D-WEBトップニューススポーツ芸能2017年カレンダー人気カレンダーベストセラー季節のログファイル

カレンダー2017年7月7日は何の日 (記念日、行事、出来事、誕生日)



小暑(しょうしょ)
小暑(しょうしょ)は二十四節気のひとつ。毎年7月7日ごろ。また、この日から大暑までの期間も小暑という。『暦便覧』には「大暑来れる前なればなり」とある。梅雨明けが近づいてきて、本格的な暑さが始まる。蝉の鳴き声も聞こえ始める。小暑または大暑から立秋までの間を暑中といい、この間に暑中見舞いを送るとされる。小暑の終わりごろには夏の土用に入る。

七夕、七夕の節句
旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」という言葉が生まれた。その後仏教が伝来すると、7月15日は仏事の「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日となって7月7日に繰り上げられた。さらに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結びつき、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされた。

ラブ・スターズ・デー
銀座と有楽町のデパート7店が1988(昭和63)年に、七夕の日を「ラブ・スターズ・デー」と命名して共同宣伝をした。

サマーラバーズデー
新宿地区のデパートが1990(平成2)年に制定。七夕にちなんで意中の人にプレゼントをする日。

サマーバレンタインデー
サマーバレンタイン実行委員会が1986(昭和61)年に制定。

川の日
建設省(現在の国土交通省)が、近代河川制度100周年にあたる1996(平成8)年に制定。七夕伝説の「天の川」のイメージと、7月は「河川愛護月間」であることから。

竹・たけのこの日
全日本竹産業連合会が1986(昭和61)年に制定。日本缶詰協会等の産物関係者の話し合いの席上で「竹取物語のかぐや姫が竹の中から生まれた日は7月7日ではないか」となり、この日に決定された。

ゆかたの日
日本ゆかた連合会が1981(昭和56)年に制定。七夕の日、女子は色の附いた糸を結び、7本の針と瓜を供え、裁縫の上達を祈り、衣類に感謝していたという中国の故事にちなんで。若い人たちにも、ゆかたの美しさを見直し親しんでもらうきっかけにしてもらおうという狙いもある。

乾麺デー
全国乾麺協同組合連合会が1982(昭和57)年に制定。七夕の日に、素麺を天の川にみたてて食べる風習があったことから。

ギフトの日
1987(昭和62)年に全日本ギフト用品協会が社団法人化されたことを記念して制定。七夕は牽牛と織女が年に一度出会う日ということから。

カルピスの日
1919(大正8)年、ラクトー(現在のカルピス)が乳酸菌飲料のカルピスを発売した。

香りの日
全国化粧品小売協同組合連合会中部ブロックが1991(平成3)年に制定。七夕にちなんで「化粧品を買ってプレゼントしよう」と販売促進のために提唱した。

スリーセブンデー
日本遊技機工業組合が1995(平成7)年に制定。

冷やし中華の日
この日が二十四節気の「小暑」となることが多く、夏らしい暑さが始る頃であることから。

ポニーテールの日
日本ポニーテール協会が1995(平成7)年に制定。7月7日が「七夕」「ゆかたの日」であり、織姫がポニーテールであることと、ポニーテールが浴衣に似合うこと等から。

-----
(2017/7/7 金曜日 赤口 小暑,七夕 旧暦閏5/14 小望月)

本日の公演・イベント・スポーツ (チケットぴあ・GDO・ニッカン)

ゴルフ/ニッポンハムレディスクラシック

スポンサードリンク



  D-web 最新ランキング ベスト

ニュース カップヌードル、謎肉の正体は肉と… 日清サイトで公開

スポーツ イチロー3078安打 大リーグ通算安打上位一覧

芸能 恵俊彰「何かあるから録音する」豊田議員釈明に疑問

旬の話題 ルンバ627



話題のアイテム

ダイヤモンドパッド/鏡ガラス用 ダイヤモンドパッド S

水をつけてこするだけで、あきらめていた汚れがスッキリ落ちるガラス用クリーナー。最硬質な研磨剤「人工ダイヤモンド」を使用。ガンコで固着したような汚れを落す、プロ仕様の高級研磨ツールです。独自の技術、人工ダイヤモンドのサスペンション効果で、キズが付きづらく、汚れだけを擦り取れる、強力タイプ。




話題の一冊

加藤一二三 /負けて強くなる ~通算1100敗から学んだ直感精読の心得 (宝島社新書)

通算1100敗超―14歳で史上最年少棋士としてプロデューするや18歳でA級八段に昇段するなど「神武以来の天才」と称された加藤一二三九段は、将棋界の寵児として活躍し、数多くのタイトルを獲得する一方、じつは歴代で最も多くの敗戦を記録している棋士でもあった。「将棋の負けに無駄な負けはひとつとしてありません」と断言する著者が、現役生活60周年を迎え、初めて自身の敗戦を振り返り「負けて強くなる」秘訣、そして「敗れてもなお積み重ねていくことの大切さ」を語る。




D-web ポータル

Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。