D-WEBポータル | 総合ニュース | スポーツニュース | 本のベストセラー | 音楽・ダウンロード | DVD・映画 | 旬のキーワード

  最新芸能ニュース 【チケットぴあ】 (チケットぴあ)


公演チケットの検索

総合新着|ニッカン|AKB48|チケットぴあ|最新ベスト|芸能人Ameba|芸能人lineblog|ZAKZAK




IRON MAIDEN(アイアン・メイデン)が、来年5月に約4年ぶりとなる来日公演を開催する。IRON MAIDENは1975年にロンドンで結成。1980年代初頭に起こったニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル・ムーヴメント(NWOBHM)を牽引。1980年代後半から1990年代のメタル・ブームの立役者としてシーンに多大なる影響を与え、新世紀に入ってからもヘヴィ・メタル最大のアイコンとしてシーンに君臨。累計アルバム・セールスは9,000万枚を超え、最も成功したメタル・バンドと呼ば




ジェフユナイテッド市原・千葉にとって、『明治安田生命J2リーグ』第42節は絶対に勝たなければならないゲームである。J1昇格もJ3降格も関係ない無風状態の中でのゲームだが、決して消化試合ではない。11月24日(日)・栃木SC戦は、佐藤勇人引退試合でもある。プロ20年間、千葉での18年間にも及ぶ現役生活を終える勇人を黒星で送り出すわけにはいかない。まさかの引退表明だった。10月16日、勇人は引退発表会見を敢行した。ユニフォームを脱ぐ決断を下した要因はクラブをJ1に上げることができなかったから。当人曰




東京二期会のオペレッタ《天国と地獄》(オッフェンバック)が11月21日(木)に幕を開ける。本番を翌週に控えた稽古場では、ピアノ伴奏による通し稽古が行なわれていた(11月12日・東京都内のリハーサル・スタジオで)。これ、めちゃくちゃ面白い。誤解を恐れずにいうなら、同じオペレッタでも、《こうもり》や《メリー・ウィドウ》のような、こじゃれた喜劇ではない。体を張った全力勝負の吉本新喜劇の世界。出演者全員が迷いなく振り切った演技と歌で笑わせにかかるからたまらない。これをしかめっ面で見ることができるのはよほ




全世界で1億冊以上が売れた大ベストセラー官能小説『50シェイズ・オブ・グレイ』をパロディにして作られたコメディミュージカル『50Shades!〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜』が11月15日より新宿FACEで開幕した。2016年に河原雅彦演出で日本初演された本作。今回は、さらに“過激”になり、3年ぶりの再演となった。週に1度、「本を読む会」を開催している主婦3人組のパム(シルビア・グラブ)、ベブ(野口かおる)、キャロル(青木さやか)。マンネリ化した性生活を送る彼女たちは、刺激を求めて官能小説




2020年の夏、子供たちを対象とした新たなクラシック音楽祭「こども音楽フェスティバル」が、サントリーホールを中心に行なわれる。次世代を担う未来の聴衆を育てるフェスティバル。11月12日、東京・赤坂のサントリーホール ブルーローズにて概要の発表会見が行なわれた。「こども音楽フェスティバル」は、関東の公立小中学校の夏休みが始まる時期にあたる7月17日(金)〜21日(火)の5日間開催。サントリーホールの大小ふたつのホールを中心に、周辺施設にも輪を広げて、同時多発的に行なわれる数々のコンサートで構成され




劇場ではなく、レストランを会場に、食事も楽しみながら観劇することができる体験型演劇「劇メシ」シリーズ。2016年の初演以来、7作を上演し、11月15日より神奈川県・川崎市THE CAMP CAFE&GRILLにて、11月25日(月)より東京都・恵比寿CAFE PARKにて、劇メシ−BetsuBara−『ハイイロキツネは二度遠吠う』を上演する。現在、神奈川公演が上演中の今作。チケットにはワンプレートの食事と、ワンドリンクが含まれており、会場につくとまず食事を楽しむことができる。カフェでは作品とコラ




10〜11月にかけて全国7都市でツアーを行なっている“崩壊シリーズ”第3弾『派』。東京公演を終えたばかりの作・演出オークラと、1作目からの出演者・大水洋介(ラバーガール)が来福。作品の魅力を語ってくれた。架空の劇団「荻窪遊々演劇社」の劇団員が、公演の度に起こすミス。そのミスの連続で物語だけでなく、舞台セットまでもが激しく崩壊していくという奇想天外な演出スタイルで話題を呼んでいる崩壊シリーズ。作・演出を手掛けるのは、構成作家のオークラ。バナナマンや東京03などの傑作コントを手がけ、日テレの「遊戯(




村上春樹の同名小説を原作にした舞台『ねじまき鳥クロニクル』が2020年2月に上演される。演出・美術・振付はイスラエルで活躍し日本でもミュージカル『100万回生きたねこ』や百鬼オペラ『羅生門』を手掛けたインバル・ピント。脚本・演出はイスラエルを拠点にするアミール・クリガー。同じく脚本・演出を手掛けるのは「マームとジプシー」主宰の藤田貴大。音楽はNHK『あまちゃん』『いだてん』などでも活躍する大友良英。芝居、コンテンポラリーダンス、音楽が融合し、新たな世界を生み出す。今回、事前ワークショップに潜入し




渋谷・東急シアターオーブにて、12月14日(土)から25日(水)まで上演されるクリスマスショー『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』。4年連続で応援サポーターを務める本田望結が、ゲストスケーターとして初日の12月14日(土)11:00公演と15:00公演に追加出演することが決定した。すでに出演が発表されている12月23日(月)14:00、12月24日(火)14:00、12月25日(水)14:00公演と合わせ、過去最多の計5公演に出演する。また、スケーティングを披露する楽曲も発表。11月2




ウクライナ出身の若き巨匠コンタンチン・リフシッツが、首都圏8つのコンサートホールを巡り、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲を演奏する「ベートーヴェンへの旅」が2020年のゴールデンウィークに開催される。公演に先立ち、リフシッツが来日し、11月13日、都内で記者会見を行なった。ベートーヴェンの生誕250周年を記念して、8館が共同制作するというこれまでにない形で開催されることになった今回の演奏会。リフシッツはベートーヴェンのピアノ・ソナタの魅力について「交響曲、室内楽に並ぶ、ソナタ集と呼ぶべきひ




観客もお芝居に参加する!?そんなユニークな英国発の一人芝居『エブリ・ブリリアント・シング〜ありとあらゆるステキなこと〜』の日本初演に、佐藤隆太が挑戦する。2020年1月の全国ツアーに向けて、先月までユタで公演をしていた同舞台を観た佐藤は「素晴らしかった!この作品の素敵さを伝えたい!」と興奮気味に語った。「あっという間の約1時間でした。生身の人間の躍動感があって、舞台の醍醐味がすごく感じられる。味わったことのない演劇体験です。ただただ楽しくて、2回観たんですけどすぐにまたもう1回観たくなりました」




FM802が12月25日(水)から27日(金)までの3日間、インテックス大阪で開催するロック大忘年会『FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY』の第3弾出演アーティストが発表された。第3弾アーティストは、FM802 RADIO CRAZY×ROTTENGRAFFTY 20th ポルノ超特急臨時大増便!!、木村カエラ、グッドモーニングアメリカ、go!go!vanillas、THE BAWDIES、ストレイテナー、teto、TOTALFAT、Nulbarich、パスピエ、04

木村カエラ 本・DVD




新生PARCO劇場のオープニング作品第一弾として上演される『ピサロ』に、渡辺謙が主演する。スペインのインカ帝国征服を描いたこの物語で演じるのは、スペイン将軍ピサロだ。35年前、同じくPARCO劇場で山崎努主演で上演されたとき、渡辺はインカの王アタワルパを演じてその名を世に知らしめている。いわばエポックメイキングとなった作品に、今度は主演としてどう挑むのか。渡辺謙がどう渡辺謙となり渡辺謙であり続けているのかを、ぜひ目の当たりにしたいものである。かつて山崎努が演じた役を演じることになった渡辺。「山崎




2020年1〜2月に『デスノートTHE MUSICAL』がオール新キャストで上演される。本作でヒロイン・弥 海砂(アマネ ミサ)を演じる吉柳咲良に話を聞いた。「名前を書かれた人間は死ぬ」という“死のノート”を巡る物語が描かれた漫画「DEATH NOTE」(原作:大場つぐみ・漫画:小畑健)。そのミュージカル版は、音楽をフランク・ワイルドホーン、音楽監督をジェイソン・ハウランド、そして演出を栗山民也という世界的コラボレーションで2015年に初演された。それから再演、海外公演と大ヒットし、今回は3年ぶ




2018年に結成10周年を迎え、今年11年目に入った劇団ゴジゲン。これまで、北九州や久留米での公演はあったが、ついに福岡市内に初上陸。イムズホール公演を皮切りに、東京、北海道、京都と4都市でツアーを行なう。映画監督・脚本家・俳優としても活躍する福岡出身の主宰・松居大悟に、新作「ポポリンピック」の見どころ、高校時代までを過ごした福岡市での初公演への想いを聴いた。「オリンピックの「オ」とパラリンピックの「パ」を重ねると、ちょうと「ポ」になる!」と気づき、名付けたというタイトルからも分かるように、モチ




じつに楽しく、面白く、そして素晴らしい、出色の出来栄えの上演だ!新国立劇場の《ドン・パスクワーレ》が11月9日に初日を迎えた。ドニゼッティ晩年のオペラ・ブッファ(喜劇オペラ)。人気や知名度でこそ、《愛の妙薬》や《ルチア》に一歩譲るかもしれないが、魅力的な旋律が、これでもかとばかりに惜しげもなく次々に繰り出される、完成度高い音楽。ドニゼッティの作品のなかでも破格の傑作なのだ。「悪人」はひとりも出てこない。大金持ちだが家族のない老人ドン・パスクワーレは、主治医のマラテスタが連れてくる花嫁候補を待ちか




本日11月11日(月)より『2019 WBSCプレミア12』がスーパーラウンドに突入する。3戦全勝でグループBを1位突破した日本をはじめ、A組1位・メキシコ、A組2位・アメリカ、B組2位・チャイニーズ・タイペイ、C組1位・韓国、C組2位・オーストラリアが決勝に勝ち進む上位2位を目指しリーグ戦を展開するのだ。今大会ではオープニングラウンドの同組対決の結果はスーパーラウンドに持ち越しとなる。つまり、A組・メキシコ8-2アメリカ、B組・日本8-1チャイニーズ・タイペイ、C組・韓国5-0オーストラリアの

11月11日 本・DVD




城田優が演出を手がけ、自ら主演するミュージカル『ファントム』が、11月9日に東京・TBS赤坂ACTシアターにて開幕した。ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を原作に、アーサー・コピットが脚本、モーリー・イェストンが作詞・作曲を担当した本作は、1991年に米で初演されたミュージカル。日本では2004年から宝塚歌劇団が公演を実施しているほか、2008・2010年には大沢たかお、2014年には城田の主演で上演された。今回は加藤和樹もタイトルロールを務める。初日を控えた囲み取材にはW主演ふたりのほか




本格的な観光シーズンを迎えた今、大阪観光の定番アイテムとなりつつあるのが、「大阪周遊パス」である。1日2700円で、主な大阪市内の電車・シティバスが乗り放題。さらにお得なのが、40か所以上もの観光スポットが無料で入場できる点。国内からの旅行客はもちろん、海外からのツーリストにも大人気の「大阪周遊パス」。紅葉が美しい11月だからこそ訪れていただきたいおすすめの観光スポットをピックアップしてみよう。12月8日までの期間限定で無料入場できるのが、大阪市立東洋陶磁美術館(通常:500円)。中国・韓国陶磁




MAINA、ANNA、MANA、EON、YUNA、RUNAからなる、大阪在住の6人組ダンス&ヴォーカルグループ、大阪☆春夏秋冬。2012年に結成し、インディーズ時代からなんばHatchでワンマンライブを開催。2017年にメジャーデビューし、2019年にはa-nationやイナズマロックフェス、MBS音祭に出演するなど、勢いが止まらない。そんな彼女たちが「いつかやりたかった」という演劇の舞台に挑戦する。題して、カタヤブリ演劇公演『劇団☆春夏秋冬 艶姿河内六人娘』。歌あり、殺陣ありの本格時代劇だ。昨


キーワード:Web、本DVD:アマゾンの各キーワード検索です。

ページ下の日付をクリックすると、バックナンバーを表示します。



 D-web ランキング ベスト

【メーカー特典あり】 馬と鹿 ) )ベストセラー 危険なビーナス 東野 圭吾
音楽 【メーカー特典あり】 馬と鹿 ) ) 米津玄師
DVD 5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019

ニュース イランのデモ、死者100人超か 鎮圧に過剰攻撃の指摘
スポーツ 健大高崎−中京大中京ほか/明治神宮大会決勝速報中
芸能 沢尻は知識備えた「上級者」注射痕避け覚醒剤を敬遠



注目のタイトル

松山ケンイチ (出演), 染谷将太 (出演), 福田雄一 (監督) /劇場版「聖☆おにいさん 第1紀」 [DVD]

山田孝之が製作総指揮を務め、福田雄一を監督に迎えて人気コミックを実写化。下界にバカンスを楽しみに来たイエスとブッダ。ふたりは東京立川のアパートをシェアし、共同生活を送ることに。主演は松山ケンイチと染谷将太。




スポンサードリンク





1234


Copyright © 2019 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル

記事、写真等の著作権は各リンク先にあります。