D-WEBトップニューススポーツ芸能2017年カレンダー人気カレンダーベストセラー季節のログファイル

カレンダー2017年11月1日は何の日 (記念日、行事、出来事、誕生日)



十三夜(栗名月)
旧暦の9月13日を「十三夜」といい、「十五夜」と同様に月見をする風習がある。十五夜に月見をしたなら、1ヶ月後の豆・栗名月の「十三夜」にも月見をしないと、「片見月」は縁起が悪いと嫌われていた。

計量記念日
通商産業省(現在の経済産業省)が1952(昭和27)年に制定。1993(平成5)年の新計量法の施行にともない、それまでの6月7日から11月1日に変更された。計量思想の向上・普及に関する行事及び計量関係者の表彰が行われる。

点字記念日
1890(明治23)年、日本語用の点字が決められた。それまで日本語を点字で表す時は、欧米の点字を利用したローマ字綴りにより表現されていた。官立東京盲唖学校長の小西信八が、かな文字にあった点字の研究を依頼し、教員や生徒から三つの案が出された。それらを検討した結果、この日開かれた日本点字選定会で、教員の石川倉次が考案した石川案が正式に採用された。

灯台記念日
海上保安庁が1949(昭和24)年に制定。1869(明治元)年、神奈川県横須賀市に日本初の洋式灯台である観音埼灯台が起工された。1970(昭和45)年の『灯台百年史』の編纂の時に、観音埼灯台の起工日が11月1日であったことが判明し、これが灯台記念日の日附の由来とされるようになった。2000(平成12)年から実施回数を明治元年からの通年表示している。

自衛隊記念日
1966(昭和41)年に制定。1954(昭和29)年7月1日、「防衛庁設置法」「自衛隊法」が施行され、防衛庁・自衛隊が発足した。7月〜10月は災害での出動が予想され記念行事等を行うのに都合が悪いため天候が安定する11月1日を記念日とした。

生命保険の日
生命保険協会が制定。「生命保険の月」の1日目の日。

犬の日
ペットフード工業会等6団体が1987(昭和62)年に制定。犬の鳴き声「ワン(1)ワン(1)ワン(1)」の語呂合せ。

すしの日
全国すし商環境衛生同業組合連合会が1961(昭和36)年に制定。新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期であることから

紅茶の日
1791(寛政3)年、暴風雨のためロシアに漂着した大黒屋光太夫が、ロシアの当時の首都ペテルブルク(現在のサンクトペテルブルク)で女帝エカテリーナの茶会に招かれ、日本人としては初めて紅茶を飲んだ。

本格焼酎の日
1987(昭和62)年9月、九州で開かれた本格焼酎業者の会議の場で制定。日本酒造組合中央会が実施。その年に8〜9月ごろから仕込まれた新酒が飲めるようになるのが11月1日ごろであることから。焼酎は蒸留法の違いによって酒税法上「甲類」と「乙類」に分けられるが、この表現が等級の違いのようであり紛らわしいため、原料の風味が活かされた乙類を「本格焼酎」と呼ぶようになった。

泡盛の日
沖縄県酒造組合連合会が1989(平成元)年に制定。11月から泡盛製造の最盛期に入り、泡盛の美味しい季節となることから。

川の恵みの日
「111」が「川」の字に似ていることから。川に感謝し、川の環境と自然を考える日。

玄米茶の日

カーペットの日

全国家具の日

食い道楽・芸道楽の
-----
(2017/11/1 水曜日 先負 十三夜 旧暦9/13)


スポンサードリンク



  D-web 最新ランキング ベスト

ニュース 米軍ヘリ部品発見の保育園、中傷メール・電話が相次ぐ

スポーツ 東北地区の21世紀枠候補に由利工 初甲子園へ前進

芸能 NHK大河「西郷どん」15%期待できる2つの理由

旬の話題 京浜東北線 架線切断



話題のアイテム

諏訪田製作所/銀杏殻むき鋏 銀杏坊主 12110

【銀杏の大きさによって調整可能】銀杏の大きさに合わせて、殻が割れても実を傷つけないように、備え付けのレンチでツメの開き具合を調節してください。(小さめの銀杏ならツメの間隔を狭く、大きめなら広くします。) 【ポイントはツメのミゾ】銀杏の筋を、銀杏坊主のツメのミゾに合わせ、ハンドルを握ります。パチッと音をたてて殻が割れます。ばねの中にあるストッパーが効いて中の実を傷めません。




話題の一冊

ビル・コッター (著) /ぜったいに おしちゃダメ?

この絵本にはたった1つだけルールがあります。 それは「このボタンを押しちゃダメ」ということ。 でも、不思議なモンスターが「おしたらどうなるんだろう?」「おしちゃおうか?」としつこく誘惑してくる。 誘惑に負けてボタンを押すと、モンスターが黄色くなったり、水玉になったり、何匹にも増えたりと大さわぎ! さあ、絵本をふったり、おなかをこすったりして、モンスターをもとの姿にもどしてあげよう! 好奇心をくすぐられて、子どもたちはおなかを抱えて大笑い。 なんどもなんども「また読んで! 」とせがまれる絵本です。




D-web ポータル

Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。