D-WEBトップ | 総合ニュース | 芸能ニュース | 夕刊フジ | 交通と宿泊 | 全国の天気予報 | ゴルフ用品 | ゴルフ場予約 | ゴルフ場ランキング

最新スポーツニュース   【プロ野球】 (日刊スポーツ)


スポーツニュースの検索日刊スポーツゴルフダイジェスト試合とチケットの検索

総合|プロ野球|大リーグ|高校・大学野球|サッカー|一般スポーツ|大相撲|ボクシング|サンスポ

ゴルフ|競馬|最新ベスト|週間ベスト|宮里藍|上田桃子|石川遼|スポニチ





育成の広島の底力だ! 優勝を決める決勝打を放ったのは、ドミニカ共和国のカープアカデミー出身で今年支配下登録されたばかりのバティスタだった。 8回1死一、二塁。代わったばかりの阪神桑原の浮いた外角球を逃さなかった。石井打撃コーチからの…


開幕前に不安視された広島の「黒田ロス」を若手投手陣が吹き飛ばした。昨季の精神的支柱で10勝を挙げた黒田が抜け、沢村賞のジョンソンも開幕早々に長期離脱を余儀なくされた。チームにとって大ピンチだったが、若手は目の色を変えた。大瀬良が復活し…


広島が2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。広島の連覇は79、80年以来2度目だが、昨年が2位に17・5ゲーム差をつけ、今年は2位阪神と現在11ゲーム差。2年とも2桁ゲーム差で連覇すれば65〜67年巨人と12、13年巨人に次いで3度目だ…


カープ時代の到来じゃ〜! 広島が優勝マジック1で迎えた18日の阪神24回戦(甲子園)に3−2で競り勝ち、2年連続8度目のセ・リーグ制覇を果たした。就任3年目の緒方孝市監督(48)は11度、宙を舞った。広島のリーグ連覇は古葉監督時代の7…


広島のチーム最年長の新井貴浩内野手(40)が、9回に代打で登場すると甲子園は大歓声に包まれた。結果は投ゴロだったが、昨季引退した黒田博樹氏(42)に代わる精神的支柱として、2連覇へと導いた。地元優勝は果たせなかったが、08〜14年まで…


広島は順風満帆の優勝ではなかった。17年は何度も危機が訪れていた。象徴的なのが9点差をひっくり返された5月6日阪神戦の「甲子園の悲劇」。そしてマジック点灯後、3連続サヨナラ負けを喫した8月22日からのDeNA3連戦の「横浜の悪夢」だ。…


79、80年に広島監督として球団初の連覇に導いた古葉竹識氏(81=東京国際大名誉監督)が緒方カープを祝福し、「日本一を取ってほしい」とエールを送った。名将が語る37年前との共通点、強さの秘密とは−。 ◇ ◇ ◇ 37年前の歓…


関係者の肩を借りながら胴上げの輪に加わった広島鈴木誠也外野手(23)が18日、スケールアップして来季復活することを誓った。4月途中から4番を務めてきたが、8月23日DeNA戦(横浜)で右足首を骨折し、戦線を離脱。この日グラウンドで優勝…


胃がんを乗り越えて3軍に復帰した広島赤松真人外野手(35)の存在が、広島を連覇へと近づけた。摘出手術を受けるため昨年末にチームを離れた後もナインとの交流は続き、共に戦ってきた。 1軍出場はおろか、赤松は2軍にすら復帰していない。だが…


ロッテは石川が8回まで3安打無失点も、9回に先頭から1四球を挟む3連打で2点を失い降板。2番手松永が同点を許した後、満塁で押し出し死球を与え逆転サヨナラ負けを喫した。伊東勤監督のコメント。 11敗目の石川に、「肝心なところで粘れなか…


楽天は3点を追う9回に連打で同点に追いつき、銀次の死球でサヨナラ勝利を飾った。梨田昌孝監督のコメント。 「漫画のような、まさかという感じ。今日のサヨナラは、大きい。明日につなげたい」。


日本ハム吉田が7回5安打1失点の好投でプロ初勝利を手にした。栗山英樹監督のコメント。 「7回投げきっての初勝利に意味がある。本人にも言った。力み過ぎないでいい球が来ていた」。


オリックス先発の山崎福がプロ最短の1/3回KOで5敗目。首脳陣は反省を促すためか試合中にチーム宿舎に戻し、そのまま別行動で帰阪となった。福良淳一監督のコメント。 「やっぱり四球でしょうね。(守備で)かわいそうなところもあったけど」。


広島が阪神に競り勝ち、2年連続8度目のセ・リーグ制覇を果たした。緒方孝市監督のコメント。 甲子園のマウンドで11度も舞い「ご苦労さん! お疲れさん! 頼もしいやつらだ、本当に」と叫んだ。 「選手が求める野球をしてくれた。本当に成長…


ソフトバンクはモイネロが延長10回、同点に追いつかれ、なおも1死一、二塁で金子侑に3球目を投げたところで佐藤投手コーチ、トレーナーがマウンドへ。続投不可能と判断され緊急降板。慌てて登板した寺原が金子侑にサヨナラ二塁打を許し2試合連続の…


阪神は競り負け、広島に甲子園での胴上げを許した。金本知憲監督のコメント。 「そりゃあ、もうマジック1だから、どこかで決まるんだから…」。 「う〜ん…今日の3失点は(4回も含め)全部四死球からでしょ? ちょっともったいないね」。 …


中日ドラフト4位の笠原が8回2安打無失点でプロ初勝利を挙げた。森繁和監督のコメント。 「ちょっと荒れているところと素晴らしいカットボールとチェンジアップが要所で決まっていたから、向こうも的を絞れなかったのかな。今日のところは素晴らし…


巨人は先発では初対戦の中日笠原に8回まで2安打に封じられ初勝利を献上した。高橋由伸監督のコメント。 9月は7勝5敗2分けと勝ち越しているが、5敗すべて完封負け。打線の波が著しい。「打者がなかなか対応できなかったのは事実。(完封負けは…


DeNAが巨人と同率3位に並んだ。アレックス・ラミレス監督のコメント。 次戦まで中4日あることに「充電期間にあてられる」と歓迎。 広島の優勝については「2年連続で完璧なチーム。4番鈴木がけがしても、代わりの選手が打つ。非の打ちどこ…


広島が優勝を決めたことについて、ヤクルト真中満監督のコメント。 「走攻守にバランスが取れ、全てにおいて上回っていた。故障者をカバーする選手層の厚さを感じた」。


広島は来季も緒方孝市監督(48)が指揮を執る方針であることが18日、分かった。同監督は来季が就任4年目となる。 昨季25年ぶりのリーグ優勝を果たし、今季は37年ぶりの2連覇に導いた。球団幹部は「優勝監督なんだから当たり前。当然のこと…


若手先発投手の躍進が連覇につながった。昨年10勝した黒田が引退し、今年は30歳以上の先発投手がジョンソンだけ。そのジョンソンが故障で6勝しか挙げられず、30歳以上の先発勝利数は昨年の25勝からリーグ最少の6勝に減った。 代わりに増え…


阪神が98年横浜にやられて以来、19年ぶりに甲子園で敗れて胴上げを許した。 金本知憲監督(49)は「そりゃあ、もうマジック1だから、どこかで決まるんだから…」と現実を受け入れつつ「経験…っていうかね。彼らがどう感じているか。何かを感…


DeNAのジョー・ウィーランド投手(27)が来季も残留する見通しであることが18日、球団幹部への取材で分かった。 今季から1年契約で加入し、来季は球団に選択権がある。交渉はまだ行っていないが、球団側は残留を希望しており、ウィーランド…


献身的な姿勢が支えとなった。プロ野球広島をセ・リーグ2連覇に導いた緒方孝市監督(48)にとって、タレントでもある妻かな子さん(44)の存在は大きかった。 偉業達成に「主人と同じ言葉になるけど、本当に一試合一試合、勝ってくれたらという…


 プロ野球速報 (日刊スポーツ


  試合スコア速報・リアルタイム速報

  勝敗表 / 対戦成績 / 個人成績

  日程・結果



スポンサードリンク




*注目のタイトル

ドキュメンタリー/NHK特集 江夏の21球 [DVD]

時代を超えて人々の心に残る名作ドキュメンタリーを収めたシリーズの「江夏の21球」編。昭和54年の日本シリーズ、広島対近鉄の優勝をかけた第7戦の9回裏。近鉄の無死満塁のチャンスを抑えた広島・江夏の21球を分析し、選手間での駆け引きを解き明かす。1983年1月24日 NHK総合で放送。


カレンダーランキング スポーツ

14位 ジャイアンツ卓上カレンダー2018






123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748495051525354555657585960616263646566676869707172737475767778798081828384858687888990919293949596979899100


Copyright © 2017 D-web Portal. All Rights Reserved.

当サイトへのリンクは自由です。 D-web ポータル | お気に入りに追加