D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【プロ野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツ

総合|スポーツ五輪|ゴルフ|サッカー|プロ野球|大リーグ|高校野球|大相撲|サンスポ|スポニチ




試合終了と同時に、ウイニングボールの「遠慮合戦」が始まった。初陣を勝利で飾った楽天平石洋介監督代行(38)が、1度は今季初白星の美馬からボールを受け取った。だが「気持ちだけで十分。お前に受け取ってほしい」と返品。最終的には美馬の妻、女…


ヤクルトが史上初めてリーグ最下位から交流戦最高勝率チームに輝いた。「日本生命セ・パ交流戦」の日本ハム戦に5−1で勝利。球団初の交流戦1位を確定させた。小川淳司監督(60)は、勝利の方程式となった、中尾輝投手(23)近藤一樹投手(34)…

  ヤクルト 交流戦


今季交流戦はパ・リーグが55勝47敗とし、6試合を残して9年連続13度目の勝ち越しを決めた。 交流戦は勝ち越しリーグの球団に賞金が贈られるが、17日時点で順位が確定しているのは6位楽天だけ。1位は4球団、2〜4位は5球団、5位は4球…


中日2年目の藤嶋が緊急登板でプロ初先発、プロ初勝利を挙げた。試合直前に聞いて「まじか、と。でもすぐに腹をくくった」。いきなり連打されたが中軸を3者連続三振。変化球をうまく使い、強力打線を6回2失点に抑えた。松坂が甲子園で大活躍した98…

  松坂大輔


中日松坂大輔投手(37)が開始15分前に先発を緊急回避した。球団は「背中のけいれん」と発表した。名古屋に移動できる状態ではなく、今日18日に都内で診察を受ける予定。 松坂は広報を通じ「ブルペンに入って投げ始めたところで背中がつってし…

  松坂大輔 先発緊急回避


阪神は投打ともふるわず、交流戦負け越しが決まった。 高卒2年目の先発才木が4回7安打4失点。金本知憲監督は「まあ若い投手だし。ライトは風がフォローだったしな」とかばったが、出場選手登録の抹消が確実となった。 「まあ、甲子園に帰って…

  甲子園


ヤクルトは1試合を残し、交流戦1位が決定。 小川淳司監督は「みんなよく頑張ってくれた。そのひと言に尽きる。うまく投打の歯車がかみ合った。投手陣、特に後ろが安定したのが第一」と分析。 「パ・リーグ相手に勝ち越せたのは後のペナントを戦…

  ヤクルト 交流戦


無欲で勝ち上がってきた浦和市立の「さわやか旋風」は、準々決勝でも吹いていた。相手は「ミラクル宇部商」。一時は3点差を追う劣勢も、6回と7回に加点し同点。延長10回裏、1死二、三塁の一打サヨナラのピンチの場面で、4番力丸隆之を迎えた。ベ…


第89回都市対抗野球大会(7月13日開幕・東京ドーム)の組み合わせ抽選会が17日、東京都内で行われ、昨年優勝のNTT東日本(東京都)は開幕戦で東邦ガス(名古屋市)と対戦することが決まった。 昨年準優勝の日本通運(さいたま市)はホンダ…


楽天新人の西巻賢二内野手(19)が本拠地で1軍デビューを果たした。17日の阪神3回戦で、8回の守りから遊撃として出場。今季、高卒1年目野手の1軍出場は日本ハム清宮に次いで2人目。楽天では10年内田、16年オコエに続く3人目だった。 …


ロッテが「8番右翼」でスタメン出場した平沢大河内野手(20)のサヨナラ右前打で勝利。交流戦の勝ち越しを決めた。 1点を追う9回裏に巨人守護神カミネロを攻め、無死満塁の好機をつくった。ここで代打三木亮内野手(26)がたたきつけるバッテ…

  井口資仁


DeNA今永昇太投手が、今季4敗目を喫し登録抹消が決まった。粘りの投球を見せながら6回まで3失点のクオリティースタート。しかし、7回に三塁打2本含む3連打を浴び降板。6回1/3、7安打6失点で、敗戦投手となった。 ファーム再調整が決…


西武秋山翔吾外野手が、父の日に招待した「ひとり親家庭の親子」の前で2安打を放った。練習後にはサインや写真撮影など笑顔で交流し、パワーをもらって試合に臨んでいた。 2点を追う1回、左前打を放った。5回にはカウント2−2から中日藤嶋のフ…

  父の日


ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が、先制適時打で50打点に到達した。 1回1死一、二塁、フルカウントから日本ハム加藤の直球をライナーで中前にはじき返した。「初回からチャンスで何とかしたかった。うまく体が反応した」とコメン…

  ヤクルト 交流戦


巨人吉川尚輝内野手(23)が先制のスクイズを決めた。0−0で迎えた5回1死二、三塁。カウント2−1からロッテ酒居の135キロ外角低めのフォークにバントの構えで飛びついた。ボール球に食らいつき、高くバウンドさせて三塁走者が生還。投手戦と…


日本ハムが5連勝を逃した。1−1の6回、先発加藤が連打を許し勝ち越しを許した。打線は12安打と責め立てるも、拙攻が響き白星を逃した。 栗山英樹監督は「何とか先に、たくさんを点を取ってあげたかったんだけど…。すみません」と謝罪。18日…


西武森友哉捕手が2日連続の本塁打を放ったものの、山賊打線は急きょ先発した中日藤嶋を打ち崩せなかった。 9点を追う4回1死一塁、森はフルカウントから藤嶋の127キロスライダーをバックスクリーンに運んだ。7番DHでスタメン出場。16日の…

  松坂大輔


日本ハム清宮幸太郎内野手(19)が、父の日に本塁打をプレゼントとはならなかった。 前日16日まで2日連続で雨天による試合中止が続き、3日ぶりに行われた試合。第1打席でロッテ先発左腕土肥から右前安打を放つも、その後は沈黙。9回、2死満…

  父の日


巨人が守護神カミネロの独り相撲に泣き、痛恨のサヨナラ負けを喫し、交流戦を2年連続負け越しで終えた。 前夜は0−1で敗れたが、内海の好投や吉川尚のスクイズで、この日は逆に1−0で9回を迎えた。守護神を送ったが、先頭の角中に中前打を許す…


ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が32歳のバースデーを自ら2発の本塁打で祝った。 まずは5回、九里のフォークを高々と打ち上げ、左翼テラス席へ15号ソロ。さらに9回2死一塁から左翼スタンドへライナーで16号2ランを放った。 …


オリックスの田嶋大樹投手が7回2安打1失点と好投。約1カ月ぶりとなる6勝目を挙げた。 テンポよくボールを投げ込み2回1死からは6者連続三振。序盤から援護をもらいスイスイと7回を投げ抜いた。 田嶋は「野手の方が先に点を取ってくれて余…

  スイス


ソフトバンクが今季ワーストの13失点で大敗した。首位ヤクルトが勝ち、工藤公康監督(55)は就任4年目で初めて交流戦最高勝率チームのタイトルを逃した。 工藤監督は「残念ではありますが、ケガ人も出た中で、交流戦で貯金を3つ作れた。残り1…

  ヤクルト 交流戦


阪神の新外国人エフレン・ナバーロ内野手(32=カブス3Aアイオワ)が17日、西宮市内の球団事務所で入団会見を行った。一問一答は次の通り。 −−まずは自己紹介を ナバーロ オハヨウゴザイマス! エフレン・ナバーロです。今日はここに来…


ヤクルトが日本ハムを破り、12勝5敗(勝率7割6厘)、1試合を残して交流戦勝率1位を決めた。 1−1で迎えた6回、荒木の犠飛、坂口の適時打で2点を奪い勝ち越し。8回には青木の2点二塁打でダメを押した。ソフトバンク、オリックス、西武の…


広島九里亜蓮投手(26)がプロ5年目の初完投で今季2勝目を手にした。打線の大量援護に守られ、8回までソロ本塁打を含む3安打投球。9回は2本塁打を許して計4失点となったが、117球で投げ切った。 無四球と制球も安定していた。「課題も見…


 プロ野球速報 (日刊スポーツ


  試合スコア速報・リアルタイム速報

  勝敗表 / 対戦成績 / 個人成績

  日程・結果



スポンサードリンク




*注目のタイトル

キャンディーズ/CANDIES FOREVER

『私たちは幸せでした!』あれから30年! 70年代に一世を風靡した伝説のアイドルグループ・キャンディーズが78年4月に後楽園球場で行った解散コンサートに、フィルムコンサート用に撮影した映像を追加したDVD。「アン・ドゥ・トロワ」「微笑返し」「春一番」ほか、全21曲を収録。



カレンダーランキング スポーツ

2位 羽生結弦 2018-2019 フィギュアスケートシーズンカレンダー 壁掛け版

フィギュアスケートの新シーズンのグランプリシリーズが始まる10月にあわせて発売となる、 2018-2019シーズンのスケジュールを掲載した 『羽生結弦 …




12345678910


Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加