D-WEBトップニューススポーツ芸能2018年カレンダー人気カレンダーベストセラー季節のログファイル

カレンダー2018年4月6日は何の日 (記念日、行事、出来事、誕生日)



城の日
兵庫県姫路市が1991(平成3)年に、日本三大名城の一つ姫路城を中心とした市の復興の為に制定。「し(4)ろ(6)」の語呂合せ。姫路城は、1333(元弘3)年に赤松則村によって築かれた。西国統治の重要拠点として羽柴秀吉・池田輝政・本多忠政が城を拡張し、現在の形になったのは1619年であった。五層六階の大天守と三つの小天守とがあり、その形から白鷺城とも呼ばれる。1912(大正元)年に国宝に、1993(平成5)年に世界文化遺産に指定された。

新聞をヨム日
日本新聞協会販売委員会が2003(平成15)年に制定。「よ(4)む(6)」の語呂合せ。4月は転勤や入学等で住いを移す人が多いことから、「これを機会に新聞を読み始めませんか」というキャンペーンが行われる。

北極の日
1909(明治42)年、アメリカ海軍の軍人ロバート・ピアリーが、世界で初めて北極点に到達した。

コンビーフの日
1875(明治8)年、コンビーフの台形の缶が特許登録された。中に肉が詰めやすいように工夫されて、独特の台形の形になった。

白の日
「し(4)ろ(6)」の語呂合せ。

寒の戻りの特異日
寒の戻りが起こる確率の高い日。寒の戻りとは、春になって気温が上がる時期に突然やって来る寒さのことで、大陸からの寒波・北東気流による冷え込み・移動性高気圧による夜間の冷え込み等によって起こる。

-----
(2018/4/6 金曜日 仏滅 旧暦2/21)


スポンサードリンク



  D-web 最新ランキング ベスト

ニュース 飯島勲氏「北朝鮮、核廃絶でアジア最高の金持ちになる」
スポーツ 大谷5番DH 出るか7号/エンゼルス戦速報中
芸能 高須院長が会見日大選手を「グループに欲しい」

旬の話題 日本大学 記者会見



話題のアイテム

諏訪田製作所/銀杏殻むき鋏 銀杏坊主 12110

【銀杏の大きさによって調整可能】銀杏の大きさに合わせて、殻が割れても実を傷つけないように、備え付けのレンチでツメの開き具合を調節してください。(小さめの銀杏ならツメの間隔を狭く、大きめなら広くします。) 【ポイントはツメのミゾ】銀杏の筋を、銀杏坊主のツメのミゾに合わせ、ハンドルを握ります。パチッと音をたてて殻が割れます。ばねの中にあるストッパーが効いて中の実を傷めません。




話題の一冊

新谷 亜貴子 /ゆずりは (銀鈴叢書)

人は、なぜ生まれてくるのか。なんのために生きていくのか。どうして、死んでしまうのか。生あるものにどこまでも付いて回る命題を、葬儀社のベテラン社員である主人公と、その相棒となったイマドキ新入社員、それに、亡き人々とその遺族たちとの交流を通して追いかけていく本作。長年、「死」を仕事とすることで、“心が死んでしまった”主人公。その心が、物語が進むにつれて変化していく様子に、読み手の心も揺さぶられます。読後、「生とは」「死とは」の答えが、少し、見えてくるかもしれません。




D-web ポータル

Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。