D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【プロ野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツ

総合|スポーツ五輪|ゴルフ|サッカー|プロ野球|大リーグ|高校野球|大相撲|サンスポ|スポニチ




楽天6位ルーキーの西巻賢二内野手(19=宮城・仙台育英)が16日、1軍に初昇格した。デーゲームで行われた阪神2回戦(楽天生命パーク宮城)の試合前に出場選手登録された。 出場機会はなかったが、練習では軽快な動きでノックを受け、ベンチか…


東北福祉大(仙台6大学)は慶大(東京6大学)を7−3で破り、優勝した04年以来14年ぶりの決勝進出を果たした。5回途中から4番手で登板した右横手の津森宥紀(3年=和歌山東)が4回2/3を2安打5奪三振無失点に抑え、流れを呼び込んだ。打…


日本ハムが得意の頭脳戦で交流戦首位のヤクルトに競り勝ち、2連勝でカード勝ち越しを決めた。 1点リードの9回1死二、三塁。一打逆転のピンチで、ヤクルトの代打藤井をカウント0−2と追い込んだ捕手の鶴岡は、外角低め、ストライクゾーンを外し…

  ヤクルト 交流戦


西武は6番の森が1点リードで迎えた6回に満塁弾。辻発彦監督のコメント。 「クリーンアップが打つと(6番は)ポイントゲッターになる。まさか満塁ホームランとは思わなかったけど、あれが効いたんじゃないかな」


ヤクルトが約1カ月ぶりの2連敗で、交流戦最高勝率の決定に2日連続で足踏み。小川淳司監督のコメント。 「山中は粘り強く投げてくれた。攻撃しきれなかった」


広島は逆転負けで3年ぶりの5連敗。緒方孝市監督のコメント。 「切り替えてやるだけ。全員で連敗を止めて、しっかりした戦いができるようにする」


就任491試合目で300勝となったソフトバンク工藤公康監督のコメント。 「私のことはどうでもいいんです。(内川は)いいリハビリとコンディショニングつくりができた」


西武は17日、満員の本拠地メットライフドームで、中日松坂を迎え撃つ。99年から8年間、西武のエースとして絶大な人気を誇った松坂が先発予定。チケットは既に完売しており、西武と中日、両チームのファンが待ち望んだ対戦となる。 16日の中日…

  松坂大輔


ソフトバンク中田賢一投手(36)が節目の通算100勝目を狙う。 広島戦は過去7勝10敗とやや相性が悪いが、白星を挙げられるか。なお36歳1カ月で100勝を達成すると、史上5位タイの年長記録となる。


中日松坂大輔投手(37)が古巣の西武相手に先発する。 松坂が現12球団で勝っていないのは広島と西武だけで、勝つと12球団勝利に王手となる。西武時代に通算50勝を記録したメットライフドームで白星を挙げられるか。

  松坂大輔 1位浮上


空振りで相手投手を幻惑し、決勝打を生み出した。DeNA神里が延長11回2死二塁の好機、オリックス近藤の3球目、146キロの直球を豪快に空振りした。「あの空振りでタイミングが合ってないと(近藤が)思ったはず。次も真っすぐがくるだろうと。…


頼れる主将が戻ってきた。ソフトバンク内川が約1カ月ぶりに1軍に復帰し、7回には左翼へ4号2ランを放つなど2安打2打点と3日ぶりの3位浮上に貢献した。 「軸足に(体重が)乗る時間が長くなった。長く見て、見極めて(球を)つかまえる」と、…


ヤクルトが約1カ月ぶりの2連敗で、交流戦最高勝率の決定に2日連続で足踏みした。 土壇場の勝負手も実らなかった。1−2の9回1死二、三塁で俊足田代を三塁代走に、左の藤井を代打で投入した。ベンチの指示はバットに当たった瞬間に走りだす「ギ…

  ヤクルト 交流戦


巨人がロッテ・ボルシンガーの前に沈黙。4安打で完封された。高橋由伸監督のコメント。 「チャンスらしいチャンスがそこ(初回)しかなかった。その後、何とかつくらないといけなかった」

  ボルシンガー


西武松井が移籍後初めて本拠地でスタメン出場し、安打を放った。 8番DHでのスタメンが発表されると西武ファンからは大歓声。第4打席の7回に、先頭で右前打を放ち、さらに16年以来となる盗塁も決めた。「ファンの声援が大きいし、本拠地という…

  松井稼頭央 豪邸


ロッテはボルシンガーが巨人打線を4安打完封。井口資仁監督のコメント。 「一番いい投球だった。安心して任せられる」

  ボルシンガー


オリックスが今季初の5連勝を逃し、4位に落ちた。初回2死一、三塁の先制機を生かせず、延長11回の末に今季6度目の完封負けを喫した。明るい材料はディクソンの好投。7回2安打9奪三振無失点と結果を出した。福良淳一監督のコメント。 「よか…


かつての場所に戻ってきた。阪神藤川が1点リードの9回、2三振を奪う力投で無失点。16年8月10日広島戦以来の約2年ぶりとなるセーブを挙げた。「まだ6月。後半になったら、もっとしんどい部分が出てくるので、しっかりやっていきます」。修羅場…


DeNAアレックス・ラミレス監督(決勝打の神里に) 「日を追うごとによくなっている。ルーキーとして非常にタフな状況でよくやってくれている」


楽天は16日、梨田昌孝監督(64)の辞任を発表した。1−2で敗れ借金20となった阪神戦2回戦(楽天生命パーク宮城)の試合後、立花陽三球団社長に辞意を申し入れ、了承された。 ◇ ◇ 既存の戦力に頼りすぎた。今季を迎えるにあた…


楽天は16日、梨田昌孝監督(64)の辞任を発表した。1−2で敗れ借金20となった阪神戦2回戦(楽天生命パーク宮城)の試合後、立花陽三球団社長に辞意を申し入れ、了承された。就任2年目の昨季は4年ぶりのAクラス入り。さらに上を目指した今季…

  梨田監督 辞任発表


楽天梨田昌孝監督(64)が辞任した。 一問一答。 −慰留はあったか 梨田監督 引き留められたけど意志が強かった。受け入れてもらった。選手、コーチにはまだ伝えていません。オーナーとは話していません。 −借金20で決断 梨田監督…


楽天は16日、梨田昌孝監督(64)の辞任を発表した。1−2で敗れ借金20となった阪神戦2回戦(楽天生命パーク宮城)の試合後、立花陽三球団社長に辞意を申し入れ、了承された。 ◇ ◇ −慰留はあったか 梨田監督 引き留められ…


西武の“満塁男”森友哉捕手(22)が、ひと振りで勝利を決定付けた。 「日本生命セ・パ交流戦」中日戦(メットライフドーム)、1試合で3回、満塁の場面で打席を迎えると、3−2の6回2死満塁で満塁弾。5月27日の日本ハム戦以来となる今季5…


西武−中日2回戦(メットライフドーム)で、敷田直人球審(46)が突然倒れるアクシデントが発生し、球場が騒然となった。 7回1死二塁、打者秋山、カウント2−2から中日木下雄が投球動作に入る直前、右手でタイムをかけようとした瞬間に後ずさ…

  敷田球審 担架搬送


 プロ野球速報 (日刊スポーツ


  試合スコア速報・リアルタイム速報

  勝敗表 / 対戦成績 / 個人成績

  日程・結果



スポンサードリンク




*話題の一冊

宇都宮徹壱/松本山雅劇場 松田直樹がいたシーズン

オレたちと この街と どこまでも 典型的な地方都市で繰り広げられるサッカークラブをめぐる波乱に満ちた物語。永遠に記憶される「あのシーズン」が蘇る。元日本代表・松田直樹選手の突然の死を乗り越え、JFLから悲願のJ2昇格を果たした松本山雅FC。国内屈指のサッカー専用スタジアムと驚くべき集客力を誇り、日本サッカーに新しい息吹を与えている山雅。このクラブはなぜ、これほど多くの人々を魅了し、そして巻き込んでしまうのか?



カレンダーランキング スポーツ

4位 羽生結弦 2017-2018 フィギュアスケートシーズンカレンダー 壁掛け版 ([カレンダー])

フィギュアスケートの新シーズンのグランプリシリーズが始まる10月にあわせて発売となる、 2017-2018シーズンのスケジュールを掲載した 『羽生結弦 …




12345678910


Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加