D-WEBポータル | 総合ニュース | スポーツニュース | 本のベストセラー | 音楽・ダウンロード | DVD・映画 | 旬のキーワード

  最新芸能ニュース 【チケットぴあ】 (チケットぴあ)


公演チケットの検索

総合新着|ニッカン|AKB48|チケットぴあ|最新ベスト|芸能人Ameba|有名人livedoor|ZAKZAK




今度こそ、正真正銘のラスト!? 旗揚げ以来34年、ワハハ本舗の全体公演の作・演出を務めてきた喰 始(たべ・はじめ)。その引退記念として2013年上演された『ラスト』だが、ファンの熱望に応え、2016年の『ラスト2』、2017年の『ラスト3〜最終伝説〜』で完結する3部作へ発展! 2月17日、『3』製作発表イベント「プロポーズ王決定戦」が開催された。『3』の舞台上で、久本雅美が結婚式をあげる…ということで、久本雅美、柴田理恵、アジャコングの妙齢3人に、劇団員が求婚する、今イベント。総勢22組が、本物




日本を代表する芸術家・草間彌生の集大成とも言える展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」が、2月22日より、東京・国立新美術館で開催されている。昨年2016年には米タイム誌が「世界で最も影響力のある100人」に選出、また同年には文化勲章を授与されるなど、話題の絶えることのない草間の生命力にあふれた世界を体感することのできる、またとない機会となる。入場して早々に目前に広がる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」には度肝を抜かれるとともに、豊かなバリエーションと色彩美に心奪わてしまう。これらは2009年から現在




2017年4月29日(土・祝)昭和の日に渋谷・CBGKシブゲキ!!にて、『実験落語neo〜シブヤ炎上まつり〜』の上演が決定した。かつて、渋谷ジァンジァンで毎月開催されていた、三遊亭円丈主催の新作落語の会『実験落語』が、2016年6月に同じ渋谷の地、CBGKシブゲキ!!で復活を果たし、今回第5弾を迎える。復活後のタイトルは『実験落語neo』サブタイトルは必ず「シブヤ炎上」と入っており、その名通り、これまでの4回も見事な炎上ぶりだった。今回のサブタイトルは、シブヤ炎上まつり。円丈に加え、柳家さん喬、




2月20日、日本ラグビー協会が「新ビジョン」「ブランドステートメント」「戦略計画」を発表した。2019年『W杯』、2020年『東京五輪』へ向けて、新たな戦略計画を示したのだ。新たなスローガンは「BIG TRY」。岡村正会長は「2019年『W杯』は決勝トーナメント進出、2020年『東京五輪』は男女ともにメダル獲得という大きな目標があり、その大きな目標に“BIG TRY”する意味を込めた」と説明。坂本典幸専務理事は「見る人すべてを、夢中にさせるラグビーができるかが我々の課題」と明らかにした。「for




シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作「シルク・ドゥ・ソレイユ ダイハツ トーテム 仙台公演」の開幕まで約1か月と迫る中、仙台公演PR大使のLiLiCo、古坂大魔王らがトーテムの魅力を語った。まずは、公演紹介のVTRを見ながら3人が「カッコイイ!」「こんなこと、生まれ変わっても出来ない!」と、身を乗り出して演目のひとつひとつにコメントをした。オリジナリティーあふれる演目ばかりで「VTRを見ながら2時間は語れる!」とキャイ〜ン・天野が言い出すと、堰を切ったようにLiLiCoも「イケメンが自分のところ




「熱海殺人事件 NEW GENERATION」が2月18日に開幕。その前日に公開ゲネプロと囲み取材が行われ、出演者の味方良介、文音、多和田秀弥、黒羽麻璃央、演出を手掛ける岡村俊一が登壇した。つかこうへいの代表作であり、“東京の春の風物詩”と呼ばれるほど紀伊國屋ホールで上演され続けた『熱海殺人事件』。2010年につかが亡くなってからも、紀伊國屋ホールで「つかこうへい復活祭」と銘打ち上演し続ける作品だ。そんな本作が今回、“NEW GENERATION”と銘打ち、木村伝兵衛部長刑事を味方、犯人・大山金




1966年の初演以来再演を重ねてきた舞台『細雪』。3月からの明治座公演の初日には、通算上演回数1500回を迎える。そんな節目にあたる今回の公演は、キャストも新しくなった。2008年6月から次女幸子を演じてきた賀来千香子が長女鶴子役に、2011年10月から三女雪子を演じてきた水野真紀が次女幸子役に。そして、新たに参加することになったのが、三女雪子役の紫吹淳、四女妙子役の壮一帆という、元宝塚トップスターである。さて、この名作に飛び込むふたりの思いは──。取材を行ったのは節分の日。紫吹と壮は艶やかな舞

賀来千香子 本・DVD




5月13日(土)・14日(日)に大阪、5月20日(土)・21日(日)に東京で行われる野外フェスティバル「METROCK2017」の第4弾出演者が発表された。 新たに出演が決まったのは、大阪2日目・東京の初日にレキシ。大阪の初日にKen Yokoyama、SiM、MONGOL800、2日目にアルカラ、Perfume。東京の初日に9mm Parabellum Bullet、2日目にLOVE PSYCHEDELICO。チケットの一般発売に先がけて、1日券の先行受付を実施中。受付は2月27日(月)午後1




いよいよ明日、シーズン到来を告げる『FUJI XEROX SUPER CUP 2017』がキックオフを迎える。2月17日、両クラブの指揮官、選手が記者会見に臨み、次のように意気込みを語った。 「『FUJI XEROX SUPER CUP』は昨季結果を残したチームが出られる大会。この大会に出られてうれしく思う。鹿島はこれまで5回優勝しているが、同じくらいの数だけ負けている。今年はクラブにしっかりタイトルをもたらしたい」(鹿島アントラーズ・石井正忠監督)「この素晴らしい大会でレッズと戦えることを幸せ




音楽劇『君よ生きて』東京公演が2月22日(水)に開幕する。本作は、第二次世界大戦の終戦直後にソ連によって行われた日本人の「シベリア抑留」と、抑留地からの帰国である「引揚」を物語の主軸に、台詞・歌・音楽・ダンスを交えて届けるオリジナル音楽劇。2014年に初演され、戦後70年を迎えた2015年には全国ツアーも行った人気作で、元劇団四季メインキャストの望月龍平が演出を手がける。望月と、楽曲提供・音楽監督として初演から参加しているユウサミイに話を聞いた。物語は、現代に生きる20代のトモキが、亡き曾祖父・




日本を代表する音楽プロデューサー、武部聡志の60歳を祝ってゆかりのアーティストが集う、一夜限りのプレミアムコンサート「武部聡志 Original Award Show〜Happy 60〜」が2月27日(月)に東京・東京国際フォーラム ホールAで開催される。武部の活動は、キーボーディスト、作曲、編曲、プロデューサー、さらには音楽番組/音楽イベントの音楽監督など多岐にわたり、そのあらゆる立場で日本のポップ・ミュージックの歴史に刻まれる素晴らしい業績を残してきた。松任谷由実をはじめ、久保田利伸、平井堅




「舞台化絶対無理」と言われた同名人気ギャグ漫画の舞台化第三弾となる『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 〜奥の細道、地獄のランウェイ編〜』が2月15日に開幕。それに先がけてゲネプロと囲み取材が行われ、阿部丈二、小笠原健、大場美奈(SKE48)、米原幸佑、宮下雄也、脚本・演出のなるせゆうせいが登壇した。原作は、歴史的な偉人、動物、ケダモノ、パロディなどさまざまなキャラクターが登場し、シュールなギャグを展開する増田こうすけ作のギャグ漫画。舞台版は2015年に初演され、シリーズ第三弾となる今作は




アダム・クーパー主演のミュージカル『SINGIN’ IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜』が、3年ぶりに再び日本にやってくる。名優ジーン・ケリーの同名映画を原作に、2012年にロンドン・リバイバルとして登場した人気ミュージカルだ。本作で「ジーン・ケリーを超えた」と評されるほどの絶賛を受けたクーパーが、前回2014年の来日公演に引き続き、今回も主人公ドン・ロックウッドに扮して魅惑のステップを披露する。「再演が実現して本当に幸せに感じていますね。ドン・ロックウッドのようなキャラクターはめったに出会




『パレード』は1913年、アメリカ南部で実際に起きた冤罪事件を描くミュージカル。主人公レオ・フランクを演じる石丸幹二に話を聞いた。レオはニューヨーク・ブルックリン出身のユダヤ人ですが、どんな性格ですか。「プールの中のひとつの赤い水滴みたいな、孤立した男。妻の故郷・ジョージア州アトランタに住む北部出身のユダヤ人。保守的な南部の町で、いかに自分のアイデンティティを守り、自分らしく生きるか、ストレスを抱えています。一方、自分本位で頑固、妻のことを「お嬢様だから」と見下しがちでもある。日本で言う、昭和一




昨季は25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープ。新シーズンが始まる前に、再びその思い出に浸りましょうということで、ファンが思うMVP、ベストシーンを募る企画をファンブック「WE LOVE CARP 2017」のサイト上で実施中だ。本企画は、ファンそれぞれの目線で歓喜のシーズンを振り返ろうというもの。アンケートフォームに入力することで、ユーザーが選んだMVPとベストシーンは自動的に画像化。自分だけの優勝記念画像を作るだけでなく、SNS上でシェアすることも可能だ。3月27日(月)に発売予定




兵庫県神戸市垂水区塩屋町。神戸の西にある海沿いの小さな町に、100年以上立ち続ける洋館「旧グッゲンハイム邸」。その歴史と未来を綴った1冊『旧グッゲンハイム邸物語 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』が3月15日(水)に発売される。著者は「旧グッゲンハイム邸」の管理人・森本アリ。大所帯ブラスバンド「三田村管打団?」などでも活躍するミュージシャンであると同時に、まちづくりに関する活動も積極的に行なっている、神戸のキーマンと呼ぶべきひとりだ。旧グッゲンハイム邸は、明治時代にドイツ系米国人貿易商




ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭(LFJ)が今年もやってくる(5月4〜6日)。アーティスティック・ディレクターを務めるフランスの音楽プロデューサー、ルネ・マルタンが来日して発表会見が開かれた。LFJは1995年にフランスの港町ナントで生まれたクラシック音楽祭。2005年に日本に上陸するといきなり30万人を超える来場者を集めて旋風を巻き起こした。過去12年間の累計来場者がのべ726万人という、クラシック界のみならず、あまり比較の対象が見つからないビッグ・イベントなのだ。今年も有




アメリカのメタルバンド、メガデスが5月17日(水)大阪・Zepp Osaka Bayside、18日(木)・19日(金)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)で1年7か月ぶりとなる来日公演を行うことが決定した。昨年1月にアルバム『ディストピア』をリリースしたメガデス。今回の来日公演は、同作のリリースに伴うワールドツアーの一環として開催。また、スペシャルゲストに、メガデスと同じくスラッシュメタル四天王と呼ばれる、アンスラックスを迎えて行われる。メガデスは、デイヴ・ムステイン(vo, g)




若手俳優とタッグを組み、ザ・スズナリという濃密な空間で人間ドラマを紡ぐ。岩松了のその試みに堀井新太と黒島結菜が参加する。これまでも若手の群像劇には定評があった岩松。今回の『少女ミウ』では、一家心中の生き残りの少女をめぐる物語を描くのだという。その中で追求したいのは「男と女の生態」という岩松ならではの思索に、堀井と黒島も興味津々。初顔合わせの3人に期待が募る。岩松作品には初参加となる堀井と黒島。「いろんな人から岩松さんの情報を仕入れてたんですけど(笑)、必ず得られるものがあるので本当にいい経験がで




KAAT神奈川芸術劇場の2017年度作品群が発表された。このうち、大スタジオでの第一弾となる『春のめざめ』は14歳の少年少女達が性に目覚め葛藤するさまを赤裸々に描いた衝撃作だ。製作発表会には、演出の白井晃および、出演者の志尊淳、大野いと、栗原類が登壇した。白井は「近代戯曲を積極的に取り上げようということで、これまで『マハゴニー市の興亡』などをホールで上演しましたが、今年は大スタジオで『春のめざめ』を上演します。ミュージカルとしてヒットしましたが、もともとストレートプレイとして書かれた作品。登場す


キーワード:Web、本DVD:アマゾンの各キーワード検索です。

ページ下の日付をクリックすると、バックナンバーを表示します。



 最新ベストセラー ミステリー

5位 ラプラスの魔女

東野圭吾の作品は必ず素晴らしいので、新作が出たら必ず読みたい。これも良かった。



 DVDランキング ミュージック

1位 関ジャニ'sエイターテインメント(初回限定盤) [DVD]

関ジャニ∞

歌にダンスにバンドにエイトレンジャーまで! ! 関ジャニ∞の総合エンターテインメントライブとなった史上最高動員の5大ドームツアー …



 音楽ランキング ダウンロード

1位 やってみよう

WANIMA



スポンサードリンク





1234567


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加

記事、写真等の著作権は各リンク先にあります。