D-WEBポータル総合ニューススポーツ芸能旬の話題音楽CDMP3映画・DVD人気商品本のベストセラー

   電子書籍kindle本ベストセラー・感想 【小説・文芸】

(Amazon.co.jp)


アマゾン検索

小説・文芸ミステリーノンフィクションビジネス暮らし・健康絵本・童話リーダー


ベスト20   21−40   41−60   61−80   81−100   


夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え


水野敬也の本

人生くだりのエスカレーターに乗りかかった、夢をあきらめきれないOLのもとに、自称成功請負人のヘンな神様・ガネーシャが現れた!しかも今回は「ブラック」仕様。カーネルサンダースくんを白髪にし、ムンクくんを叫ばすほどにスパイシーな、ブラックガネーシャ流成功法とは? 釈迦や貧乏神などおなじみのキャラに加え、今回はガネーシャのライバル登場!?アカン、ワシ史上最大のピンチや…。笑って、泣いて、タメになる、究極の自己改革エンタテインメント小説!

レビュー ひょんなことから書店で「夢をかなえるゾウ2」の文庫版を見つけて買って、すごくよかったのでAmazonで3を買いました。いやぁ・・・期待通りのステキなガネーシャに笑ったり泣いたりしながら、届いたその日に読み切ってしまいました!鼻水ズルズルです(笑)2の幸子さんも元気に登場するし、釈迦さんも登場します。今回は女性が主人公で、より身近に感じました。

価格 ¥1,341


文藝春秋2017年6月号[雑誌]


立花隆の本

月刊「文藝春秋」6月号 おもな記事【大特集】人口減少はこわくない◎江戸時代の日本に戻れ(細川護熙)◎ルポ 子どもが増えた地方の秘密 ◎座談会「「女性活躍」ママ議員の生活と意見」 山尾志桜里/金子恵美/大沼瑞穂◎座談会「経済成長をあきらめるな」 吉川洋/増田寛也 藻谷浩介/古市憲寿◎阿川佐和子×朝井まかて「介護の秘訣はユーモアよ」◎座談会「小池百合子の急所を突く」 猪瀬直樹/片山善博/若狭勝/三浦瑠麗【特集】朝鮮半島クライシス◎半藤一利×

価格 ¥880


すべてがFになる THE PERFECT INSIDER S&M


森博嗣の本

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

レビュー たまたま、日間賀島に行ったことがあったので、ストーリーの中で日間賀島が出てきたときは驚きました。話の内容的には、理系の人が好きそうな推理ものといった印象で、正直ちょっと設定を理解するまで難しかったですが、アニメやドラマにもなっているので、小説読んでみようと思ったけど難しくて挫折したよって人は、まずアニメをちょっと見てから小説を読むといいかもしれません。

価格 ¥100


雨の日も、晴れ男


水野敬也の本

ある日、二人の幼い神のいたずらで、不幸な出来事が次々に起こる会社員アレックス。リストラされても、詐欺に遭っても、見知らぬ男に殴られても、妻が子供と出ていっても――どんなにつらいことがあっても明日に希望を持てる、人生で一番大切な事は何かを教えてくれる「笑えて」「泣けて」「タメになる」エンターテインメント小説。

レビュー 夢をかなえるゾウを読んで、こちらも購入。水野さんならではの、痛快な文章であっという間に読み終えてしまうが、スッキリしない。もしかして、それを狙っているのか?読み終わると、胸焼けのようななんとも言えない気分になる。

価格 ¥538


それでも僕は夢を見る


水野敬也の本

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ベストセラー「夢をかなえるゾウ」の水野敬也と動画サイトで300万回以上の再生数を誇ったパラパラ漫画「振り子」やNHK朝ドラ「あまちゃん」のアニメーションの作者鉄拳がタッグを組んだ。「夢」はずっと僕のそばにいた。けれど、いつまでも「夢」を追うのが辛くなった僕

レビュー ゾウが良かったので買ってみましたが、あまり良くありませんでした。文章の量が少ないことは問題無いのですが、内容が薄く感じました。ただ、自身の心の状態によって感じ方も変わってくると思いますので、今度落ち込んだときに再読したいと思います。

価格 ¥898


自作ゲーライフ2 独占インタビュー編: 「TOME」ゲームクリエイター賞金500万円の頂点を極め、どん底に落ちながら、最後まであきらめなかった男


ひさしAppの本

さすがに封印しようと思ってた、個人ゲームアプリクリエイターインタビューを、公開します・・!自作ゲーム開発で、華々しいデビューから、独立して人生のどん底を味わい、そして大復活した1人の男のストーリーがここに・・・!完全独占ロングインタビュー!さらに、まさかの大金を突っ込んだ企画まで・・!▼目次概要 1.30秒でわかる、TOMEさんの略歴 2.怒涛の質問1.ゲームクリエイター編 3.怒涛の質問2.ゲームイベント出店・オフ会編 4.怒涛の質問

価格 ¥480


彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? Wシリーズ (講談社タイガ)


森博嗣の本

ウォーカロン。「単独歩行者」と呼ばれる人工細胞で作られた生命体。人間との差はほとんどなく、容易に違いは識別できない。研究者のハギリは、何者かに命を狙われた。心当たりはなかった。彼を保護しに来たウグイによると、ウォーカロンと人間を識別するためのハギリの研究成果が襲撃理由ではないかとのことだが。人間性とは命とは何か問いかける、知性が予見する未来の物語。

レビュー クローン技術などが発達し、オリジナルとコピィの境界線が曖昧になっていく時どのような不都合が生じるのか?ということを考えさせらた過去のシリーズとの関連もあり、とても楽しめた

価格 ¥100


スパルタ婚活塾


水野敬也の本

水野敬也のアメブロ「ウケる日記」の中で連載され、大反響を受けた伝説のコンテンツ『スパルタ婚活塾』――こちらを加筆・修正した本書は、漫画化・ドラマ化され、累計19万部を突破した恋愛マニュアル『LOVE理論』の姉妹版です。従来の女性向け恋愛マニュアルになかった「徹底的な男目線」で、独自の恋愛理論が展開されます。魅力的な会話をする「アウェイ理論」、出会いを生む「アウトレット理論」、最強の婚活理論「NGP理論」など、随所に笑いをまぶしながら、人

レビュー 笑えるんですが使える情報があり、そうか!!!と納得。熟女が自信なさげに震える姿ほど萎えるものはない。と。

価格 ¥1,341


蜜蜂と遠雷 (幻冬舎単行本)


恩田陸の本

俺はまだ、神に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニ

レビュー 直木賞&本屋大賞受賞作ということで、期待して読んだが、最近はこういう作品が支持されるのかと正直がっくりきた。ピアノ曲や演奏の描写は、楽曲のイメージを膨らませる事ができて非常に良かった。演奏を言葉で語るというのは斬新だし、作者がピアノ曲に造詣が深いことも伝わる。しかしながら、登場人物の織り成す物語がいかんせん陳腐。

価格 ¥1,555


10 夢をかなえるゾウ


水野敬也の本

200万部を突破したベストセラー。「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」この疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。主人公は「人生を変えよう」と思っているけど、何も変えられない普通のサラリーマン。そこへある日突然、ガネーシャというゾウの姿をした神様が現れ、主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけの怠惰極まりない生活を始めます。しかしガネーシャは自信満々にこう言います。「今からワシが出す簡単な課題さえこな

レビュー 過去にも読んでいたのですが、今更ながら再度購入して読んでみて、わかっていながら新鮮な印象も受けたという状態です。

価格 ¥648


このベストセラーは1時間毎に更新しています。

検索は、アマゾンの総合、Kindle検索です。

レビューは読者や購入者が書いたものですので、ご承知の上参考にしてください。




話題の一冊

有川 浩/三匹のおっさん ふたたび

剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!」と、ご近所の悪を斬るあの三人が帰ってきた! 書店万引き、不法投棄、お祭りの資金繰りなど、日本中に転がっている、身近だからこそ厄介な問題に、今回も三匹が立ち上がります。ノリのお見合い話や、息子世代の活躍、キヨの孫・祐希とノリの娘・早苗の初々しいラブ要素も見逃せません。漫画家・須藤真澄さんとの最強タッグももちろん健在。カバーからおまけカットまでお楽しみ満載の一冊です。




最新ニュース・話題ベスト

ニュース 津波!電動アシストの制限解除 避難用「緊急ボタン」案

スポーツ 高野人母美が「顎の骨が溶ける病気」患い3度の手術

芸能 元KAT−TUN田中聖容疑者が大麻所持容疑で逮捕

旬の話題検索 サッカー日本代表 発表




 音楽ランキング 総合


2位 【早期購入特典あり】 「ラブライブ! サンシャイン!!」ユニットCDシリーズ第2弾 1 (3巻連動購入特典:オリジナル収納BOX第2弾「AZALEA」リミテッドシリアルコード付)

CYaRon!

※本商品には3巻連動購入特典のシリアルコードが付きます。 …





11 GIGAZINE 未来への暴言


山崎 恵人の本

「未来」について考えるとき、どのようなことを念頭に置けばいいのか、これから先の厳しい時代を生き抜くにはどうすればいいのか、どういう考え方をすれば「先」が読めるようになるのか?まさにそういう「時代の最先端」を常に考え続けて2000年より運営している老舗IT系ニュースサイト「GIGAZINE(ギガジン)」の山崎恵人編集長が惜しげもなくその知識と情報分析のスキルを公開して話題になった10周年記念本がついに初の電子書籍化。来たるべきネット社会の

レビュー タイトルに「GIGAZINE」の文字が入っていたので、「GIGAZINE」の今後の展望、将来についての話かと思いきや、インターネットを取り巻く現状と未来について、というもっと大きなテーマの話でした。タイトルに「暴言」と書かれているように、ちょっと毒も含まれていて、誰にでも受け入れられるものではないかもしれません。現に僕もすべてに賛同できたわけではありません。でも、読み物としては楽しめました。

価格 ¥1,250

12 イナイ×イナイ PEEKABOO Xシリーズ (講談社文庫)


森博嗣の本

Xシリーズ、待望の開幕! 行方の知れない兄と、凄絶なまでに美しい双子、そして後妻。周囲から時間が消えたような屋敷に今、血腥い風が吹く。黒髪の佳人、佐竹千鶴は椙田探偵事務所を訪れて、こう切り出した。「私の兄を捜していただきたいのです」。双子の妹、千春とともに都心の広大な旧家に暮らすが、兄の鎮夫は母屋の地下牢に幽閉されているのだという。椙田の助手、小川と真鍋が調査に向かうが、謎は深まるばかり――。

レビュー 谷崎潤一郎をエピグラフにもってきているように、今作(今シリーズ?)は理系の理の字も見当たらない正に文系のミステリィだろうか。設定は美しい双子の姉妹、座敷牢、探偵、主を失った巨大な日本屋敷と遺産…と拍子抜けするほどオーソドックスである。そしてこの作品には欠点がない。物語は淀みなく進み、必要最低限の謎は解き明かされる。

価格 ¥100


13 女性の心はたった5つの心理学ですべてが分かる!: 絶対に勃起する写真付き!


水谷紀里谷の本

アナタは恋をしていますか? その恋は、本当に実りある恋に発展していますか もしあなたの片思いで終わらせている恋が、片思いのままで終わるのはもったいない。 そんなことを考えていませんか? 本書では、恋愛心理学に重点を置いて、片思いを発展させる方法を伝授しています。 アナタにもし、片思いの恋があるのなら、心理学の観点から学んでみてください。 きっとうまくいく自分に出会えるはずです。 そんなとき、この本を読んでみてください。 この本は誰でも分

レビュー Kindle版だが、同じことばかり書かれたコピペ本だった。心理学については基本的ながら的を得ているとは思うが、内容は薄く、個人的には3分の1の量で済むと思うが、作者としては反復して伝えることで刷り込む目的だったのか?しかし、反復するにしても少しは文章を変えて欲しいもの。本当にコピペばっか。文章も読みづらいので注意。サブタイトルと内容が繋がらないことなんてよくある。

価格 ¥250


14 黒猫の三角 Delta in the Darkness Vシリーズ (講談社文庫)


森博嗣の本

一年に一度決まったルールの元で起こる殺人。今年のターゲットなのか、6月6日、44歳になる小田原静子に脅迫めいた手紙が届いた。探偵・保呂草は依頼を受け「阿漕荘」に住む面々と桜鳴六画邸を監視するが、衆人環視の密室で静子は殺されてしまう。森博嗣の新境地を拓くVシリーズ第1作、待望の電子書籍化。

レビュー まずネタばれの範囲ですが「すべてがFになる」をはじめとするS&Mシリーズすべてと今作です。どなたかのレビューでS&Mシリーズの後半は劣化したと言うのがありました。これは私も同感です。なぜそう思うのかと言うとS&Mシリーズの前半は「条件」が与えられ犯罪(多くの場合密室殺人)が起こり解決していくと言う過程のなかで「条件」は不変、不動だったんです。解決時にも揺るがないといった感じで。

価格 ¥100


15 コンビニ人間 (文春e-book)


村田沙耶香の本

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられ

レビュー 右に倣えを是とする日本社会に一石を投じてるようなそんな気がした。普通であることは実は一番難しいのではと常々感じていたし、独自路線を行こうとすると弾き出される独特な日本の空気感に私自身も違和感を感じていたので著者の想いには共感する部分が多かった。あっという間に読み終わったからかもしれないが、もう少し深く書いて欲しかったかな。

価格 ¥1,000


16 火花 (文春文庫)


又吉直樹の本

NHKでドラマ放送スタート!(出演・林遣都、波岡一喜、門脇麦)第一五三回芥川賞を受賞し、二〇一五年の話題をさらった「火花」が文庫化。受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。売れない芸人の徳永は、、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。神谷の伝記を書くことを乞われ、共に過ごす時間が増えるが、やがて二人は別の道を歩むことになる。笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。第一五三回芥川賞を受賞し、累計発行部数283万部を誇

レビュー 売れない芸人2組の相方同士が、切磋琢磨しながらつるんでいくという作品。ものすごく評価が難しい作品。前半〜中盤にかけては全く面白くなかった。そもそも話に入り込めない。登場人物同士の関係や性格なども全く見えず、読者だけが取り残されている感じ。評価が低い人は恐らくこのあたりで挫折した人であろう。後半になってようやく登場人物の立ち位置や性格、ストーリーが分かってくる。

価格 ¥500


17 星を継ぐもの (創元SF文庫)


ジェイムズ・P・ホーガンの本

ハードSFの巨星が一世を風靡した歴史的傑作。星雲賞受賞。月面調査隊が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま地球の研究室で綿密な調査が行なわれた結果、驚くべき事実が明らかになった。死体はどの月面基地の所属でもなく、世界のいかなる人間でもない。ほとんど現代人と同じ生物であるにもかかわらず、5万年以上も前に死んでいたのだ。謎は謎を呼び、一つの疑問が解決すると、何倍もの疑問が生まれてくる。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙

レビュー 人類の起源の大胆な仮説を、まさにサイエンス・フィクションを交え、事細かに検証し、著者が用意した解へと導いてくれます。読んでいて気持ちがいいのが、かなり掘り下げた科学や物理の知識を駆使して、徐々に浮き彫りになっていく痕跡から次々と仮説を展開し、揺ぎない小説上の事実へと推し進めていく論理思考アプローチによる進行が見所です。

価格 ¥700


18 検察側の罪人(上) (文春文庫)


雫井脩介の本

人が人を裁くとは? 雫井ミステリーの最高傑作蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に、時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。正義のあり方を根本から問う、雫井ミステリー最高傑作!

レビュー 本書を読んでいると、罪人を前に人が人を裁くという事がどういうことであるか、正義とは一体何か、など様々な想いが浮かぶような作品であった。上巻を読んだら直ぐに下巻を手に取りたくなる展開。上巻だけでの挫折は無いと思うので、上下巻を同時に購入する事をお勧めする。

価格 ¥700


19 仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか


相原孝夫の本

モチベーション高く働く――。意欲が常に湧き上がっている、理想とされる働き方だ。モチベーションという言葉が仕事の場面で使われ始めたのは2008年のリーマンショック頃。以来、時を同じくして職場うつの問題が急浮上。高い意欲を礼賛する風潮が、働き方を窮屈にしたのだ。そもそもモチベーションとは、ささいな理由で上下する個人の気分。成果を出し続ける人は、自分の気分などには関心を払わず、淡々と仕事をこなす。高いモチベーションを維持する人などいない。気持

レビュー ・モチベーションは人材育成を語る上で取り上げるべき観点ではない。・それは単なる「気分」であり長期的に継続するものでない・むしろ下手にモチベのある人はパワハラなどで周囲を疲弊させる。・そもそも仕事の上でモチベーションが問題になることが「贅沢」なのであって食うや、喰わずやの状況においては誰もモチベなどを問題にしない。

価格 ¥740


20 四季 春 Green Spring (講談社文庫)


森博嗣の本

科学者・真賀田四季。幼くして発現する、真の天才。圧倒的人気のカリスマ、真賀田四季の物語、第1弾。天才科学者・真賀田四季(まがたしき)。彼女は5歳になるまでに語学を、6歳には数学と物理をマスタ、一流のエンジニアになった。すべてを一瞬にして理解し、把握し、思考するその能力に人々は魅了される。あらゆる概念にとらわれぬ知性が遭遇した殺人事件は、彼女にどんな影響を与えたのか。圧倒的人気の4部作、第1弾。

レビュー 本作では複数の”僕”の一人称で語られ、”僕”の目を通して見た四季が描かれている。四季の天才ぶりはそれなりにわかりやすく描写されており、特に特徴的なのは無駄な議論を一切しないことだろうか(それだけで天才ぶりというのも変だが)。Vシリーズからは紅子が登場し、最後の方で『赤緑黒白』と同じ場面が描かれる。本書で一番面白い場面だった。

価格 ¥100



Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加