D-WEBポータル | 総合ニュース | スポーツニュース | 本のベストセラー | 音楽・ダウンロード | DVD・映画 | 旬のキーワード

  最新芸能ニュース 【チケットぴあ】 (チケットぴあ)


公演チケットの検索

総合新着|ニッカン|AKB48|チケットぴあ|最新ベスト|芸能人Ameba|芸能人lineblog|ZAKZAK




Live Musical「SHOW BY ROCK!!」シリーズの第2弾『―深淵の CrossAmbivalence―』が10月19日に開幕。それに先駆け公開ゲネプロと囲み取材が行われ、取材には、バンド「シンガンクリムゾンズ」のクロウ役・米原幸佑、「トライクロニカ」のシュウ☆ゾー役・鎌苅健太、「アルカレアファクト」のチタン役・糸川耀士郎、「忍迅雷音」の嵐役・辻 諒、朧役・井阪郁巳、燐役・高橋健介、神威役・赤澤遼太郎が登壇した。本作は、250万ダウンロード突破の人気ソーシャル音ゲーアプリ「SHOW




2018年1月18日(木)から28日(日)まで東京・東京芸術劇場 シアターウエストで上演される、劇団東京マハロ第20回公演『明日、泣けない女/昨日、甘えた男』。同公演のキービジュアルが公開された。『明日、泣けない女/昨日、甘えた男』はセックス依存症に悩む女性が、己の未熟さと葛藤しながらも生きていく様を、シリアスとユーモアを交えて描く作品。劇団東京マハロの主宰で、テレビドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」で第35回向田邦子賞を受賞した矢島弘一が脚本を務める。出演は、今作が舞台初挑戦となる加藤玲奈(A




10月20日、『2017/18V・プレミアリーグ男子大会』開幕前日記者会見が行われた。全8チームの監督・主将たちが決戦の舞台・東京体育館に集結したのだ。翌日、翌々日に迫った開幕戦へ向けて、各チームの監督と主将が意気込みを語った。「連覇という意識ではなく、新たに強化し、新たなリーグを取りにいくという意気込みで臨む」(東レ・小林敦監督)「サーブとブロックを強化してきた。それをしっかり出せるよう気持ちと体力を充実させたい」(星野秀知主将)「昨季の豊田合成を超えたい。チームとして成長したいし、自分たちを




文学座80周年記念文学座公演『鼻』が10月21日(土)から上演される。公演について、出演者で文学座代表の江守徹、渡辺徹、演出を務める鵜山仁、そして脚本の別役実に話を聞いた。本作は、1994年に文学座の俳優・三津田健のために書き下ろされた別役の戯曲。文学座の記念碑的作品でもあるフランスの戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』(以下、『シラノ』)で主人公・シラノを演じ続け“シラノ俳優”とも言われた三津田の作品への深い愛がベースになっている。今回が2度目の上演となり、シラノを暗示する“男四”は、1983年




ルーマニアの鬼才演出家シルヴィウ・プルカレーテが、佐々木蔵之介らほぼオールメール(渡辺美佐子以外全員男優)の日本人キャストを使い、日本で創作を行った「リチャード三世」が10月17日のプレビューを経て、18日に東京芸術劇場 プレイハウスで開幕した。重低音が腹に響く大音量のダンス音楽とともに緞帳が上がると、ドラッグパーティーのような雰囲気の中、男たちが踊り狂っている。この幕開きからして、従来の感覚でシェイクスピアの「リチャード三世」を観に来た観客を面食らわせるに十分だろう。リチャード三世役・佐々木は




「リーグ戦とカップ戦は別物」とは、サッカー界の定説である。一発勝負のカップ戦の結果は、必ずしもリーグ戦の成績が反映するわけではないというわけだ。「リーグ戦とカップ戦は別」ではあるが、ここで『JリーグYBCルヴァンカップ』決勝・セレッソ大阪×川崎フロンターレの『明治安田生命J1リーグ』での直接対決を振り返りたい。9月30日・等々力陸上競技場で行われた第28節は、強烈なインパクトを残した。ボランチ・大島僚太、2列目・阿部浩之を負傷で欠いた川崎Fが、逆境を跳ね返したのだ。19分にトップ下中村憲剛のコー




今年5月、5日間で約7万人を集めた、エンターテインメントフードフェスティバル“フードソニック”がこの秋、帰ってくる。今回は、大阪文化芸術フェスとコラボレート。10月21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)の4日間、会場を大阪中之島の“ほたるまち”から万博記念公園 上の広場に移し、秋空の下、食とエンタテインメントが融合した新感覚のフードフェスティバル『FOOD SONIC 2017』を開催。大阪文化芸術フェスとのコラボレートにより、エンタテインメント感もパワーアップ。アーティストライ




「ドラゴンクエスト」ウインドオーケストラコンサートが、12月30日(土)に東京・東京国際フォーラム・ホールCで開催されることが決定した。同公演は今年各地で開催。12月31日(日)には東京・東京国際フォーラム・ホールCで大晦日公演の開催が決定していたが、チケットが完売したことを受け、今回大晦日前日に同会場で追加公演の開催が決まった。この日は特にリクエストの多かった、ロトシリーズと呼ばれる「ドラゴンクエスト I、II、III」を上演予定。大晦日と同じく、指揮は大井剛史、演奏は東京佼成ウインドオーケス




10月19日、ウインドウマンス(南半球と北半球の代表が交流戦を行う6月と11月の交流月間)に臨むラグビー日本代表メンバーが発表された。ジョイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチは「若くてこれからが楽しみな選手と経験豊富な選手、いいバランスで選べた」と開口一番口にした。さらに「ワラビーズ(オーストラリア代表)戦が山場。それには福岡での世界選抜戦が大事になる。この試合がワラビーズ戦の重要な試金石になる」と日本での2試合にターゲットを定めた。日本代表メンバーは以下の通り。【PR1】石原慎太郎(サントリー




8戦全勝同士の対決だ。『ジャパンラグビートップリーグ2017-2018』第9節でホワイトカンファレンス1位・パナソニックが、レッドカンファレンス1位・サントリーを迎え撃つ。パナソニックは全試合で3トライ以上差を付けるボーナスポイントを獲得するパーフェクトリザルトを誇る。接戦が予想された第5節・トヨタ自動車戦を43-16、前節・神戸製鋼戦では56-7と快勝。第8節の大勝劇にロビー・ディーンズ監督も「今日の試合は開幕以来、最高の出来だった。23人全員がそれに相応しいパフォーマンスを見せてくれた」と胸




第3代音楽監督ジョナサン・ノット(1962〜)との蜜月が来季で5シーズン目を迎える東京交響楽団。10月17日、東京都内の楽団本部で会見を行ない、その2018〜19シーズンの公演ラインナップを発表した。ジョナサン・ノットが指揮するのは、定期演奏会(サントリーホール)4回、川崎定期演奏会2回、東京オペラシティシリーズ1回、名曲全集(ミューザ川崎)2回、こども定期演奏会(サントリーホール)1回の、6演目10公演。さらにダ・ポンテ三部作完結編となる演奏会形式の《フィガロの結婚》も。「楽団員と私というチー




J1の舞台で25年間戦い続けてきた横浜F・マリノスと鹿島アントラーズ。オリジナル10でJ2降格を免れてきた両クラブが今週末激突する。21勝1分7敗・勝点64で2位・川崎フロンターレに勝点5差をつける鹿島は、2年連続9度目のJ1制覇に視界良好だ。第22節、川崎Fに1-3と完敗を喫した後に5連勝。第28節・サガン鳥栖の術中にハマリ0-1と16試合ぶりに無得点となった翌節は6試合負けなしと上げ潮のサンフレッチェ広島に2-0。連敗しないところは、さすが常勝軍団。中盤戦にゴールラッシュを見せたペドロ・ジュ




新潟、東京、金沢、魚津、沖縄の5都市による全国共同制作プロジェクトとして、プッチーニのオペラ『トスカ』が上演される。新潟、魚津、沖縄で大勝秀也、東京、金沢で広上淳一が指揮し、映画監督・河瀬直美が演出を手がけることでも話題だ。公演に先駆けて稽古の様子が公開された。『トスカ』といえば19世紀初頭のローマを舞台にした物語だが、河瀬は、古代日本の雰囲気漂う架空の場所、“牢魔”と設定。役名も、ヒロイン・トスカはトス香、その恋人カヴァラドッシはカバラ導師・万里生、トスカに横恋慕するスカルピアは須賀ルピオ、と




ASIAN KUNG-FU GENERATIONと、イギリスのロックバンドFEEDERが12月にカップリングツアーを開催。同ツアーに出演するゲストバンドのうち、後日発表とされていた残り3組が発表された。 12月1日(金)・2日(土)の宮城公演にはともにフェスやイベントでの共演はあったものの、ツアーでの共演は初となるandrop(1日(金))、クリープハイプ(2日(土))が出演。8日(金)東京公演には、2014年にASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤がプロデュースした楽曲を発表し




神奈川フィルハーモニー管弦楽団の2018〜2019シーズンのラインナップが決まり、10月16日、横浜市内で、常任指揮者・川瀬賢太郎も出席して発表会見が行なわれた。シーズン・コンセプトは「音楽の道標(みちしるべ)」。音楽が生み出す、生きる力や平和の願いが行く手を照らす。横浜みなとみらいホールでの定期演奏会は、従来の土曜日午後2時開演はそのまま、7月と11月には、金曜日の夜公演も加えて同一プログラム2公演制を実施する。改修工事を終えた神奈川県民ホールでは新たに「県民ホール名曲シリーズ」をスタート。ま




7月に東京で初日を迎え、大好評を得たミュージカル『ビリー・エリオット』の大阪公演が10月15日、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて開幕した。本作は、映画『リトル・ダンサー』をもとに、映画版脚本家のリー・ホールが脚本・歌詞を、監督スティーヴン・ダルドリーが演出を手がけ、エルトン・ジョンが音楽で加わりミュージカル化したもの。2005年にロンドン・ウエストエンドで初演され、翌年の英国ローレンス・オリヴィエ賞4部門を受賞したほか、ブロードウェイでもトニー賞10部門を受賞するなど、全世界で80以上の演劇賞




劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)第55回本公演『カジノ・シティをぶっとばせ!! 〜丁半コマ揃いました〜』が、10月13日に開幕した。その初日レポートをお届けする。演出と出演を務める三宅裕司を座長に、1979年の創立から“ミュージカル・アクション・コメディー”を旗印とし、「わかりやすくて誰もが楽しめる、サービス精神旺盛な舞台」をつくり続ける爆笑活劇集団・SET。その最新作の題材は「日本のカジノ」。物語の舞台は、過疎化が進む京都の田舎町・梶野(かじの)町。京都市長の清水(三宅)は、




昨年6月に初演され、好評を博した作品の2017年度版である『「ポセイドンの牙」Version蛤』が10月13日(金)に東京・紀伊國屋ホールにて開幕した。本作は、とある水産高校に通う陽気なバカ男子高校生5人組・スイサンズが、財政難に陥った母校を防衛人材育成高校(男子校)にしないために奮闘する姿を描く。市に伝わるという伝説の“黄金の釣針”を探しにいったスイサンズは、道中、海の神であるポセイドンと出会い……。社会風刺の要素も含んだ、地に足の着いた日常パートと、幻想的な神話世界での物語が、異才・伊藤靖朗




開場20年目のシーズンを迎えている新国立劇場で10月12日、来年5・6月に20周年特別公演として上演される新演出の《フィデリオ》(ベートーヴェン)の制作発表会見が行なわれた。愛と自由が全編を貫くベートーヴェン唯一のオペラ。ドイツ・オペラ史上最重要の古典をどのように描くのか。公演を指揮する飯守泰次郎や演出のカタリーナ・ワーグナーらがそれぞれの思いを語った。飯守にとっては、2014年から4年間の任期を務めた芸術監督としての最後の指揮公演となる。「ベートーヴェンは、ワーグナーと並んで私が最も深く掘り下




鈴木勝秀の上演台本・演出による舞台『ウエアハウス〜Small Room〜』が10月8日、東京・アトリエファンファーレ高円寺にて開幕した。『ウエアハウス』は、鈴木がエドワード・オールビー作『動物園物語』をモチーフに、ライフワークとして1993年の初演から幾度か形態を変え、構築し続けている会話劇シリーズである。今回の新作では、もとは二人芝居のところを三人芝居に書き換えて発信。実弟・佐野大樹との演劇ユニットWBBで活躍する佐野瑞樹や、味方良介、劇団プレステージの猪塚健太といった気鋭の俳優陣とともに、強


キーワード:Web、本DVD:アマゾンの各キーワード検索です。

ページ下の日付をクリックすると、バックナンバーを表示します。



 




 DVDランキング ミュージック

4位 Aimer Live in 武道館 “blanc et noir"(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc)

Aimer

初のベストアルバム 「BEST SELECTION "blanc"」 「BEST SELECTION "noir"」 のリリース経て、 …



 音楽ランキング 総合

5位 Finally(Blu-ray Disc付)(スマプラ対応)

安室奈美恵

【初回仕様】 初回BOXスリーブ仕様 【封入特典】 未定 (決定次第改めてご案内します。 ) ※初回盤は無くなり次第、 通常盤に切り替わります。 11月8日に、 …

スポンサードリンク





12345678


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加

記事、写真等の著作権は各リンク先にあります。