D-WEBポータル総合ニューススポーツ芸能旬の話題音楽CDMP3映画・DVD人気商品電子書籍リーダー

   最新ベストセラー・レビュー 【小説文芸】



アマゾン検索

小説文芸ミステリーノンフィクション話題の本棚ビジネスマネーインターネット発売日カレンダー電子書籍

簡単レシピダイエット健康家庭医学介護老後絵本童話資格検定教育学参語学辞書

環境サイエンス社会文化国際政治法律歴史地理美術デザイン


ベスト20   21−40   41−60   61−80   81−100   


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編


村上 春樹の本Kindle本

発売日:2/24 予約できます。

最近閲覧した商品とおすすめ商品

価格 ¥1,944
2点の新品/中古品を見る ¥1,944より


騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編


村上 春樹の本Kindle本

発売日:2/24 予約できます。

最近閲覧した商品とおすすめ商品

価格 ¥1,944


怪しいシンドバッド (集英社文庫)


高野秀行の本Kindle本

「何か未知のもの」に出会いたい。その一心で若者ならぬバカ者はアフリカで怪獣を、中国で野人を、南米で幻覚剤を探してさまよう。ついでにゲリラとお友達になったり、インドで一文無しになったり。喉元過ぎれば性懲りもなくまた出かけ、痛い目にあうのがこの男。笑って呆れて、でもなぜかまぶしい辺境冒険傑作。

レビュー 序盤、インドで身ぐるみはがされるシーンが印象的だ。ここで高野秀行という人の性質がちらりと見えるような気がする。パスポートなど所持品全てを奪われたあとの「一文無しというのはスカーンと晴れた青空のようなもので…」というシーンなのだが、ここで青空を比喩に持ってきたのがスゴイ。なにしろ場所はインド、ひとりぼっちで所持金ゼロ、もう少しで拉致されて殺されていたかもしれないのだ。

価格 ¥432


いのちの車窓から


星野 源の本Kindle本

発売日:3/30 予約できます。

今、大注目を集める星野源。彼が紡いできた、風景そして心の機微ーー星野源、エッセイ最新刊!星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載をスタートした、エッセイ「いのちの車窓から」に、書き下ろしを加えて単行本化。ドラマ「逃げ恥」、「真田丸」、大ヒット曲「恋」に2度目の「紅白」出演と、怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに。星野源の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ、誠意あふれるエッセイ集。「

価格 ¥1,296


ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)


三上 延の本Kindle本

発売日:2/25 予約できます。

驚異のミリオンセラー、ビブリオミステリ最新刊ビブリア古書堂に迫る影。奇妙な縁で対峙することになった劇作家シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。そこには女店主の祖父による巧妙な罠が張り巡らされていた。日本で一番愛されるビブリオミステリ、ここに完結。

価格 ¥702


蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)


恩田陸の本Kindle本

俺はまだ、神に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニ

レビュー 「月日は百代の過客にして行きかふ年も又旅人也」毎年、師走になると思い出す芭蕉の一文。2016年も残すところ後20日あまり。振り返ると、この一年ほど、本を読まなかった年はなかった気がする。私にとって、読書は、心の安定のバロメーターみたいなところがあって、ああ、今年はホント心身ともに余裕がなかったんだな…と反省。生涯で、私が紐解く本は、いったい後何冊なのか……。

価格 ¥778


シャンデリア (Kindle Single)


川上 未映子の本Kindle本

「わたし」は毎日のようにデパートに出かけ、気まぐれに買い物をして、ほぼ一日を過ごす暮らしを送っている。朝十時きっかり、開店と同時に、あふれんばかりの従業員の笑みに迎えられる。いつもデパートはつるつるして光っている。高い吹き抜けの天井にはシャンデリアが燦然と輝いている。一階のコスメ売り場から四階のハイジュエリー売り場へ。レストランフロアでお腹を満たすと、また降りて、高級ブランドショップをはしごする。店員たちは皆、顔なじみだ。語り手の買い物

レビュー 全作読んでいるほどの大ファンです。何気ない言葉の切れ端にまで川上未映子さんらしさが。美しく在りたい、お金が欲しい、着飾りたい、そんな女の、ひとりの人間としての生き方。幸せって何なのかな、そう思わざるを得ない展開。次作も楽しみです。

価格 ¥99


あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)


〓田 郁の本Kindle本

発売日:2/14

大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、その聡明さを買われ、店主・四代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、夫を不慮の事故で失い、十七歳で寡婦となる。四代目の弟の惣次は「幸を娶ることを条件に、五代目を継ぐ」と宣言。果たして幸は如何なる決断を下し、どのように商いとかかわっていくのか。また、商い戦国時代とも評される困難な時代にあって、五鈴屋はどのような手立てで商いを広げていくのか。奔流に呑み込まれたかのような幸、そして五鈴屋の運命は?大好

レビュー はやる気持ちをおさえながら急ぐように読み終えた。前巻の終わりでは次男のいいだしたことに予想はついてながらもガッカリし(智ぼんが良かったから)この巻を読み始めてからは何とかうまくやっていくのかな、と思ったら次男の言動や行動に本当にイライラさせられ読みながら「うざっ、何こいつ」「小さい男だよ」だのとつぶやきながらあっという間に読了。またしても本当に次の巻が待ち遠しくなる最後。

価格 ¥626
10点の新品/中古品を見る ¥350より


700番 第二巻/第三巻


ASKAの本Kindle本

発売日:2/17

強制入院、二度目の逮捕から不起訴へーー。 過去に覚せい剤を使用したことで、 発言のすべてが妄想・病気扱いされてきた、 国民的アーティストによる完全書き下ろし。 「やっと語れる時がきた」 数日間で500万PV超のブログ「700番 第一巻」を受けての続編。 第二巻 ブログ公開直後、医療保護入院を余儀なくされる、 その全記録と病棟で振り返った音楽人生 第三巻 「なぜお茶から覚せい剤が検出されたのか?」を含む、 二度目の逮捕から“嫌疑不十分で不

レビュー 本を読みました。正直、うーん・・・と思うところはあります。自分の理解がASKAの真実に追いついていくものも、追いついていかないものもありました。でも、それでも本を出すことによって、彼がやり直せるのであればそれで良いと思うし、書かれていることが事実であり本心であると信じたいと思います。

価格 ¥1,296
14点の新品/中古品を見る ¥997より


10 火花 (文春文庫)


又吉 直樹の本Kindle本

発売日:2/10

第一五三回芥川賞を受賞し、二〇一五年の話題をさらった「火花」が文庫化。受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。 売れない芸人の徳永は、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。神谷の伝記を書くことを乞われ、共に過ごす時間が増えるが、やがて二人は別の道を歩むことになる。笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。第153回芥川賞受賞作。芥川賞受賞記念エッセイ

レビュー 若手芸人の徳永と四歳上の師匠神谷。熱海の花火大会で人が騒がしく通り過ぎるだけの道で、ビールケースの上に立たされ誰も聞いてない、聞こえない悲惨な漫才をしたところで彼らは出会う。徳永は神谷のことを即座に師匠と決め、天才と仰いで尊敬し愛しつるむ。あるとき、徳永は神谷が決して同種の人間ではないことに気がつく。

価格 ¥626
8点の新品/中古品を見る ¥340より


このベストセラーは1時間毎に更新しています。

検索は、アマゾンの総合、Kindle検索です。

レビューは読者や購入者が書いたものですので、ご承知の上参考にしてください。


 ベストセラー小説文芸のRSS配信  小説文芸のRSS配信です。


話題の一冊

NHK「ブラタモリ」制作班 (著, 監修)/ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉

旅が何倍も楽しくなる!NHK『ブラタモリ』待望の書籍化!“坂の町・長崎”の始まりとは?長崎の近代化は海から?加賀百万石はどう守られた!?金沢は美のまち!?鎌倉800年の“まちづくり”とは?鎌倉が観光で発展し続ける理由は?




最新ニュース・話題ベスト

ニュース 「お母さん青だよ」左折車に… 信号守っても防げぬ事故

スポーツ 「女性も正会員」見直し難航 揺れる名門コースの胸の内

芸能 桂由美さんがカフェ開店、将来は花婿学校作りが夢

旬の話題検索 移住希望地域ランキング




 音楽ランキング ダウンロード


5位 orion

米津玄師




スポンサードリンク




11 笑いのカイブツ


ツチヤ タカユキの本Kindle本

発売日:2/16

cakes連載で大反響を呼び、出版社からの書籍化希望が殺到した青春私小説の傑作! 人間関係が極度に不得手のため、孤独な日々を送る青年は、「お笑い」に生きることを決意する。 青春のすべてをテレビや雑誌の投稿企画に費やし、ネタ出しはどんどん加速。ついには日に2000本のボケを作るようになり、深夜ラジオでは広く知られる「伝説のハガキ職人」になるが――。 人間の価値は、人間からはみ出した回数で決まる。 僕が人間であることをはみ出したのは、 それ

レビュー オードリーのオールナイトニッポンの7年の歴史の中で、一際存在感を示したハガキ職人である、ツチヤタカユキさんの私小説が発売されると聞き、即予約。発売日を楽しみに待ち侘びていました。あえて汚い言葉で表すなら、雑巾をギリギリまできつく絞り、出した汚水のように、彼の思考、人生が、痛々しいまでに書かれております。ここまで吐き出して大丈夫だろうかと心配になるほどでした。

価格 ¥1,458
11点の新品/中古品を見る ¥1,458より

12 700番 第一巻


ASKAの本Kindle本

発売日:3/17 予約できます。

2014年5月17日ーー三人のうち、真ん中に立ったいちばん長身の男が私に向かって声をかけてきた。 「ASKAさんですね。今からご同行願います」 その時は、男の言った意味がわからなかった。 音楽生活、薬物と出会った経緯、盗聴盗撮。悔いと苦悩の全記録、そして……魂の詩。 公開後数日間で500万PV超、ネット上を騒然とさせたブログ「700番」が、 大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化! 国民的アーティストは、 なぜ覚醒剤に手を染めたの

価格 ¥1,404


13 愚行録 (創元推理文庫)


貫井 徳郎の本Kindle本

一家惨殺事件をめぐり、様々な人たちが語る「事件」と「被害者」。数多のエピソードを通して浮かび上がる、人間たちの愚行のカタログ。『慟哭』の著者が放つ渾身の傑作、ついに文庫化! ええ、はい。あの事件のことでしょ?―幸せを絵に描いたような家族に、突如として訪れた悲劇。深夜、家に忍び込んだ何者かによって、一家四人が惨殺された。隣人、友人らが語る数多のエピソードを通して浮かび上が

レビュー 平和な一家四人が何者かに惨殺される事件が起き、その夫婦の現在から過去に至る知人たちの語りで徐々に彼らの肖像が明らかにされてゆくという構成。宮部みゆきさんの「理由」、雰囲気は東野圭吾の「悪意」とも似ている。同じ人物でも、見る人によって印象は様々。

価格 ¥756
21点の新品/中古品を見る ¥540より


14 夫のちんぽが入らない


こだまの本Kindle本

“夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。 2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。 同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」

レビュー タイトルがキャッチーで書店員のうけもよさそうな文体ですので多分売れるでしょうが、中身はタイトル倒れです。夫のちんぽが入らないのは、夫のちんぽだけが入らない現象で、何かを解決していくような内容ではなく、本人たちも医者に行こうとすら思いません。何故なのか、を知りたい人は消化不良を起こします。

価格 ¥1,404
32点の新品/中古品を見る ¥1,020より


15 沈黙 (新潮文庫)


遠藤 周作の本Kindle本

第2回(1966年) 谷崎潤一郎賞受賞 島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投

レビュー この本を読んだのは中学生のとき。正直、ひっかかりを感じてあまり好きになれず、生意気な中学生としては世評の高さを、世間一般の見識の低さくらいに見積っていい気になっていました。ひっかかったのは何度も踏絵を踏んでしまう弱い信者について、主人公の司祭が「こんな時代でなければ陽気なクリスチャンとして楽しく生きられたのに」というような意味の述懐をする場面。

価格 ¥594
25点の新品/中古品を見る ¥498より


16 書店猫ハムレットの跳躍 書店猫ハムレットの事件簿 (創元推理文庫)


アリ・ブランドンの本Kindle本

黒猫ハムレットが必殺技で犯人を告げる!書店×黒猫のコージー・ミステリ第1弾。ニューヨーク、ブルックリンの書店を大叔母から相続した、三十代半ばのダーラ。その書店にはマスコットの黒猫ハムレットがいた。かごにかわいらしく丸まり、ゴロゴロと喉を鳴らして客を迎える――ことは決してなく、堂々と書棚を徘徊し、緑色の目で冷たく客を睥睨する黒猫が。ハムレットが気に入る従業員を確保できてほっとしたものの、ダーラはある工事現場で書店の常連客の死体を発見してし

レビュー 表紙の猫と目があってしまい、購入しました。ボリュームがありますが、ストーリーの展開やテンポがよく、あっという間でした。話の主軸であるミステリ・謎解きも楽しめましたが、メインは、情景や人物、人間模様にあるかな、と感じました。個人的には、ジェイクのファンですね。頼りがいがあって、意外と常識人で、そして、ロックで!!近所に住んでいてくれると、心強いことこの上なしですね。

価格 ¥1,200


17 沈黙(新潮文庫)


遠藤周作の本Kindle本

島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける長編。

レビュー この本を読んだのは中学生のとき。正直、ひっかかりを感じてあまり好きになれず、生意気な中学生としては世評の高さを、世間一般の見識の低さくらいに見積っていい気になっていました。ひっかかったのは何度も踏絵を踏んでしまう弱い信者について、主人公の司祭が「こんな時代でなければ陽気なクリスチャンとして楽しく生きられたのに」というような意味の述懐をする場面。

価格 ¥550


18 洞窟オジさん (小学館文庫)


加村 一馬の本Kindle本

人生のほとんどを洞窟で過ごした男の物語 加村一馬、昭和21年8月31日生まれ。群馬県大間々町(現:さくら市)出身。68才。 昭和35年、当時13才だった少年は「両親から逃げたくて」愛犬シロを連れて家出した。以来、彼はたったひとりで誰にも知られることなく、足尾鉱山の洞窟、富士の樹海などの山野で暮らし、イノシシやシカ、ヘビにネズミ、コウモリ、野ウサギなどを食らい命をつないできた。発見された時、少年は57才になっていた-- 2004年5月に刊

レビュー 7月に放送されたドラマでボロ泣きし、加村さんの事を知りました。2015年10月に放送予定の「完全版」に先立ち出版された本書。内容の良さはハードカバー版のレビューで十分だと思うので、文庫特典や加筆部分について。ハードカバーの出版から11年経ち、加村さんは69歳。現在の暮らしを知れて良かったです。心が暖かくなりました。

価格 ¥680
15点の新品/中古品を見る ¥680より


19 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)


ジョージ・オーウェルの本Kindle本

ビッグブラザー復活! 二十世紀世界文学至高の傑作が新訳版で登場!〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。しかし彼は、以前より完璧な屈従を強いる体制に不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと出会ったことを契機に、伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが……。解説/トマス・ピンチョン(文庫版のみ)

レビュー だれも気づいていないのでしょうか?以前、わたしは原書、新庄哲夫訳、高橋和久訳の3つを読み比べました。すると、高橋訳では、ある箇所が訳されていないことに気づきました。わたしの持っているのは初版、第1刷(2009年、7月発行)だったので、そんなケアレスミスはきっと誰かがすぐに気づくはずだし、増刷されていくうちに訂正されるだろうと思って、そのことはほとんど忘れていました。

価格 ¥929
31点の新品/中古品を見る ¥929より


20 罪の声


塩田 武士の本Kindle本

グリコ・森永事件をフィクションで推理する 多くの謎を残したまま未解決となった「グリコ・森永事件」の第一幕は社長の誘拐から始まった。会社施設への放火、菓子に毒物を混入し企業を脅迫。身代金取引の電話では子供の声が使われ「かい人21面相」などと名乗った挑戦状が送りつけられるという陰湿な事件だった。『罪の声』はこの事件をモデルにしたフィクションである。 事件から三十一年後に企画された新聞社の取材に駆り出されたのはなんと「文化部」の記者。読者はそ

レビュー 本作は「グリコ森永事件」を題材とした小説です。いまさらグリ森、しかも作者は30代。まあちょっと手に取ってみるか、程度の感覚で読み始めたのですが…。小説とは思えないほどのリアリティと迫力に圧倒されっぱなしでした。物語は、グリ森事件を追う若手記者と、グリ森事件の「犯人の子ども」の二人の視点から展開していきます。前者は資料や関係者の証言に徹底的に当たり、実際の事件についての解説の役割を担います。

価格 ¥1,782
20点の新品/中古品を見る ¥1,749より



Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加