D-WEBポータル総合ニューススポーツ芸能旬の話題音楽CDMP3映画・DVD電子書籍・リーダー注目アイテム

   最新ベストセラー・レビュー 【話題の本棚】



アマゾン検索

話題の本棚小説文芸ミステリーノンフィクション絵本童話カレンダー電子書籍


ベスト20   21−40   41−60   61−80   81−100   


技あり! dancyuチャーハン (dancyu特別編集 プレジデントムック)




dancyuから新しく生まれた「料理をする面白さ」を、技ありレシピとともにお伝えするワンテーマ・マガジンです。 第一号は「チャーハン」。 初心者向きのフライパンで炒めるものからプロの新しい味の提案まで全27皿の、詳細なつくり方をお届けします。 一生、楽しめます。

池井戸 潤/花咲舞が黙ってない (中公文庫)


池井戸 潤

その日、東京第一銀行に激震が走った。頭取から発表されたライバル行との合併。生き残りを懸けた交渉が進む中、臨店指導グループの跳ねっ返り・花咲舞は、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまう。隠蔽工作、行内政治、妖怪重役…このままでは我が行はダメになる!花咲舞の正義が銀行の闇に斬り込む痛快連作短篇。

高田郁 (著) /あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)


高田郁 (著)

江戸時代中期、長く続いた不況を脱し、景気にも明るい兆しが見え始めた。大坂天満の呉服商、五鈴屋でも、五代目店主の惣次とその女房幸が、力を合わせて順調に商いを広げていた。だが、徐々に幸の商才を疎むようになった惣次は、ある事件をきっかけに著しく誇りを傷つけられ、店主の地位を放り出して姿を消す。二度と戻らない、という惣次の決意を知ったお家さんの富久は、意外な決断を下す。果たしてその決断は五鈴屋を、そして幸を、どのような運命へと誘うのか。大人気シリーズ第四弾!

佐藤 正午 (著) /月の満ち欠け 第157回直木賞受賞


佐藤 正午 (著)

新たな代表作の誕生! 20年ぶりの書き下ろし あたしは、月のように死んで、生まれ変わる──目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか? 三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。この数奇なる愛の軌跡よ! さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。

沼田 真佑 (著) /影裏 第157回芥川賞受賞


沼田 真佑 (著)

第157回芥川賞受賞作。 大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。 北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、 ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。 ともに釣りをした日々に募る追憶と寂しさ。 いつしか疎遠になった男のもう一つの顔に、 「あの日」以後、触れることになるのだが……。 樹々と川の彩りの中に、崩壊の予兆と人知れぬ思いを繊細に描き出す。

日野原 重明/いのちの授業


日野原 重明

“いのち”とはあなたが使える時間のことです。ミリオンセラー「生きかた上手」の日野原重明先生がすべての大人と子どもに教えるいのちの定義。

加藤一二三 (著), 羽生善治 (著), 森内俊之 (著), 佐藤康光 (著), その他 /ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士という人生―


加藤一二三 (著), 羽生善治 (著), 森内俊之 (著), 佐藤康光 (著), その他

63年間にわたる現役生活に終止符。 数々の伝説と記録を残し、「神武以来の天才」と称され、 テレビバラエティなどでもその人間性が広く親しみをもたれている 加藤一二三の魅力に迫る。

佐渡 裕/はじめてのオーケストラ


佐渡 裕

指揮者佐渡裕氏が初めててがけた絵本。主人公の女の子は小学生になって初めてコンサートに行きます。パパの指揮するベートーヴェンの『第九』交響曲を聴きに行くのです。一体オーケストラってどんなものなんだろう? 世界的指揮者・佐渡裕が贈るすてきな音楽会への招待状!親子でたのしむ「第九」コンサート。

書籍編集部 (編集) /天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃


書籍編集部 (編集)

羽生善治三冠が14歳の中学生棋士に敗れる――。 平成29年4月23日、誰も予想できなかった結果に将棋界は騒然となりました。ニューヒーローの名は藤井聡太。藤井四段はその後プロ公式戦で連戦連勝、それまでのデビュー戦からの連勝記録10をはるかに上回り、勝ち続けました。 本書はスター誕生の舞台となった炎の七番勝負と驚異の連勝記録について、藤井四段の自戦解説をメインとし、羽生善治三冠をはじめとする対局相手棋士のコメント、七番勝負の企画者でありすべての対局に立ち会った鈴木大介九段の感想で振り返るものです。

10 横田 雅俊 (著)/動機づけのマネジメント ―最高のマネジャーがやるべきたった1つのこと


横田 雅俊 (著)

「結果が出せるなら動機はどうでもいい」――。 こんなことを言う上司がいたら、その会社はダメかもしれない。 「結果を出すために動機にかかわっていく」 これこそがいま求められているマネジメントなのです。 メンバーが後ろ向きになった原因を分析して 適切な処方箋を出せば必ず輝きは取り戻せる。 やる気のない部下、スタッフを抱えたあなた、 チームの生産性を上げたいと考える店長、 目標達成にまい進する部をつくりたいマネジャー、 そうした方々にぜひ読んで欲しい一冊です。

このベストセラーは1時間毎に更新しています。

検索は、アマゾンの総合、Kindle検索です。

レビューは読者や購入者が書いたものですので、ご承知の上参考にしてください。


 ベストセラー話題の本棚のRSS配信  話題の本棚のRSS配信です。


話題の一冊

技あり! dancyuチャーハン (dancyu特別編集 プレジデントムック)

dancyuから新しく生まれた「料理をする面白さ」を、技ありレシピとともにお伝えするワンテーマ・マガジンです。 第一号は「チャーハン」。 初心者向きのフライパンで炒めるものからプロの新しい味の提案まで全27皿の、詳細なつくり方をお届けします。 一生、楽しめます。




最新ニュース・話題ベスト

ニュース カップヌードル、謎肉の正体は肉と… 日清サイトで公開

スポーツ イチロー3078安打 大リーグ通算安打上位一覧

芸能 恵俊彰「何かあるから録音する」豊田議員釈明に疑問

旬の話題検索 ルンバ627



スポンサードリンク




11 「将棋世界」編集部 (編集) /将棋世界 2017年8月号 [雑誌]


「将棋世界」編集部 (編集)

大崎善生が書く 天才棋士「藤井聡太四段」 ●巻頭カラー ・第75期名人戦七番勝負[第6局] 佐藤天彦名人×稲葉陽八段 「持ちこたえた防衛戦」【自戦解説】佐藤天彦名人 【構成】大川慎太郎 ・第58期王位戦挑戦者インタビュー・菅井竜也七段 「絶対に勝つ」という気持ちで 【構成】池田将之 ●新連載! ・「聖の青春」の大崎善生が書く 藤井聡太四段ドキュメント 『神を追いつめた少年 ―藤井聡太の夢―』 第1章「将棋との邂逅」【記】大崎善生

12 西原 理恵子 (著) /女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと 【電子特典付き】 (角川書店単行本)


西原 理恵子 (著)

娘が反旗を翻し、独立戦争勃発中。巣立ちを目前に、しくじり先生サイバラから愛娘へ。どうしてもこれだけは語り継ぎたい母の教え。【電子書籍版限定、西原理恵子直筆イラストを収録!】

13 「将棋世界」編集部 (編集) /将棋世界 2017年7月号(付録セット) [雑誌]


「将棋世界」編集部 (編集)

トップ棋士が見た藤井聡太の将棋 ●巻頭カラー 第88期棋聖戦挑戦者インタビュー・斎藤慎太郎七段「対局は勝負と表現の場」構成/諏訪景子 第75期名人戦七番勝負[第3局]佐藤天彦名人×稲葉陽八段「充実の挑戦者」解説/阿久津主税八段 構成/大川慎太郎 インタビュー・藤井聡太四段「十四歳の地図」構成/北野新太 ●棋譜満載! クローズアップ藤井将棋

14 羽生 善治 (著) /ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスター 単行本


羽生 善治 (著)

「まんが」でドキドキ→「解説」でなるほど!→「練習問題」でばっちり!三つのステップで、だれよりも早く将棋のルールと戦法をマスターできます。待ちうけるステージは全部で五つ。各ステージでバトル(練習問題)を重ねてクリアしていく、ロールプレイングゲームのような楽しい入門書です。どこからでも読めるので、一度読んでから忘れてしまったことを読み返したり、さくいんや関連用語から知りたい内容のページを調べることもできます。

15 加藤一二三 /将棋名人血風録 奇人・変人・超人 (oneテーマ21) 新書


加藤一二三

1612年、江戸幕府・徳川家康が大橋宗桂に俸禄を与え、「将棋名人」が誕生して400年。現在まで「将棋名人」の名を引き継いできた。世襲制から実力制が始まり名人戦は数々の“事件”と“伝説”を残してきた。本書は実力制第6代の名人の著者が歴代棋士たちと繰り広げた時代を回想、奇抜な将棋棋士たちの知られざる姿を改めて綴る貴重な一冊である。

16 加藤一二三 /負けて強くなる ~通算1100敗から学んだ直感精読の心得 (宝島社新書)


加藤一二三

通算1100敗超―14歳で史上最年少棋士としてプロデューするや18歳でA級八段に昇段するなど「神武以来の天才」と称された加藤一二三九段は、将棋界の寵児として活躍し、数多くのタイトルを獲得する一方、じつは歴代で最も多くの敗戦を記録している棋士でもあった。「将棋の負けに無駄な負けはひとつとしてありません」と断言する著者が、現役生活60周年を迎え、初めて自身の敗戦を振り返り「負けて強くなる」秘訣、そして「敗れてもなお積み重ねていくことの大切さ」を語る。

17 松岡 圭祐 (著) /シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)


松岡 圭祐 (著)

シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。いかに彼は目撃者のいないライヘンバッハの滝の死闘で、モリアーティ教授への正当防衛を立証し、社会復帰しえたのか。日本で実際に起きた大津事件の謎に挑み、伊藤博文と逢着する。聖典のあらゆる矛盾が解消され論証される、20世紀以来最高のホームズ物語。

18 水橋史希子 (著)/雑談力がアップする「ひと言」の魔法


水橋史希子 (著)

真のおもてなしは「言葉の種まき」から生まれる。★たった3秒で心をつかむ「声かけ」のマジック! 26年間・300万人の乗客に愛されつづけたCAが実践したお客様の笑顔を引き出すコミュニケーション術

19 佐藤 愛子/九十歳。何がめでたい


佐藤 愛子

全国書店でベストセラーランキング1位続出の2016年最大の話題作! 各界の著名人も笑って泣いて大絶賛! 清々しい読後感に、心がスカッと晴れて元気が出ます!

20 むらかみ かずこ/できる大人の“一筆添える”技術


むらかみ かずこ

■ちょっとした書類のやりとりで、他社と差をつけたい■営業トークが苦手…しゃべらないでお客様の信頼をつかみたい■いつものあの人に感謝の気持ちを伝えたい■好きな人に告白できない…■文房具が大好き! そんなあなたに書くコミュニケーションのススメ! メール・携帯全盛の時代だからこそ―手書きの「ひとこと」が心をつかむ。「字がきたない」「何を書いたらいいかわからない」…そんなあなたでも今すぐ気軽にできるアイデア満載。一筆箋・ハガキ「簡単・便利」活用術。


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加