D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【プロ野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





ヤクルト由規が安室パワーで来季に挑む。大ファンの歌手安室奈美恵が来年9月に引退を発表。「Get Myself Back」という曲に励まされ、右肩手術からのリハビリや練習を頑張ってきたと振り返った。 来季は「中6日」の登板間隔での完全…


侍ジャパン稲葉篤紀監督(45)が、動いて勝って決勝進出を決めた。サヨナラ勝ちした開幕戦の韓国戦のスタメンから3人を入れ替え、2番松本、8番田村、9番に中村を起用。1点リードの5回、先制ソロを放った“ユーティリティー侍”外崎が中前打で出…




20年東京五輪のエース候補が誕生だ。18日の「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の予選リーグ最終戦の台湾戦で、DeNAの2年目左腕、今永昇太投手(24)が衝撃の侍デビューを飾った。台湾プロ野球で2年連続打率4割の4…


台湾は2連敗し、決勝に進出できなかった。自信を持って挑んだ強力打線だったが、日本の投手陣の前に9回に得点するのがやっと。先発の今永には6回3安打に抑えられ、12三振を奪われた。 洪一中監督は「どう言えばいいか分からない。完全に抑えら…


内外野を守れる「万能侍」が走攻守で輝いた。2回2死走者なし。6番外崎は、カウント2−2から台湾の先発左腕・林政賢が投じた真ん中高めの135キロ直球を右翼席の最前段に運んだ。0−0の均衡を破る先制ソロ。「入るとは思わなかった。外野の頭を…


巨人岡本和真内野手(21)が来季から村田の退団によって空いた背番号25を背負うことが18日、分かった。超高校級の長距離砲として14年ドラフト1位で入団。4年目を迎える来季は、1軍の主戦力として大きな期待がかかる。李承■、村田らかつての…


韓国は台湾戦に勝利しての決勝進出決定から一夜明け、18日の午前中に予定されていた練習は行わずに今日19日の決勝に備えた。 台湾戦で代表監督として初勝利を挙げた元中日クローザーの宣銅烈監督(54)は「東京ドームは私が現役時代にプレーし…


ポスティングシステムによる大リーグ移籍を決断した西武牧田和久投手(33)が18日、決断後初めて、自らの胸中を語った。この日、都内の病院で行われたメディカルチェック後に取材に応じ「本当に、ものすごく悩みましたけど、自分の夢に挑戦するのな…


侍ジャパン稲葉篤紀監督が、動いて決勝進出を決めた。大技、小技を絡め、起用した選手が結果を残して勝利。 お立ち台では「皆さん最後は今永選手を期待したと思います、明日今永選手は必ず大事なところでいってもらう…」と、クローザー山崎康と間違…


阪神金本知憲監督が自らゴロ捕球のノックを打ち、野手陣の地獄の練習に付き合った。野手陣は7分で各打席をローテーション。スイング軌道を確かめた。金本知憲監督の一問一答は以下の通り。 −室内で自ら厳しいノックをしていた 金本監督 一番優し…


ソフトバンク工藤公康監督が連覇へ向け、期待する高田に強烈な宿題を課した。 「ボールに当てる能力や守備は買っている。筋力をつけて体を大きくする、もうちょっと足を速くする。レギュラーを取るつもりでオフを過ごしてほしい」と力を込めた。


日本ハム栗山英樹監督が鎌ケ谷で精力的に動き回った。秋季練習最終日を視察。参加した若手選手や2軍首脳陣らに次々と駆け寄り、オフへ向けてあらためて、やってもらいことを確認。 「ここからが勝負だね」と気を引き締めた。この日でシーズン終了時…


巨人岡本が来季から村田の退団によって空いた背番号25を背負うことが分かった。かつての本塁打王たちが守ってきた背番号で飛躍を狙う。 高橋由伸監督は「(体の)強さは最低限あるかなと思いますね。それが来年につながってくれればいいと思います…


ロッテ井口資仁監督が来季の開幕投手は未定とした。 「全然決めてません。キャンプ、オープン戦をやってみて。石川とは限らない」と強調。 今季まで3年連続で務めた涌井は海外FA権を行使しており、メジャー移籍する可能性がある。涌井に代わる候…


巨人岡本和真内野手(21)が来季から村田の退団によって空いた背番号25を背負うことが18日、分かった。超高校級の長距離砲として14年ドラフト1位で入団。4年目を迎える来季は、1軍の主戦力として大きな期待がかかる。イ・スンヨプ、村田らか…


来年3月に開催される侍ジャパン強化試合は、年齢制限のないフル代表でオーストラリア代表と対戦することが18日、分かった。近日中に発表される。 稲葉監督の初陣となった今大会は3年後の20年東京五輪を見据えて、24歳以下または入団3年目以…


中日が国内FA権を行使した日本ハム増井浩俊投手(33)との獲得交渉に動く可能性があることが18日、分かった。5年連続Bクラスに沈んだチームは投手補強も大きな課題。先発も抑えもできる右腕はうってつけの存在で、これまで調査を続けてきた。森…


内外野を守れる侍ジャパンの西武外崎修汰内野手(24)が、6番左翼で先発出場し、先制ソロ本塁打を含む5打数3安打2打点1盗塁の活躍を見せた。 2回2死走者なし、カウント2−2から台湾の先発左腕・林政賢が投じた真ん中高めの135キロ直球…


侍ジャパンは先発の今永昇太投手(24)が、12奪三振で圧巻の投球内容で、日本を決勝へと導いた。 初回3三振でスタートすると、2回は3者連続三振。4回には無死一、三塁から3者連続空振り三振で、6回3安打12奪三振で無失点に抑えた。勝利…


侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)が、勝利を決めたお立ち台で思わず名前を言い間違えた。 決勝に向けてファンへのメッセージを求められると「韓国も初戦あのような形でやられて燃えてくると思いますので、それ以上に気持ちを込めてやっていきます」…


堀瑞輝投手(19)が緊急登板で最後を締めた。 9回1死満塁でマウンドに上がり、先頭に押し出し死球を与えたが、次打者を遊ゴロ併殺にしとめた。「緊張せず、しっかり集中できました。普通にいつも通りいければ、という感じでした。最後にマウンド…


スタメンマスクをかぶった田村龍弘捕手(23)が今永を絶賛した。 直球で押し、今永の良さを最大限に引き出した。「見ての通り。直球がえぐい。直球がいいので、逆に変化球の使い方が難しかった。リードというよりピッチャーが素晴らしい。受けてい…


4番の山川穂高内野手(25)は活発な打線の中で沈黙した。 2回の第1打席は中堅への安打性のライナーを陽岱鋼に好捕された。その後は一邪飛、左飛、見逃し三振、捕飛と5打数無安打。それでも「勝てたことがすべて。いい結果でした。(4回に)エ…


台湾代表の巨人陽岱鋼外野手(30)は1安打に終わった。 今永については「ミーティング通りだったが、際どいコースにキッチリきていた」。完敗の結果については「日本と台湾では、まだ若い選手に力差がある」と話した。


 プロ野球速報 (日刊スポーツ


  試合スコア速報・リアルタイム速報

  勝敗表 / 対戦成績 / 個人成績

  日程・結果



スポンサードリンク




*注目のタイトル

キャンディーズ/CANDIES FOREVER

『私たちは幸せでした!』あれから30年! 70年代に一世を風靡した伝説のアイドルグループ・キャンディーズが78年4月に後楽園球場で行った解散コンサートに、フィルムコンサート用に撮影した映像を追加したDVD。「アン・ドゥ・トロワ」「微笑返し」「春一番」ほか、全21曲を収録。


カレンダーランキング スポーツ

4位 スポニチゴルフ(女子プロ) 2018年 カレンダー 壁掛け B2

2年連続賞金女王のイ・ボミを始め人気女子プロゴルファーが勢揃い! 【掲載予定選手】 イボミ 柏原明日架 菊地絵理香 木戸愛 キムハヌル 香妻琴乃 成田美寿々 …




1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加