D-WEBトップニューススポーツ芸能2017年カレンダーベストセラー料理レシピ百科ログファイル一覧

今が旬!〜にらを使った料理 (2017/2/6)



餃子やチヂミにかかせない「にら」は、年間を通して出回りますが、春先のものがやわらかくて上質で、風味が強くなります。特有のにおいのもとは硫化アリルで、「ねぎ」や「たまねぎ」と同様、ビタミンB1の吸収を高め、免疫機能を向上させる働きがあります。体を温めたり、内臓の働きを活発にすることで、昔から薬用として珍重されてきました。卵とじや汁もの、スタミナ料理の代表格『ニラレバ炒め』などの炒めものや、『モツ鍋』などの鍋ものにも使われます。加熱時間が長すぎると色も風味も落ちてしまうので気をつけて。しおれやすいので、すぐ使わない時は細かく刻んで冷凍保存しておくと便利。
にらは耐寒性に強く、刈り取ったあとからすぐに新葉が伸びてきて、一度種をまいたら年に5〜6回も収穫可能という、お得な野菜です。家庭菜園におすすめ!
にら 野菜図鑑 アイリス家庭菜園.com
にら レシピ レシピ大百科
にらを使ったおすすめ料理のレシピ ホームクッキング
食材辞典 にら(韮) シェフごはん
旬の食材 にら ダイエットナビ
にらを使ったレシピ misbit.com
にらまんじゅう NHKみんなのきょうの料理
にら 食材事典 レタスクラブネット
にらレシピ eヘルシーレシピ
D-web/おいしい餃子の作り方 風邪予防には金柑がオススメ! ショウガを使った料理 にんにくを使った料理 ベランダからはじめよう「食べるガーデニング」 ハーブを上手に活用しよう しそを使った料理 ねぎを使った料理
-----

 一言ログファイル 関連記事

春休みのお昼ごはん〜子どもと一緒につくろう!
ぼたもちとおはぎの違いは?〜お彼岸の料理のレシピ(春)
お赤飯の作り方〜家族のお祝い事に
今が旬!〜菜の花を使った料理
桃の節句〜春を感じて!ひな祭りのレシピ(ちらし寿司の作り方)


スポンサードリンク



*話題の一冊

槙孝子(著), 鬼木豊 (監修)/長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

ふくらはぎは第二の心臓! 1日5分もむだけで高血圧、糖尿病、足・腰の痛みを遠ざける最強の健康法! 血液の70%が集まる下半身の血流を上げれば病気にならない! もむだけで体が温まって免疫力がアップする最強の健康法!




 




 




Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加