の2点適時打で追いついたが、7回に勝ち越し点を献上。8回には村中恭兵投手が11球連続ボールを含む4四球3失点と…

  青木宣親


巨人ゲレーロがコンディション不良で今季初めて出場選手登録を抹消された。高橋由伸監督のコメント。 「ちょっと不安があったので、下に行って、しっかり治して万全で戻ってほしい」

  ゲレーロ 初回代打


山川がサヨナラ打。西武辻発彦監督のコメント。 「状態は、そんなに良くなかった。本人も感じていたと思う。でも、ああなったら気持ち。その中で決めてくれた」


ロッテは過去3戦3勝だった巨人菅野に完封された。4回無死一、三塁の絶好機では3、4、5番が凡退。以降は三塁も踏めず。井口資仁監督のコメント。 「最近ああいうところで1本出ない。何とかしようという気持ちが強すぎるのかもしれない。余裕を…

  井口資仁


楽天が今季8度目の完封負けで、12球団最速で40敗を喫した。打線は3回に1死満塁を島内の三塁ゴロ併殺でつぶすなど、相手先発の藤浪に手を焼いた。梨田昌孝監督のコメント。 「ゲッツーは想像していなかった。藤浪は四球があってもストライク先…

  梨田監督 辞任発表


広島は今季2度目の4連敗を喫し、交流戦の勝ち越しがなくなった。両リーグ最速10勝を狙った大瀬良はプロ初3被弾で、今季ワースト7失点。今季最短4回KOで3敗目。緒方孝市監督のコメント。 「また次回に調整してゲームをつくって、ローテの柱…


ソフトバンクが豪快なアーチ攻勢で広島に完勝。初回にデスパイネの3ランで先制。2回には高田が2ラン、4回に上林が2ランを放ち、加点した。8回には江川が今季最多タイのチーム4本目となるソロ。すべて本塁打で8得点を挙げた。工藤公康監督のコメ…


ヤクルトは終盤に救援陣が崩れて大敗も、収穫は得た。リリーフからの配置転換で今季初先発のカラシティーが5回5安打4失点も、今後へのメドが立った。 米マイナー時代の13年以来の先発に、序盤は制球がばらついた。1回に1点を先制され、2回に…


史上初の“東西”対決は、西に軍配が上がった。オリックス西勇輝投手(27)がDeNAを相手に8回2失点の力投で今季4勝目を挙げ、チームを4連勝に導いた。DeNAはチーム勝ち頭の東克樹投手(22)が5回1/3、7失点の大乱調。主砲の筒香嘉…


西武山川は腹をくくった。10回1死一、二塁で、初顔の中日鈴木博。初球151キロを仕留め損ないファウル。「タイミングが合わない。速い。変化球を待って直球を打つなんて出来ない。無理やり打つしかない」。カウント2−2から内角151キロを詰ま…


巨人菅野智之投手(28)が、今季初の無四球完封で7勝目を挙げた。序盤から150キロ台の直球で押し込む強気の投球で被安打6にまとめ、交流戦絶好調のロッテに最後まで本塁を踏ませなかった。前回の登板で西武菊池に投げ負けた右腕が、今季3度目の…


阪神藤浪晋太郎投手(24)が、「日本生命セ・パ交流戦」楽天戦(楽天生命パーク宮城)に先発。昨年5月4日ヤクルト戦(神宮)以来、勝ち星から見放されていたが、6回1/3無失点の好投で、実に407日ぶりの勝利投手となった。雨の中、粘りの投球…


阪神藤浪晋太郎投手(24)が、ついに勝った。「日本生命セ・パ交流戦」楽天戦(楽天生命パーク宮城)に先発。昨年5月4日ヤクルト戦(神宮)以来、勝ち星から見放されていたが、6回1/3無失点の好投で、実に407日ぶりの勝利投手となった。雨の…


中日は救援陣が踏ん張れずに、逃げ切れなかった。2点リードの8回に岩瀬、祖父江が打たれ、同点に追いつかれた。延長10回に鈴木博がサヨナラ打を許し、今季3敗目。 森繁和監督は「(継投は)難しくなかった。(鈴木博は)状態がもう一つ。こうい…


阪神藤浪が、ついに勝った。楽天戦に先発。昨年5月4日ヤクルト戦以来、勝ち星から見放されていたが、6回1/3無失点の好投で、実に407日ぶりの勝利投手となった。金本知憲監督のコメント。 藤川が9回のマウンドを任された。 「全盛期に近…


30年前の1988年(昭63)夏。第70回記念大会の甲子園には、埼玉発「さわやか旋風」が吹いた。初出場で4強に進出した浦和市立(現市浦和)。平均身長171センチ、県大会のチーム打率2割5分4厘はともに出場49校中最低。“フツーの高校生…

  甲子園


巨人サムエル・アダメス投手(23)の支配下登録が濃厚なことが15日、分かった。育成のアダメスはドミニカ共和国出身で16年に入団。193センチ右腕で粗削りながら素材型として獲得し、年々、実力をつけてきた。今季は150キロ前後の直球を武器…


史上初の“東西”対決は、西に軍配が上がった。オリックス西勇輝投手(27)がDeNAを相手に8回2失点の力投で今季4勝目を挙げ、チームを4連勝に導いた。DeNAはチーム勝ち頭の東克樹投手(22)が5回1/3、7失点の大乱調。主砲の筒香嘉…


中継ぎ陣が打ち込まれ、中日がサヨナラ負けを喫した。ローテーションの谷間を務めた笠原祥太郎投手の好投が光った。7回2安打無失点。西武菊池と堂々と投げ合った。 初回こそ3四球を与えたものの、無失点で切り抜けた。その後は、140キロ台の速…


西武菊池雄星投手は8回6安打2失点で、勝ち負けはつかなかった。 4回に内野ゴロの間に1点を失ったが、球にキレがあり、制球も安定。テンポよく投げた。打線の援護がない中、0−1の8回、先頭の木下拓に投じたカーブが高く浮き、左中間へソロを…


巨人菅野智之投手(28)が今季3度目の完封勝利でチームを2位に押し上げた。過去ロッテ戦は3戦全敗だったが、相性の悪さはまったく感じさせなかった。 力でねじ伏せた。150キロ台の直球を連発し、今季最速タイの154キロもマーク。ピンチは…


長かった。阪神藤浪晋太郎投手が、昨年5月4日から遠ざかっていた白星をつかんだ。楽天戦に先発し、7回途中無失点。雨が降り続けた中、藤浪が躍動した。 −約1年ぶりの勝利 藤浪 素直に勝ちをつけてもらったことはうれしいですし、ただもうち…


DeNA筒香嘉智外野手が、右脇腹に張りを訴えて今季初めて欠場した。 アレックス・ラミレス監督は「上半身の張りがあったから。抹消するほどではない」と軽傷を強調。筒香も「張りがちょっとあったんで。明日も様子を見ながらやっていく」と話した…


日本ハムが今季5度目の3連勝だ。最大4点リードを追いつかれたが、7回に大田が決勝打。8回も6点を奪って、最後は大勝した。 メモリアルが重なった勝利にもなった。 4−4の同点の7回に登板し、無失点に抑えた宮西が今季2勝目。これで通算…


ソフトバンク長谷川勇也外野手が今季初めて1軍昇格した。「6番左翼」で先発出場し、2打数無安打で1四球だった。 13年には首位打者と最多安打を獲得したヒットメーカー。昨オフに右足首を再手術し、慎重に調整を重ねていた。2軍では打率3割5…


 プロ野球速報 (日刊スポーツ


  試合スコア速報・リアルタイム速報

  勝敗表 / 対戦成績 / 個人成績

  日程・結果



スポンサードリンク




*注目のタイトル

中山 美穂, 織田 裕二/波の数だけ抱きしめて [DVD]

主演:中山美穂×織田裕二 豪華キャストで贈るあの不朽の名作が、待望の初DVD & Blu-ray化!1982年。西海岸文化全盛の頃、学生時代最後の思い出に本格的なFM局の設立をめざす若者たち。そんな彼らのひと夏の夢と恋を、湘南の潮風と波を舞台に心地よいユーミン・サウンドにのせて描いた、ちょっぴり懐かしくも新しい青春映画。劇中のミニFM局『Kiwi』は、実在の『FM Banana』のコンセプトをベースにしたものです。



カレンダーランキング 女性タレント

6位 池田エライザ 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-216

※写真は実際の商品と異なる場合があります。 ※都合により、 タイトル・価格・仕様が変更になる場合、 やむを得ず発売中止になる場合があります。 ご了承ください。 …




12345678910


Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加