D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【競馬】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





世界最高賞金額の芝G1としてオーストラリアで新設されたジ・エベレスト(芝1200メートル)が14日にロイヤルランドウィック競馬場で行われ、日本から移籍したブレイブスマッシュ(牡4)が中団から伸びて3着に入った。 2番手から押し切ったス…


ある意味、最大の注目馬と言えるだろう。大一番を翌日に控えたファンディーナは、角馬場からCウッドを軽く1周して調整を終えた。水曜に行われたCウッドでの最終追いでは、余裕残しでラスト11秒9をマーク。迫力満点の馬体が目を引いたが、最後の直線…


<柏山自夢・MyDream:秋華賞> 最重要トライアルのローズS、500万を勝ったばかりのラビットランが春上位馬をまとめて破った。格にとらわれる必要はない。 最高級の◎リカビトスの素質に懸ける。奥村武師が言う。「ディープはディープでも…


ファンディーナ(高野)は、角馬場からCウッドを軽く1周して調整を追えた。水曜に行われたCウッドでの最終追いでは、余裕残しでラスト11秒9をマーク。最後の直線で舌を出して走っていた。 高野師は「木曜から舌を縛ってみたら、馬場入りの時にう…


カワキタエンカ(浜田)は坂路をゆったりと上がった。「春より攻めている。ピリピリしているが我慢してくれているから」と嘉堂助手。 マイペースならしぶとい馬で、前走のローズSでもハナを切って2着と粘った。「落ち着いて臨めれば」とテンションが…


金曜に京都入りしたリカビトス(奥村武)はダートをダクと軽めキャンターで1周ずつ流した。 初めてまたがった浜中騎手は「柔らかくていい馬ですね。どっしりしている感じもあって、落ち着いていました」と好感触。3戦3勝は全て違う騎手。初コンビで…


紫苑S2着のカリビアンゴールド(小島太)は輸送を終えても元気いっぱい。 吉田厩務員は「春は1回使ったらガタッとするところがあったけど、今は使うごとに良くなる。前回からさらにパワーアップ。走りがのめることもないし、道悪でも」と大駆けを狙…


ブラックオニキス(加藤和)は関西圏での競馬は4回目。輸送も慣れたもので、すぐに馬房でリラックスした姿を見せた。 松山厩務員は「具合は前走以上。枠も理想通りでした。道悪が上手ではないので、あまり雨は降らないでほしい。楽しみです」と紫苑S…


ポールヴァンドル(上原)は初の長距離輸送をさらりとこなした。 紫苑S3着は控える競馬で収穫大。曽根厩務員は「落ち着いていましたね。春先はカイ食いがいまいちだったこともあるけど、ナイーブなところも解消されてきた。あとは競馬を待つだけ」と…


<プラタナス賞>◇14日=東京◇2歳500万◇ダート1600メートル◇出走11頭 断然1番人気に推されたシンボリクリスエス産駒のルヴァンスレーヴ(牡、萩原)が直線で楽に抜け出し、デビュー2連勝を飾った。 勝ちタイムの1分36秒2は、2…


<紫菊賞>◇14日=京都◇2歳500万◇芝2000メートル◇出走6頭 4番人気マイハートビート(牡、高橋忠)が4角最後方から馬群の内を抜け出し、勝利した。勝ちタイムは2分0秒4。 幸騎手は「3角での手応えが良く、いつでも伸びてくれそう…


NHKマイルC優勝馬のアエロリット(菊沢)は何事もなく輸送を終えた。張りのある芦毛の馬体は迫力十分。出来は古馬を倒した今夏のクイーンS以上か。 伊藤厩務員は「落ち着いています。出来は抜群。肉体的、精神的に成長している。後はお任せです」…


秋華賞(G1、芝2000メートル、15日=京都)の前売りオッズが14日(午後6時現在)、JRAから発表された。単勝1番人気は(7)リスグラシュー4・1倍。以下(1)アエロリット4・2倍、(16)ファンディーナ6・9倍。馬連は(1)(7)…


14日の京都12Rに出走を予定していたソーディヴァイン(牝4、西村)が、馬の取り違えにより出走取り消しとなった。 同じ厩務員が担当するスギノアルテミス(牝2、西村)が同2Rで外傷を負ったため、治療を依頼した際、獣医師が指定された馬に抗…


藤岡健一調教師(56)が京都5Rをロンロネオで勝ち、JRA通算400勝を達成した。現役49人目。JRA重賞は11勝、うちG1・2勝。 「関係者、ファンの皆さまに感謝の気持ちを伝えたいです。500勝、1000勝に向けてさらにペースを上げ…


<府中牝馬S>◇14日=東京◇G2◇芝1800メートル◇3歳上牝◇出走14頭 1番人気ヴィブロス(牝4、友道)は首差届かずの2着。前半1000メートル61秒9のスローペースにはまったが、最後は1完歩ごとに詰め寄り、G1馬の底力を見せつけ…


<府中牝馬S>◇14日=東京◇G2◇芝1800メートル◇3歳上牝◇出走14頭 アドマイヤリード(牝4、須貝)は最速の上がり32秒9の脚を使ったが、3着がいっぱい。さすがに超スローの4角13番では厳しかった。 戸崎騎手は「もう少し前へつ…


吉田豊騎手(42=フリー)が14日の東京6Rアポロナイスジャブで勝ち、JRA通算1200勝を達成した。 1万5514戦目で重賞34勝、G1・9勝。史上23人目、現役では11人目。「先週の時点で記録は分かっていたので、早く達成したいと思…


<府中牝馬S>◇14日=東京◇G2◇芝1800メートル◇3歳上牝◇出走14頭 岩田康誠騎手が騎乗した5番人気クロコスミア(牝4、西浦)が逃げ切りって優勝。初の重賞制覇を果たした。勝ちタイムは1分48秒1。首差2着に1番人気ヴィブロス、3…


<新潟3R>◇14日=新潟◇ダート1200メートル◇3歳上◇出走16頭 藤田菜七子騎手(20=根本)が今年11勝目を挙げ、97年牧原由貴子騎手が持つJRA女性騎手の年間最多勝記録に並んだ。 馬群の中から4角でスムーズに外に持ち出す絶妙…


<清水S>◇14日=京都◇1600万◇芝1600メートル◇3歳上◇出走11頭 4番人気のミスパンテール(牝3、昆)が中団から伸び、レーヌドブリエとの接戦を鼻差で制した。 酒井騎手は「狭いところをしぶとく伸びてくれたし、さすがに力がある…


秋華賞(G1、芝2000メートル、15日=京都)の枠順が確定した。 紫苑Sの勝ち馬ディアドラは、7枠14番からの発走となった。 橋田師は「仕方がない。枠順なりに乗るしかないからね」と苦笑いを浮かべながら「稽古はいい反応だった。使いつ…


秋華賞(G1、芝2000メートル、15日=京都)の枠順が確定した。 レーヌミノルは6枠12番に入った。桜花賞を5枠10番で勝っているとあって、本田師は「いいんじゃないかな。偶数の真ん中ぐらいがいいと思っていたから、希望通りだよ」と明る…


秋華賞(G1、芝2000メートル、15日=京都)の枠順が確定した。 オークス2着馬モズカッチャンは、過去10年で2勝を挙げている2枠4番をゲット。鮫島師は「内めはいいんじゃないかな。オークスも内でうまく立ち回ったからね。道悪も気にしな…


秋華賞(G1、芝2000メートル、15日=京都)の枠順が確定した。 アエロリットは1番から戴冠を狙う。金曜は角馬場で運動後、ゲートの駐立を確認した。 菊沢師は「調教ゼッケンが1だったので1番を引く気がした。ほかの馬の出方次第だが、こ…


競馬速報 (日刊スポーツ)


中央競馬 重賞競走日程
富士S 10/21
菊花賞 10/22
スワンS 10/28




スポンサードリンク




*話題の一冊

二宮 寿朗/松田直樹を忘れない。〜闘争人II 永遠の章〜 (SAN-EI MOOK) [ムック]

本書は、2009年に発刊された「闘争人〜松田直樹物語〜」の続編であり、横浜F・マリノスから松本山雅へと移籍していった2010〜2011年を中心にその足跡を追う。無二の親友であった、安永総太郎、佐藤由紀彦をはじめ、マリノス時代や松本山雅のチームメイトから見た松田直樹、そして、松田直樹自身の語った言葉から、松田直樹の本当の姿が浮かび上がってくる。永遠に語り継がれるべき魂のサッカー人生がここにある。


カレンダーランキング 女性タレント

3位 石原さとみ 2018年 カレンダー 壁掛け B2 CL-171

※写真は実際の商品と異なる場合があります。※都合により、タイトル・価格・仕様が変更になる場合、やむを得ず発売中止になる場合があります。ご了承ください。




12345678910111213141516171819202122232425


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加