D-WEBポータル総合ニューススポーツ芸能旬の話題音楽CDMP3映画・DVD電子書籍・リーダー注目アイテム

   最新ベストセラー・レビュー 【話題の本棚】



アマゾン検索

話題の本棚小説文芸ミステリーノンフィクション絵本童話カレンダー電子書籍


ベスト20   21−40   41−60   61−80   81−100   


41 きたやま ようこ/りっぱな犬になる方法 (おはなしパレード)


きたやま ようこ

まずはなをくっつけ、それからお尻の匂いを嗅ぐ-これが正式な犬のあいさつ。誰に対しても礼儀正しくね。ポチが教えてくれる、ちゃんとした犬になるための絵本教科書。

42 小田 真規子/つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版 (別冊エッセ)


小田 真規子

時間があるときにつくっておけば、毎朝のおべんとうはつめるだけ!そんな、1週間冷蔵保存OKの便利なレシピを全215品掲載しています。メインおかずは、ハンバーグ、から揚げといった定番おかずを始め、豚肉、ひき肉、鶏肉、魚介、卵、と食材別にご紹介。サブおかずは、炒める、煮る、レンジ、あえる、漬ける、と調理法別。もちろん、1週間おいしさをキープするワザも満載しています。弁当はもちろん、晩ご飯にもつかえる1冊で、価格も800円と、超お買い得です!

43 水橋史希子 (著)/雑談力がアップする「ひと言」の魔法


水橋史希子 (著)

真のおもてなしは「言葉の種まき」から生まれる。★たった3秒で心をつかむ「声かけ」のマジック! 26年間・300万人の乗客に愛されつづけたCAが実践したお客様の笑顔を引き出すコミュニケーション術

44 瀬戸内 寂聴 /花のいのち


瀬戸内 寂聴

95歳を超えて現役作家・僧侶として活躍し、「源氏物語」の現代語訳で大ブームを巻き起こした著者が、四季折々の花によせて人生の旅路をたどり、幸福の智恵を伝える、珠玉の最新エッセイ集。

45 深田 恭子/深田恭子写真集 palpito


深田 恭子

イタリアの開放的なビーチリゾートで出会った、とらえどころのない憧れの女性。そんな彼女を追いかけるような目線で、ビーチへ、街中へ、そして部屋へ・・・。あるときは清純で可憐な少女のように、そしてあるときは妖艶な女性のように――。ふたり分の深田恭子の魅力が、ギュッと一冊に凝縮。その触れたくなる肌も、ボディも、あどけないのに、オトナな魅力全開。 タイトルは、イタリア語で ”トキメキ” を意味するpalpito(パルピト)。 もっともっと、ドキドキする深田恭子に出会って!

46 板木 利隆(監修)/からだにおいしい野菜の便利帳


板木 利隆(監修)

この本では、野菜、穀物、きのこ、山菜、果物、香草などを100種以上紹介しています。そのすべてをおいしく食べるために、収穫が多いおもな産地、栄養価の高い旬の時期、注目に値する栄養成分、新鮮なものを選ぶコツ、なるべく新鮮さを損なわない保存方法、野菜の魅力を引き出すレシピ、安全性を高める調理のポイントなど、お役立ち情報が盛りだくさんにしました。ページをめくっているだけでワクワクする一冊です。ぜひ、目からウロコの野菜情報をあなたのものにしてください。

47 ビート たけし (著) /アナログ


ビート たけし (著)

たけしがたどりついた“究極の愛”。狂暴なまでに純粋な、書下ろし恋愛小説。「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」すべてがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう二人の、「アナログ」な関係が始まった。いまや成立しがたい男女のあり方を描き、“誰かを大切にする”とは何かを問いかける渾身の長編。

48 黒柳 徹子 (著),‎ 日本ペンクラブ (編集) /読むパンダ


黒柳 徹子 (著),‎ 日本ペンクラブ (編集)

パンダを深く知り、愉しむエッセイ22篇 浅田次郎、高畑勲、ヒガアロハほか、各界のパンダファン&歴代の飼育担当者が勢揃い! 日本初のパンダ・エッセイ集。シャンシャン出産秘話も収録!

49 黒柳 徹子(著), /トットひとり (新潮文庫)


黒柳 徹子(著), 

「ザ・ベストテン」時代の舞台裏。毎日共に過ごした向田邦子、母と慕った沢村貞子、頼りになる兄貴の渥美清、「一回どう?」と誘った森繁久彌など、大好きな人たちとの交流。トモエ学園やパンダの研究、テレビ草創期、ニューヨーク留学、結婚未遂、ヌード写真などの思い出。そして友人たちを見送 った今なお、ひとり活躍を続けるエンタテイナーが綴る珠玉の回想録。永六輔への弔辞を全文収録。

50 日野原 重明/いのちの授業


日野原 重明

“いのち”とはあなたが使える時間のことです。ミリオンセラー「生きかた上手」の日野原重明先生がすべての大人と子どもに教えるいのちの定義。

このベストセラーは1時間毎に更新しています。

検索は、アマゾンの総合、Kindle検索です。

レビューは読者や購入者が書いたものですので、ご承知の上参考にしてください。



話題の一冊

池井戸 潤/下町ロケット ヤタガラス

2018年10月放映、ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』に連なる、「宇宙から大地」編、クライマックスへ――! 社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。果たしてその挑戦はうまくいくのか――。 ベンチャー企業「ギアゴースト」や、ライバル企業「ダイダロス」との“戦い"の行方は――。 帝国重工の財前道生が立ち上げた新たなプロジェクトとは一体――。 そして、実家の危機に直面した番頭・殿村直弘のその後は――。



D-web ランキング ベスト


ベストセラー 第160回直木賞受賞 宝島 真藤 順丈
音楽 WORLDISTA NEWS
DVD GENERATIONS LIVE TOUR 2018 UNITED JOURNEY

ニュース BBQで宣言「会社辞めます」 起業準備中に襲った震災
スポーツ 中日根尾の用具メーカー、新人に異例の密着フォロー
芸能 坂上忍「もうクスリは…」ASKA空白の4年に迫る

旬の話題 米津玄師 史上最速



スポンサードリンク




51 反町康治 (著)/RESPECT 監督の仕事と視点


反町康治 (著)

地方の新興クラブを率い、新たな舞台に導く―。知将が描き発信するサッカー論と指導者論、成長の軌跡と地域への思い。松本山雅FCの監督就任以来発し続ける信濃毎日新聞への寄稿、待望の単行本化で全国へ発信!各シーズンの公式戦戦績・選手一覧付き。

52 小泉 吉宏/まろ、ん?―大掴源氏物語


小泉 吉宏

これ1冊で『源氏物語』全部を読んだ気になれる!著者曰く、『源氏物語』の世界をより知るにつれ、のめり込んで面白くなり、たくさんの方々に是が非でも伝えたくなってしまったり、衣装など時代設定もおろそかにはできなくなり、気がついたら構想から6年、制作の実作業に3年もかかってしまいました。それだけにこの書は必読です。一帖8コマ、全54帖。解説もまじえ、オールカラーかき下ろし。

53 門井 慶喜 (著) /銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞


門井 慶喜 (著)

明治29年(1896年)、岩手県花巻に生まれた宮沢賢治は、昭和8年(1933年)に亡くなるまで、主に東京と花巻を行き来しながら多数の詩や童話を創作した。 賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、後には教師や技師として地元に貢献しながら、創作に情熱を注ぎ続けた。 地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、このユニークな息子をいかに育て上げたのか。 父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く、気鋭作家の意欲作。

54 加藤一二三 (著), 羽生善治 (著), 森内俊之 (著), 佐藤康光 (著), その他 /ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士という人生―


加藤一二三 (著), 羽生善治 (著), 森内俊之 (著), 佐藤康光 (著), その他

63年間にわたる現役生活に終止符。 数々の伝説と記録を残し、「神武以来の天才」と称され、 テレビバラエティなどでもその人間性が広く親しみをもたれている 加藤一二三の魅力に迫る。

55 やなせ たかし/やさしいライオン(フレーベルのえほん2)


やなせ たかし

やなせたかし作の絵本。多くの年代に愛され続けるロングセラー。動物園でやさしい雌犬ムクムクに育てられたみなしごライオンのブルブルは、心のやさしいライオンになりました。ある日、ブルブルは都会のサーカスに移されることになります。何年かたったあと、ブルブルは懐かしいムクムクの子守唄を聞くのです。

56 婦人之友社編集部/魔法使いの台所―まとめづくりと手早い料理で夕食用意が30分


婦人之友社編集部

時間のない時ほど役立つアイディア料理と材料の上手なくりまわしのポイントを紹介。こんな料理本がほしかった! 派手さはないけれど、一生使える大切な一冊です!

57 ビル・コッター (著) /ぜったいに おしちゃダメ?


ビル・コッター (著)

この絵本にはたった1つだけルールがあります。 それは「このボタンを押しちゃダメ」ということ。 でも、不思議なモンスターが「おしたらどうなるんだろう?」「おしちゃおうか?」としつこく誘惑してくる。 誘惑に負けてボタンを押すと、モンスターが黄色くなったり、水玉になったり、何匹にも増えたりと大さわぎ! さあ、絵本をふったり、おなかをこすったりして、モンスターをもとの姿にもどしてあげよう! 好奇心をくすぐられて、子どもたちはおなかを抱えて大笑い。 なんどもなんども「また読んで! 」とせがまれる絵本です。

58 武良 布枝/ゲゲゲの女房 (実業之日本社文庫)


武良 布枝

英雄には一人、立派な伝記作者が必要である。漫画家水木しげるはまさにその伝記作者とともに生活していた。半世紀にわたって衰えることのない人気を保つ「ゲゲゲの鬼太郎」が生まれてくる秘密。出雲言葉でやり取りされる会話の妙。極貧の中にもかかわらず二人で熱中する模型「連合艦隊再建」・・・成功者の陰には艱難辛苦ありだが、ここには夫人ありだろうか。希代の漫画家に連れ添う夫人の回想録。挿絵が水木しげるって、いいですね。

59 高倉 健/南極のペンギン


高倉 健

2001年2月16日。21世紀最初の誕生日に、高倉健は絵本を出版した。さまざまな体験から汲み取ったことを、子どものために書き記したという。表題作の「南極のペンギン」、「アフリカの少年」、そして「沖縄の運動会」など、10のエピソードがつづられている。エピソードの長さは一定ではない。すべてが上手に語られているわけではない。だが、自らの体験、見聞きしたこと、そして感じたことが、ストレートに表現されている。健さんが惚れ込んだという唐仁原さんの挿絵も、素朴で温かみがあり、エピソードに深みを増している。

60 黒柳徹子 (著),‎ 岩合光昭 (著) /パンダ通 (朝日文庫)


黒柳徹子 (著),‎ 岩合光昭 (著)

日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子と、日本人として初めて野生パンダの撮影に成功した岩合光昭。日本を代表する「パンダ通」の二人が、可愛くて不思議な動物、パンダの魅力を紹介。100点を越す豊富な写真とエッセイ・対談もついた、パンダ愛あふれるフォトエッセイ。


Copyright © 2019 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル