D-WEBトップニューススポーツ芸能2018年カレンダー人気カレンダーベストセラー季節のログファイル

カレンダー2018年2月3日は何の日 (記念日、行事、出来事、誕生日)



節分(せつぶん)
節分(せつぶん)は雑節のひとつ。各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日をいう。一般に節分というときは毎年2月3日ころの立春の前日をいう。節分の風習はもともと宮中の年中行事で、平安時代の「追儺」(ついな)といわれる鬼や厄神を払う行事であった。その後、柊鰯、豆撒き、恵方巻などの民間行事となった。柊鰯は、柊(ヒイラギ)の枝に鰯(イワシ)の頭を刺したものを戸口に立て柊の鋭いとげと鰯の匂いで鬼を寄せ付けないようにするもの。豆撒きは硬く炒った大豆を鬼に投げて邪気を払い、数え年の自分の年齢と同じ数だけ撒いた豆を食べる。恵方巻は太巻き寿司を恵方(その年の歳徳神が居るとされる方角)に向かって丸かじりする。二十四節気では立春を一年の最初の節気としているため、節分は大晦日にあたる。一年無病息災を祈る行事でもある。

大岡越前の日
1717(享保2)年、大岡越前守忠相が南町奉行に就任した。「大岡裁き」と呼ばれる名裁判で有名であるが、19年間の在任中の裁判は3回だけで、そのうち忠相が執り行ったのは1回だけだった。8代将軍吉宗の信頼が厚く、享保の改革に協力した。

光悦忌
書家・工芸家の本阿彌光悦の1637(寛永14)年の忌日。

-----
(2018/2/3 土曜日 大安 節分 旧暦12/18)

本日発売 (ベストセラーより)


朝比奈彩 写真集 『 AYA 』

スポンサードリンク



  D-web 最新ランキング ベスト

ニュース 不明の2歳児、山中で保護 捜索ボランティア発見 山口
スポーツ 日大三、東京春夏300勝へ/15日甲子園見どころ
芸能 三田友梨佳アナ「腰振りました」困惑の就活明かす

旬の話題



話題のアイテム

ラムフロム /草間彌生 携帯ストラップ [かぼちゃ(イエロー)]

草間彌生(くさまやよい)が作品の中にたびたび用いるモチーフ、かぼちゃ。グッズとしても人気のかぼちゃが携帯ストラップになって登場!




話題の一冊

新谷 亜貴子 /ゆずりは (銀鈴叢書)

人は、なぜ生まれてくるのか。なんのために生きていくのか。どうして、死んでしまうのか。生あるものにどこまでも付いて回る命題を、葬儀社のベテラン社員である主人公と、その相棒となったイマドキ新入社員、それに、亡き人々とその遺族たちとの交流を通して追いかけていく本作。長年、「死」を仕事とすることで、“心が死んでしまった”主人公。その心が、物語が進むにつれて変化していく様子に、読み手の心も揺さぶられます。読後、「生とは」「死とは」の答えが、少し、見えてくるかもしれません。




D-web ポータル

Copyright © 2018 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。